【ブーメラン(スキル)】

Last-modified: 2020-01-27 (月) 22:21:05

概要 Edit

DQ8から毎回登場している、【ブーメラン】に関する【スキル】
初登場のDQ8で他の武器が「◯◯スキル」となっているのに対しこのスキルは文字数の都合で「ブーメラン」のみの表記なので、当辞典でもそれに倣う。

DQ8 Edit

【主人公】が持つスキル。3DS版では【モリー】も習得可能。

主人公 Edit

習得SP称号習得特技及び特殊能力
6ブーメランの基本動作【クロスカッター】
12シューターブーメラン装備時攻撃力+5
18アイアンシューター【パワフルスロー】
25パワフルシューターブーメラン装備時攻撃力+10
32グレイトシューター【バーニングバード】
40シューティングナイトブーメラン装備時攻撃力+15
52シューティングロード【超パワフルスロー】
66シューティングスターブーメラン装備時攻撃力+20
82エクスシューター【シャインスコール】
100ブーメランキング【ギガスロー】

解説

クロスカッター、バーニングバード、シャインスコールなど、ドラクエらしからぬ名前の特技を覚える。
ダメージが減衰するというブーメランが持つ弱点を解消した、パワフルスローと超パワフルスローは強力。
ただし、「序盤のザコには強いが後半は通用しない」というブーメラン系の長所短所をそのまま持っており、序盤のザコを一掃するのには最適だが、特技の威力の貧弱さ、ブーメラン自体の数の少なさと弱さが足枷になり、中盤以降は徐々に活躍し難くなっていく。
しかも最強技のギガスローは、威力こそ高いが単体攻撃特技。ブーメラン最大の長所をフイにしてしまっている。
基本的に育てるなら超パワフルスローを覚える中盤(出来ればブーメラン装備時攻撃力+20)まで、後は剣か槍に振っていくのが賢い育て方だろう。
 
もっとも、「後半はきつい」というのは、あくまでレベル50前後までに留まる通常のプレイでの話(大体レベル55くらいで【永遠の巨竜】を撃破可能)。
レベル70以上の高レベル帯までのレベル上げ、種の大量投与によるちからドーピングなどのやり込みを行なうと、【ふしぎなタンバリン】+超パワフルスローの組み合わせで隠しダンジョンの【ダークナイト】【ヘルプラネット】などの強敵にも400前後の大ダメージを与えられるブーメランは一転して最強武器の一角になってくる。
レベル99なら上記の二種の群れを一撃殲滅することも夢では無い。
テンションの恩恵を受けずとも、軽減や耐性持ちでなければ大体260前後のダメージは与えられる。
しかも【ゆうき】の消費MP半減効果を得ていれば消費MPはたったの2。
長時間レアアイテムを求めてやり込み続ける人には一考の価値のあるスキルと言えるだろう。
本編ストーリー中でもモンスターの討伐数を稼いだりしてレベルを上げまくるプレイをするタイプの人はブーメランスキルを上げておくと楽。追憶の回路でも、【追憶のシャドー】等を一掃するのに便利。
 
ただ、この場合でも超パワフルスローや攻撃力+20より上のランクまでスキルを上げる価値があるかは微妙なところ。
特に必要なければ、66まで振れば十分だろう。
クリア後のやり込みをするなら、巨竜からもらえる【スキルのたね】を使ってじっくり上げていくのが良いかもしれない。
主人公はこれ以外にも巨竜連戦で役立つ【剣スキル】、メタル狩り御用達の【ヤリスキル】、言わずもがなのゆうき、と欲しいスキルが目白押し。
この戦法と他のスキルを両立したいならストーリー中で手に入るスキルのたねの大半、又は全てを思い切って主人公に投与するのも悪くはない。

モリー(3DS版) Edit

習得SP称号習得特技及び特殊能力
6ブーメランの基本動作【クロスカッター】
12ブーメランモリーブーメラン装備時攻撃力+5
18やいばのブーメランモリー【パワフルスロー】
25ハイブーメランモリー【スライムブロウ】
32ウィングエッジモリーブーメラン装備時攻撃力+10
40ツインスワローモリー【メタルブロウ】
52炎のブーメランモリーブーメラン装備時攻撃力+15
66ブラックコンドルモリー【超パワフルスロー】
82メタルウィングモリーブーメラン装備時攻撃力+20
100ブーメランを極めしモリー【デュアルカッター】

解説

称号の名前が最初以外、ブーメランの名前+モリーという中々に凄いもの。
称号が上がると武器も強力な物に変わって行くのは、上下関係が分かり易い。
上述の戦法を2人掛かりで実行すれば、隠しダンジョンのザコをいともあっさりと殲滅することが出来るだろう。
マスター時に覚えるデュアルカッターは、バイキルト状態ならキラージャグリングやライトニングデスに匹敵する威力なので、かなり強力な特技となる。

DQ9 Edit

【レンジャー】【賢者】【スーパースター】に割り当てられている。

習得SP獲得称号習得特技及び特殊能力
3ブーメランの使い手【クロスカッター】
7ハイシューター【パワフルスロー】
13パワフルシューターブーメラン装備時攻撃力+10
22グレイトシューター【スライムブロウ】
35(♂)シューティンナイトブーメラン装備時攻撃力+20
(♀)シューティンレディ
42シューティンロード【シャインスコール】
58シューティンスター【バーニングバード】
76バトルトルネードブーメラン装備時攻撃力+30
88メタルシューター【メタルウィング】
100(♂)ブーメランの帝王全職業でブーメラン装備可
(♀)ブーメランの女帝
秘伝書【ギガスロー】

解説

従来は序盤から使えると猛威を振るうブーメランなのだが、本作でブーメランを素で装備出来るのはいずれも上級職。
しかも賢者はラスダン到達後、スーパースターに至ってはクリア後でないと転職出来ないし、さらにいずれの職も力が低く、トドメにモンスターの同時出現数が前作に比べて大幅に低下するという仕打ちを受けた為、前作と比べて不遇になった感は否めない。
有効に生かしたいのであれば、レンジャーの職業で早めに使いたいところ。
前作からの変更点としては、岩石強打系の扱いであったパワフルスローとクロスカッターが無属性攻撃になったのに加え、メタルウィングが特技になった。特技メタルウィングは敵全体が対象だが、乱舞技ではないためあまり有用ではない。
なお全武器カテゴリーの内、唯一「~系に対してダメージ増加」という特性がブーメラン系武器には無い。スライムブロウというスライム殺しの特技はあるが。
本編中では破格のコストと性能を誇るシャインスコールが猛威を振う。光属性のため本編終盤の敵には非常に強い。
バーニングバードは炎属性付きの敵全体対象単体攻撃を7回行う乱舞技で、単体相手には実質2.1倍。
そのためボス戦においてもそれなりの火力を期待出来る。しかしフォースの恩恵を受けられないという欠点も抱えている。
ただ、仕様かバグかは不明だが武器の【属性ダメージ倍率】と重複するので、炎弱点の敵には【ほのおのブーメラン】(【フレイムカッター】)とのコンボが猛威を振るい、フォース無効はフォース不要(フォースを防御のみに回せる)という利点にもなり得る。
 
だがやはり「序盤は強いが、後半は弱過ぎる」というブーメランの長所短所をそのまま受け継いでおり、後半になるほど他の武器に置いて行かれる。
単体攻撃は属性を選ぶため使いにくく、全体攻撃の特技は威力固定で100程度なので宝の地図では威力不足となる。
ブーメランの基本攻撃力自体かなり低く、力のない職業で使ってもあまり戦力にならないのも痛い。
ムチと同様、スキルをマスターしてバトルマスターやパラディンといった力の強い職で使えば強力なのだが…。
 
秘伝書の入手クエストは非常に面倒な内容で、それで使用できるギガスローも先入観による研究不足と偏見から敬遠されがちだが、一部の仕様変更により使い方によってはなかなか便利。
 

特殊武器攻撃力特殊効果
かぜのブーメラン61風属性
ハリケーンエッジ75風属性
ほのおのブーメラン71炎属性
フレイムカッター80炎属性
ペンタグラム89あくま系に1.2倍
ヘキサグラム101あくま系に1.2倍
  • アイテム効果でダメージの武器を除く
名前MP範囲属性倍率依存ST
解説
クロスカッター2敵全体-75~80%
+10~250%
攻撃力
敵にダメージを与えつつ、一番左の敵に追撃。
2体目以降は威力減少、敵の数が多いほど追加ダメージ増加
パワフルスロー4敵全体-75~80%攻撃力
威力低下せず、全ての敵に均等にダメージ
スライムブロウ0敵全体-95~100%攻撃力
スライム系に1.5倍のダメージ。2体目以降は威力減少
シャインスコール6敵全体--
95~115の固定ダメージ
バーニングバード4敵全体30%攻撃力
全体攻撃扱いのランダム7回単体攻撃
ギガスロー16敵単体雷・爆発-Lv依存
107~147、最大274~372のダメージ

 

他の武器と比較した場合の性能比較
時期単体グループ全体メタルMP効率
単体グループ全体
本編B(炎弱点:A)-C~B+DC--
クリア以降B-(炎弱点:A-)-D+EB-A~B+

※光属性の全体攻撃のため+補正
補足:E苦手 Dやや劣る C平均的 B得意 A大得意 +ランクで上位 -劣る部分がある -使用不可

DQ10 Edit

レンジャー、賢者、道具使い、スライムが習得可能。
相変わらず火力は低めなので状態異常付加などのおまけを狙うことになる。
詳しくは【ブーメランスキル】を参照。

DQ11 Edit

【カミュ】のみが持つスキル。
 
●パネル位置

スキルパネル中央の起点から見て右上に位置する。下側に短剣スキルが隣接し、その境目に短剣スキルのひみつパネルがある。
上部の封印パネルの解禁後は左側のかみわざスキルとの間のひみつパネル2枚も解禁され、うち1枚が本スキルに属する。これらの解放には双方のスキルを進めなくてはならない。
 
●パネル配置
起=起点、か=かみわざスキル、片=片手剣スキル、短=短剣スキル
太字=ひみつパネル、  【鉄鬼軍王キラゴルド】撃破後に解禁

K 
L 
J 
 
I 
G 
DF 
H 
CE 
B 
A 
 
 

 
●習得能力と必要SP(スキルポイント)
( )内の数字は必要最低累計SP、太字は他スキルの解放必要

SP習得特技及び特殊能力備考
A3(3)【スライムブロウ】
B4(7)ブーメラン装備時命中率+5%
C6(9)ブーメラン装備時攻撃力+5
D7(16)【メタルウィング】れんけい有
E9(16)ブーメラン装備時命中率+5%
F13(29)【パワフルスロー】
G16(32)【デュアルカッター】
H18(47)【シャインスコール】ひみつパネル
イベント後に解禁されるパネル
I14(30)ブーメラン装備時攻撃力+10
J16(46)ブーメラン装備時命中率+10%
K20(66)【デュアルブレイカー】
L25(165)【ゾーン効果アップ】ひみつパネル

解説

取得スキルに命中率アップが含まれていることからわかるように、今作のブーメランは素の命中率が低め。
ブーメラン自体の素の攻撃力の低さ、スキル内容に武器攻撃力アップがほとんど含まれていないのもあって、序盤は役に立たないが、終盤になるにつれてその頭角を現してくる。
カミュ自身の他のパッシブスキルによる攻撃力アップや、高倍率特技であるデュアルブレイカーを習得することにより、「薄く広く」だったブーメランの常識を覆し、「厚く広く」を実現した。
終盤では最強スキルの一角に返り咲く超大器晩成型のスキルと言えよう。