Top > 【プチャラオ村】


【プチャラオ村】

Last-modified: 2019-07-16 (火) 19:56:30

DQ11 Edit

【メダチャット地方】の南にある村。村を照らす吊り提灯とアジアンテイストな建築が特徴的。英語版での地名はPhnom Nonh。カンボジアの首都の「プノンペン(Phnom Penh)」と、「(不思議な)現象」の意味を持つ"phenomenon"を合わせたものと思われる。
なおタイトルムービーで【マルティナ】【ロウ】が登場するシーンの背景はこの村である。
村の奥には【プワチャット遺跡】があり、後述の【壁画世界】に繋がっている。
ストーリー上では【まほうのかぎ】の情報を求めて訪れる。
 
序盤、世界に異変が起きた後過ぎ去りし時を求めた後の3パート全てで事件に見舞われる難儀な村。【ルーメン】のパロディだろうか。
しかも同じ事が言える【グロッタの町】は異変後以外の二件が黒幕となる魔物の1体が蘇り再度事件を起こした事が原因、残りの一件は別の黒幕が原因だが、こちらは3つの事件の黒幕が全く異なるという点で一線を画す。
ただメルトア以外は殺人ではなく精神的に相手を追い詰めたり自分の野望を達成するのが目的で直接的に犠牲者が出なかったのが不幸中の幸いか。
 
ここの宿屋の2Fでは【ぱふぱふ】をしてくれるバニーガールがおり、【主人公】のみりょくが+5される。
 
村の周辺には今なお巨大な石柱や、自然に同化しつつある巨大な城の跡が広がっており、かつてはとてつもない文明があったことが容易に想像できるようになっている。モデルはアンコールワットなどに代表される東南アジア系の古代文明だろう。
遺跡にある美女の壁画は見ると幸運が訪れると言われている。村はこれ目当ての観光客で賑わっており、村民たちは商魂逞しく働いている。中には度が過ぎた客引きや開運詐欺のような店もあるが…。
ちなみに匂いに敏感な【セーニャ】曰く、この村の料理には独特のスパイスが使われており、街中もスパイスの香りで満ちているらしい。
 
壁画の正体は【メルトア】という魔物。【ブブーカ】達や、【メル】という少女に化けて騙した親切な人を壁画の世界に取り込んで力を得ていた。取り込まれた人間は絵画に書き足されている。
討伐後は壁画から美女が消失し、事件が明るみに出たため観光ブームは去ってしまう…と思いきや今度は事件の舞台になった村と言う事で、呪いの壁画の怪談を観光資源に商売を始める。転んでもただでは起きない商魂のたくましさには恐れ入るところ。
事件解決後は道具屋に【壁画のレプリカ】が入荷される。

世界に異変が起きた後 Edit

【シルビア】と共に世助けパレードで訪れる…が村民たちには困惑される。
【フールフール】により村民たちの大切なものが奪われる事件が起きており、【バハトラ】やその息子【チェロン】と共に立ち向かう。
解決後は世助けパレード共々感謝される。

過ぎ去りし時を求めた後 Edit

【ハッスルじじい・邪】により、邪神に捧げる【ハッスルダンス】を踊り続けるというシュールな呪いが村にかかっている。
BGMの【オーレ!シルビア!】も相まってなかなか愉快な光景だが、死ぬまで強制ダンスなので本人たちの疲労は計り知れない、地味に凶悪な呪いである。「そ~れっ ハッスル ハッスル!」のセリフも口が勝手に動くのだろう。
一部のお気に入りは壁画の世界に連れ去られてしまっている。子供や老人はお気に入りではないらしく、呪いを受けていない。
解決後も一部の村人は踊りに目覚めてしまった模様で、これ以降はかつて世界が滅んだ世界線であったパレードを自由に行うことができるようになる。
このパレード中はフィールド曲が「オーレ!シルビア!」に変わり、【メタルスライム】【はぐれメタル】【メタルハンド】が出現するようになる。
もっとも【強モンスター】化していないノーマル種であるし、強敵であるハッスルじじい・邪を倒す必要もあるので、欲しい時に稼ぎ場として活用できるかどうかは微妙かもしれないが。
 
3DS版ではパレード中は【ルーラ】【キメラのつばさ】【天空のフルート】が使えなくなるのだが、PS4版ではパレード中にルーラを使うことが出来、使うとBGMがバグる。
因みに、このパレードではシルビアがお立ち台の上で踊る都合上、シルビアが死亡した状態でパレードを行おうとした場合やパレード中にシルビアが死亡した場合は自動的にHP1で生き返る。

ハッスルダンスをする村民達 Edit

男女問わず、とにかく皆踊っている。
表情は一様に困り顔だが、振り付けはそれぞれ個性が出ており、一部のプレイヤー間で人気が高い。
 
特にシスターのダンスとそのセリフは一際インパクトがある。
全文は

ダメですぅ 見ないでくださいよぉ……。
わたしぃ 神に仕える者でありながらぁ
……そ~れっ ハッスル ハッスル!

困った様な表情かつ露出の乏しい修道服だが、それでいて踊りは意外と大胆でギャップがある。
そこへ更にこのセリフである。【バハトラ】曰く「いいだな……」。激しく同意した人も多いだろう。
 
見ている分には楽しいが、本人達は踊り疲れて死にそうなので早めに助けてあげよう。
 
なお、宿屋や道具屋、ゴールド銀行などの各種施設の従業員も例外なく踊らされてしまっているものの、施設自体は通常通り使用可能。
苦渋の表情でくねくね踊らされ続けながらも通常通りのシステムメッセージを息も切らさず淀みなく喋る様は他の村人以上にシュール。たとえ延々と踊らされ疲れ果てようとも仕事はきっちりこなすあたり、見上げた根性である。