Top > 【ホースデビル】


【ホースデビル】

Last-modified: 2019-11-06 (水) 16:42:40

概要 Edit

馬のような顔にヤギのような角・牛のような尻尾・蝙蝠の翼を持った逞しい茶色の魔人の身体を持つ悪魔。
ただし実際はヤギ顔の上位種達と特に顔の違いがなく、顎髭まであるのであまり馬面の印象はないという可愛そうなやつ。複数の動物を合成して作られたらしい。
上位種には【メッサーラ】【バルバロッサ】、ボスモンスターに【闇芸人ルルルリーチ】がいる。
 
DQ10やDQH2で【ミネア】が持っているタロットカード「悪魔」の柄にもなっている。

DQ5 Edit

【死の火山】内部に出現し、通常攻撃の他に【メラミ】を唱えてくる。
攻撃力自体は【ダークマンモス】【マドルーパー】より低く、打撃は大したことは無いのだが、こちらのHPが高めのキャラでも140~160程度であろうこの時期に50~60程度のダメージを喰らうメラミはかなり強烈。MPは8なので2発までは唱えられる。
この時期に馬車の外に出しているであろう主力キャラの多くは【メラ系】への耐性が弱く、全体的に耐性に優れる【スライムナイト】も、メラ系にピンポイントで耐性が無いため直撃してしまう。
【おどるほうせき】【ほのおのせんし】と一緒に出るとますます厄介なので、出現したら真っ先に処分したい。
耐性が全体的にやたらと高く、動きを止められる補助呪文・特技は全て高耐性となっており効きにくい。弱耐性の【マホトーン】だけはそこそこ効くので使っておくと安心。もし使い手がいなくても、火山内部に【まふうじのつえ】があるので回収すれば代用できる。
【マジックシールド】があればメラ系のダメージを少々減らせるので、【ルラフェン】で購入して装備しておくのもいいだろう。
攻撃呪文で攻めるなら【バギ】が有効で、メラ系と【ヒャド系】も弱耐性なのでそこそこ効く。(【デイン系】にも耐性がないがこの時期に使い手はいないので意味はない。)
とはいえ、時期的に味方には強力な呪文の使い手もいないと思われるので、基本的には打撃メインで攻めるのがよいだろう。
【まもののエサ】を1/32の確率で落とす。
ちなみに、PS2版は通常攻撃時に両手で殴りつけるモーションと片手で殴りつけるモーションの2つが用意されている。
 
【モンスター闘技場】への出席率が高く、4つのパドックに参加しているが、ここでもお得意のメラミで【とつげきへい】などを焼きつくしていくので、かなり強いという印象。【マホカンタ】【バギマ】使いの【グレゴール】がやや苦手だが、それでもなかなか良い勝負を繰り広げてくれる。

DQ10 Edit

バルバロッサ同様せかいじゅのはで仲間を蘇生することもあるが、【うまのふん】目当てに狩られる。
詳しくはこちらを参照。
転生モンスターとして【レッドバロン】が登場。

DQMB2 Edit

第三章から参戦。ステータスはHP:628 ちから:66 かしこさ:121 みのまもり:93 すばやさ:72。
使える技は「ドルマ」と「メラミ」。前者は暗黒の呪文で、後者は炎の呪文で敵1体を攻撃。
 
どの能力も高水準なのが魅力だが、賢さの高い敵や【メタル系スライム】が天敵。
しかし武闘家と組むとドルマが「ダークマッシャー」になる。この技は暗黒をまとい、敵全員に突撃する技で、呪いの追加効果を持つ。
 
【アンクルホーン】【ビックアイ】とチームを組むことで、【ブオーン】へと合体する。
上級悪魔と説明されているが、登場時や呪文詠唱中には上級悪魔には似つかわしくない見事なアヘ顔を披露してくれる。正直、全然嬉しくない。