Top > 【ホーンビートル】


【ホーンビートル】

Last-modified: 2018-11-03 (土) 08:40:32




概要 Edit

初代モンスターズで初登場したカブトムシのモンスター。
初出作品となるDQM1ではその強さと使いやすさで有名。
なかなかカッコいい見た目だが、意外なことにいまだ本編に登場したことがない。
そしてカブトムシタイプのモンスターの本編初登場は、【かぶとこぞう】が華麗にかっさらっていくのであった。

DQM1・DQM2 Edit

カブトムシなのでもちろん虫系。
【はさみくわがた】×2か、【よろいムカデ】×悪魔系というお手軽な配合で作れる上、
虫系ゆえにレベルアップが早く、序盤からHP・攻撃力がよく伸び、炎・吹雪への耐性も高い。
特に初代では【キングレオ】に準ずるステータスを持っておりクリア前で猛威を奮う。
冒険序盤の【グリズリー】と並び、初期モンスターズの英雄の1体である。
 
2体配合で虫系最強の【さそりアーマー】が作れるが、成長が一気に遅くなるため配合時期には一考を要する。
特技面では【いなずまぎり】【あくまぎり】【がんせきおとし】と平凡なラインナップ。
親となる種のはさみくわがたも特技が貧弱で、よろいムカデも【バイキルト】以外ロクな特技がないので
二世代以上前の段階から有用な特技を持った虫系や相手となる種を配合して強化してやろう。
 
漫画版の【ドラゴンクエストモンスターズ+】にも登場。
名前は「つの丸」。別に競馬漫画とかは描いていない。
出身不明の忍者マスター・スカラベの手持ちの一体。
アッサラーム出身ぽい、マスターのキャラが濃いため基本空気。

テリワン3D Edit

久しぶりに登場。自然系のSランクであり、Mサイズである。
しかし原作の持ち味だった作りやすさは失われ、配合方法が【ヘラクレイザー】×【うごくせきぞう】と、序盤に作るのは困難になってしまった。
ちなみにヘラクレイザー×4の四体配合でもできるがどう考えても前者のほうが楽。
特性は【メガボディ】【ライトメタルボディ】【AI1~2回行動】【ときどきスカラ】
+値を上げることで【いきなり赤い霧】【イオブレイク】を得る。
スキルは【バウンティハンター】
 
ストーリーでは【らいうんの扉】【魔戦士ホゲイラ】がお供に連れている。
かなり硬く攻撃が通りにくいため印象に残りやすい。
そのため、一部では「魔戦士ホーンビートル」と呼ばれたことも…。
 
ライトメタルボディ持ちなので、【究極配合】の際に【メタルボディ】にランクアップさせてやれば、
HP以外のステータスが上昇する。
さらにときどきスカラといきなり赤い霧の特性を持つので倒されにくい。
似たような性能の持ち主である【メタルスコーピオン】と違い、1~2回行動でき、イオブレイクがあるのでそこで差別化しよう。

イルルカ Edit

引き続き自然系Sランク。
タマゴから生まれることもある。
【他国マスター】【かぶとこぞう】【はさみくわがた】と共に連れていることがある。
カブト虫とクワガタ虫のパーティだ。
またライブラリによると、男の子が仲間にしたいモンスター10年連続ナンバーワンらしい。
 
【新生配合】【一発逆転】【ギガボディ】化で【まれにハイテンション】を習得。
スキルは変わらず「バウンティハンター」。