【ポイズンキッス】

Last-modified: 2020-07-25 (土) 13:58:20

概要

DQ2とDQ11に登場する、毒々しい青色の花弁を持つ花型のモンスター。
【ひぐらしそう】【マンイーター】の上位種。

DQ2

【アレフガルド】【竜王の城】等に出現する。
名前の通り【どくのいき】【どくこうげき】をしてくる嫌な敵。
また、倒して得られる報酬も少ないのでこちらの意味でも嫌な敵である。
とはいえ、低レベルクリアでも目指していない限り、こちらはほぼ確実に【キアリー】を覚えているので、
大した障害にはならないだろう。
攻撃力も周りの敵と比べると低めなので、毒を気にしないなら後回しにしてもいい。
念のためにラリホーで眠らせておくとより安心。
落とすアイテムは【どくけしそう】
 
なお、ポイズンキッスはDQにおいて初めてどくのいきを使用してくるモンスターで、
なおかつDQ2で唯一の毒の息を使うモンスターでもある(リメイク版では【デビルロード】も使用する)。
なんとなく地味なヤツだけど、実は結構偉大な存在である。
後の作品でも使い手が、DQ3では【どくイモムシ】、DQ5では【ガスダンゴ】、DQ6では【ポイズンキャロット】しかいないため、意外にもどくのいきの使い手が少ないことがわかるだろう。

DQ11

ナンバリング作品としては実に30年ぶりの再登場となった。
過ぎ去りし時を求めた後の【ソルティアナ海岸】【ドゥーランダ山】【北海の孤島】に出現。3DS版2Dモードでは【名もなき地】【ソルティコの町】の西)にも出現する他、北海の孤島のフィールド部分はこいつしか出現しなくなっている。
【やけつくいき】【もうどくのきり】を吐き、【痛恨の一撃】も繰り出す。
出現時期の遅さもあって大幅に強くなっているが、過去時代の敵の中ではこれでもまだ強さは平均的なレベル。
 
3DS版とDQ11Sでは【見えざる魔神の道】【ロンダルキアへの洞窟】にも出現。ロンダルキアへの洞窟ではたまに最初から眠っていることもある。
 
落とすアイテムは通常枠が【特どくけしそう】、レア枠が【女帝のムチ】
余談ながらよく似た名前の特技も登場した。

ダイの大冒険

【アバン】の若かりし頃(【カール】王国騎士時代)を描いた読み切り短編にこいつと同種のモンスターが登場。
詳しくはこちら