【マトンアタック】

Last-modified: 2019-03-19 (火) 16:34:44

DQ7

羊のように敵1匹に体当たりするというふざけた特技。
敵に大ダメージを与えるが自分もダメージを喰らう。つまり【たいあたり】と同じ効果。
要するに全く使えない特技である。
 
しかもこれ、【武闘家】【羊飼い】【職歴技】
たいあたりは結構簡単におぼえられるのだが、なぜわざわざ名前を変えてまで職歴技にしたのであろうか。
使えない使えないと名高い数あるDQ7の技の中でもトップクラスの不要特技である。
使ってくる敵もいないので存在意義皆無。
 
なお、「マトン(mutton)」とは基本的に「羊の肉」を指す英単語で、羊そのものを指す場合はsheepを使う場合が多い。
なので英語圏の人がこの技名を見たら、恐らく羊の肉塊をぶつける技だとイメージすると思われる。軍艦・軍船などに取り付けられていた、体当たり用の武装「衝角(ラム)」を用いた、体当たり攻撃の事を「ラムアタック,ram attack」と言うので、それにかけて「ラムアタック,lamb attack,子羊(肉)の体当たり」⇒どうせなら子羊より大人の羊の方が強そうじゃね、という事で⇒「マトンアタック,mutton attack,大人羊(肉)の体当たり」というダジャレネーミングの線もある

少々強引な解釈だが、自分もダメージを喰らうというあたり、苦肉の策(敵を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行うはかりごと)からのネーミングかも知れない。

リメイク版

職歴技が削除されたリメイク版では羊飼い★6で覚えられるようになったが、どちらにしろ使わないので関係ない。