【ムーアの城】

Last-modified: 2019-05-17 (金) 08:16:42

DQ6 Edit

本作の【ラストダンジョン】
【嘆きの牢獄】の北に位置する、大魔王【デスタムーア】の居城。
リメイク版では「デスタムーアの城」となっている。
 
切り立った崖の上に建てられている上に結界で守られており、最初に訪れた時点では突入は不可能。
あんな高い崖の上へどうやって入るんだと思うだろうが、まずは嘆きの牢獄に行ってイベントを進めるべし。
【大賢者】の双子である【マサール】【クリムト】を救い出して牢獄で会わせると、二人のフルパワーによって城が地面に落ちて入れるようになる。
この時「ムーアの城まではダメージを与えられなかった」旨を話すため、予め張られていた結界がかなり強力だったのだと思われる。
 
内部構造は【ムドーの城】に似ているが、スイッチで消せる滑る床や、踏む場所を間違えると下の階へ落ちてしまうジャンプ台、
【無限ループ】する大量の扉、霧に包まれてまともに全体像が見えない迷路といった仕掛けが多く、
【ほのおのツメ】などのアイテムを一切無視すればボスへ一本道であるムドーの城とはその点で一線を画す。
出現するモンスターも、外には【しのおどり】で容赦無くこちらを葬ろうとする【ホロゴースト】や、攻撃力が高い【ずしおうまる】に、内部には【ガーディアン】、呪文に長けた【キラーデーモン】と、最強レベルの連中がウロウロしている。
中でも、4幹部の【量産型】とも言える【ブースカ】【サタンジェネラル】はかなりの強敵。
 
最後のダンジョンだけにそう易々と攻略させてはくれない作りだが、途中には【回復の泉】があり、DQ6で最も経験値が高い【メタルキング】がたまに現れるほか、前述のブースカは【やまびこのぼうし】を、サタンジェネラルは【メタルキングヘルム】を落とすため、レベル上げや熟練度上げのためにうろつくのも良い。
また、仕掛けは多少厄介だが、分岐が多く迷うといったスタイルのダンジョンではない。
なお、ここには【バトルレックス】も出現するが、【ドランゴ】はイベントで加入する仲間であるため、通常の雑魚モンスターと同じ扱いである。
 
宝箱も数多く設置されており、ラスダンだけあって【ドラゴンのさとり】【メタルキングのけん】といった貴重品や、
【おうごんのティアラ】【プリンセスローブ】など【ベストドレッサーコンテスト】で役立つものもある。
その中にしれっと【ミミック】を紛れ込ませているあたり、デスタムーアの用意周到さが伺える。
 
最深部には、ムドーの城のような玉座の間は無く、大魔王デスタムーアが待ち構える異空間が広がっている。
なお、最深部まで行くと徒歩で戻れなくなるばかりか、【リレミト】【ルーラ】も使えないので、辿り着くまでにMPは使い切らない事。
ちなみに、大魔王の間のグラフィックは機種によってだいぶ変わっている。
SFC版では背景が真っ赤だが、リメイク版の背景は真っ暗で、その中に星や赤いオーロラの様なものも見えている。
また、リメイク版ではデスタムーアを倒すと崩壊の轟音とともに流星らしきものが一気に降り注いでくるという、かなり危なっかしい演出がなされる。