【メルキドシールド】

Last-modified: 2019-09-07 (土) 15:50:46

DQB Edit

【メルキド録】に書かれていた中で最強にして最大の防壁。【ロロンド】から断片的な製法を伝えられる。
1章の終盤で作ることになる。スコアは500点。材料は【オリハルコン】5個と【ゴーレム岩】3個。
必要な作業台は【神鉄炉と金床】【超マシンメーカー】
 
【ゴーレム】の攻撃を防ぐために必要になる。
実は「兵器」ジャンルに分類されるアイテム。
「兵器」といえば3章で初登場する【大砲】などを思い浮かべるであろうが、
作中で初めて手にすることになる兵器は実はこれ。
名前にシールドとあるが、装備する盾ではなく、設置して使う。
 
素材からして尋常じゃない頑丈さであり、【黒よう岩】【オリハルコン鉱脈】と並び、作中最高の硬度を誇る。
これを破壊できるのは作中では【竜王】【まほうの玉】の爆風くらい。一応【ビルダーハンマー】でも破壊可能。
再建したメルキドを容赦なく蹂躙するゴーレムの破壊活動すら無傷で防ぎきる鉄壁の防壁。流石に本気を出した竜王には噛み砕かれてしまうが、それでも脳震盪を誘発させて致命的なスキを晒す事になるのでタダでは済まない。圧倒的な防御力は時に兵器となり得ることをまざまざと示してくれる。
 
【石のまもり】【はがねのまもり】と、防壁を二度に渡って作ったメルキド編において、三度目に作る防壁であるが、
こちらはそれまでに作った防壁と違い、設計図ではなく固有のアイテム。
破壊が困難なためか、設置後、唯一◯ボタンで調べることでも回収が可能。
その大きさと堅さに反していちいち壊さずとも設置・回収が容易にできる取り回しのよさも特徴といえる。
 
やりこみ派の人の中にはこれで町の全方位を囲って無敵の町を作ろうとし、その際にはがねのまもりの外側(=町の外)に配置してしまい、ボス前の演出で全てのメルキドシールドを失ったという人もいるらしい。
こうなると他にメルキドシールドを持っていない限り戦闘前からやりなおすしかないので注意。
拠点内に1マスでも掛かっていればボス戦になっても消滅しないので、そのまま活用したいなら敷地の淵ギリギリを囲おう。

DQB2 Edit

「メルキドの守りカベ」と名を変えて続投。
【ゴロゴロ島】の強敵ゴーレムがドロップすることがある。
 
今作でもその防御力は健在で、ほぼあらゆる攻撃を防ぐものの制作レシピが消滅、
上記のレアドロップ一点狙いをしなければならないため、実用というよりはコレクターズアイテム。
本作のボスドロップ限定品の中でもドロップ率が低めで、入手にはかなり難儀するので、複数個欲しいなら【ビルダーハート】交換も利用したい。
見た目だけならば2個目以降は【マグネブロック】のカモフラージュ機能を利用してもOK。
根性でゴーレムを狩り続けるかビルダーハートを稼いで数を揃えれば無敵の壁を築く事も理論上不可能ではないが、
今作ではストーリー進行中は【拠点耐久力】付き戦闘で壊されても戦闘後にもとに戻ることや、
クリア後の【からっぽ島】ではブロック破壊力の高いモンスターが出現しなくなることなどから無理して大量回収する必要性は薄い。
 
調べる事で外して回収可能な点も同じくだが、過去のバージョンではこれにより一部のアイテムが増殖してしまうというバグも存在していた。
詳しくは【アイテム増殖・保持技】のページを参照。