Top > 【モーニングスター】
HTML convert time to 0.011 sec.


【モーニングスター】

Last-modified: 2018-10-02 (火) 00:08:08

概要 Edit

FC版DQ4、DQ5~DQ7、DQ10、リメイク版DQ3に登場する武器。
鎖付きの鉄球を錫杖に取り付けた武器として描かれているが、DQ10ではムチ扱いで登場した。
 
重い鉄球を鉄の鎖で振り回すため、本来ならそこそこの腕力を必要とするであろう重量級の装備品。
ただしDQではそのイメージに反して、非力な女性や魔法使い・僧侶系統のキャラクターが装備可能となっており、逆に戦士系統のキャラクターは装備できないことが多い。
関連書籍によると「戒律により刃物を持てない僧侶でも使える」とのことではあるが(これについては由来も参照)。
鎖や鉄球が史実のものより軽くできているのか、それとも装備可能者が見た目の割には剛力なのか……。
「剣と違って血を流す機会が少ない」という抜け穴のような発想で生まれた武器だが、ハッキリ言ってこんな刺々しい鉄球が直撃すれば下手な刃物の切り傷よりはるかに大惨事になるのは想像に難くない。
 
グループ攻撃という特性からするとムチに近いのだろうが、さすがにこれをムチと言い張るのは無理があったらしい。【スキル】システムの採用で武器が体系化されたDQ8以降の作品では欠場していた。
 
「明けの明星」という名前からはトゲ付き鉄球を連想しにくいこと、僧侶系職業用の武器であることから、DQ4初期にはこれが重量感たっぷりの鉄球だとは思わなかった人もいたようだ。
実際、DQ4発売前のファミリーコンピュータMagazineでは、サーベルのような刀身の細い剣のイラストで載っていたこともあった。
また、【ドラゴンクエスト4コママンガ劇場】でもが買ってきたモーニングスターをが名前だけ聞いて魔法少女のステッキのような武器と思い込むネタがある。しかしながら主人公の石化が解けた時点での息子の初期装備武器がそもそもコレのため、双子の妹である娘がモーニングスターを知らないのは不自然なのだが…。
偶然だがDQ4と同時期に発売されたFF3でも、この武器が初登場している。こちらはバイキングという斧系を主力武器とするモロにパワータイプの戦士が装備するのでイメージにピッタリと言えるだろう。
 
DQ4以前でこの名前で呼ばれたことはあまりないが、同等の武器は後述の通りDQ2から登場している。

由来 Edit

名前の由来は、トゲ鉄球が「光を四方に放つ明けの明星」を連想させたことから。
字からは連想できないが、実物を見たら一応星に見えなくも……ないともいえない、はず。
 
本来、モーニングスターとは、「棒」と「鈍器」を直接繋いだ単節武器である「メイス(棍棒)」の一種であり、メイスの先端部分が棘付き鉄球に変化したものだった。
【じごくのつかい】系統が手に持っているアレと言えばイメージしやすいだろうか。アレが本来のモーニングスターである。
一方で、鎖という多節状物の先に鈍器が付いたものは、「フレイル」と呼ばれた。棘付き鉄球も鈍器の1つであるため、「鎖の先に棘付き鉄球」も、本来はフレイルの一種だった。
 
時は流れ現在では、「モーニングスター」は尖端の棘付き鉄球の総称となっているため、鉄槌状のものも鎖式のものも、どちらも「モーニングスター」と呼ぶのは間違いではない。
その中で、鉄槌状のものを「メイス型」、鎖式のものを「フレイル型」と分けて呼ぶ。
おかげで、メイス型モーニングスターは、メイスの一種でありモーニングスターの一種でもある、
また、フレイル型モーニングスターは、フレイルの一種でありモーニングスターの一種でもあるという、大変ヤヤコシイ分類となっている。
 
海外RPG等においては、棒状のものは「メイス(こんぼう)」に統合されてしまうのが通例だった。本来はメイスの一種なのだから当然か。
ゲームであえて「モーニングスター」という名前で武器が登場する際は、鎖で繋いだ形状の「フレイル型」であることが多い。更にDQ3の職業のモデルになった『ウィザードリィ』等では「僧侶は戒律により刃物を持てないが、メイス・フレイル類は使える」という設定が既にあり、DQもこれらを踏襲したと思われる。
ちなみにDQ8にはモーニングスターは欠席しているが、スケアフレイルの系統が装備しているのはモーニングスター(フレイル型)である。
 
現在ではフレイル型が圧倒的に普及してしまい、「モーニングスター」といえば鎖鉄球のイメージで固定化されがち。
それでも公式ガイドブックなどでイメージが定着する前の攻略雑誌の攻略記事では、上述のように剣の一種とおぼしきイメージイラストが掲載されているという事もあった。
細身の剣なのは装備できる面々が神官や占い師という事を意識してだろうか…。
ちなみに「モーニングスター」で画像検索すると、メイス型もフレイル型も両方出て来るが、若干フレイル型の方が多いように感じられる。

DQ3(リメイク版) Edit

DQ5以降の仕様にならい、グループ攻撃が可能な武器として登場。
攻撃力30、価格は1700G。
装備可能職は【僧侶】【賢者】。何気に僧侶にとっては唯一の複数攻撃武器である。
【バハラタ】【テドン】【エルフの隠れ里】で店売りされている。
SFC・GBC版では【アッサラーム】近郊にある第2の【すごろく場】のクリア景品にもなっている。
 
アッサラームに到着してすぐすごろく場を攻略して入手できれば、その時点ではかなり強力。
アッサラームからほど近い【イシス】では、同じく僧侶用で攻撃力35の【ホーリーランス】が2300Gで売られているが、攻撃力たった5の差であれば複数攻撃できるこちらの方が遥かに便利だろう。
僧侶が回復の合間に使う武器としては十分すぎる性能を持つ。

ガラケー版以降 Edit

すごろく場が無くなったが、ピラミッド4Fのトラップつき宝箱の一つに小銭と入れ替わりで配置された。
戦闘が難しい人はバハラタまで待つことになるが、買っても十分活躍する。
 
というよりSFC版でもそうなのだが、【ゾンビキラー】の登場まで僧侶にはろくな武器がない。
同じバハラタの武器屋では倍以上の攻撃力を誇る【りりょくのつえ】が売られているが、貴重な僧侶のMPを単体打撃のために使ってしまうのはあまりにもったいない。
他は【アリアハン】の宝物庫にある一品物の【ルーンスタッフ】くらいで、こちらは余計な効果は付いていないものの、攻撃力40とホーリーランスに毛が生えた程度。
グループ攻撃能力とどっちが良いかと言われて迷う程度の差しかない。
 
そんな訳で、僧侶は中盤の長い期間をこの武器で戦い抜くことになるだろう。

DQ4(FC版) Edit

攻撃力33で、価格は1250G。
装備可能者は【ライアン】【クリフト】【ミネア】
第二章の【砂漠のバザー】や第四章の【ハバリア】など各所で購入できる他、【女神像の洞窟】の宝箱にも入っている。
クリフトとミネアにとってはそれぞれの章における最強装備。
 
初登場となるこの作品では普通の単体攻撃武器だった。
重戦士系のライアンと非力なクリフト・ミネアのみが装備でき、他の面子は装備不可という珍しい武器。
特にライアンに負けじと【バトルアックス】【まじんのかなづち】といった重量級武器を装備できる【勇者】が装備できないというのは謎である。
 
上述の通り他作品などでは重そうでズッシリしたイメージではあるが、本作の場合【公式ガイドブック】のイラストを見るにテニスボール程度の小振りな鉄球になっており、さほど腕力が必要という印象はない。
非力な僧侶系の装備であり【はがねのつるぎ】より攻撃力が劣るのも納得。
もっとも【てっきゅうまじん】【オーガー】が持っているようなバカでかい鉄球だったなら、それこそライアンぐらいしか扱えないだろうし、攻撃力も+100クラスだろう。
 
クリフトは難所の【さえずりの塔】攻略の前に、できればこれを買っておきたい。
【てつのやり】との攻撃力差はわずか5だが、この差でトドメを刺せるかどうかが分かれることが多々ある。
ミネアには750Gで攻撃力24に加え麻痺効果を持つ【どくがのナイフ】があるが、第四章ボスの【バルザック】には麻痺効果は通用しないので、単純な与ダメージの大きいこちらとで選択に迷うところ。
いずれにせよ、上記の2人にこれ以上の武器はしばらく登場しないので、買う価値は十分にある。
ライアンの場合は一章の段階では販売しておらず、落とす敵もいないので利用する機会はない。
よしんば売られていたとしても【湖の塔】でより強力な【はじゃのつるぎ】が手に入るのだから、わざわざ高額なこれを買う人はいなかっただろうが。
 
PS以降のリメイク版では攻撃力や装備可能者などはそのままに、名前だけ【ホーリーランス】に置き換えられてモーニングスター自体は削除された。既にグループ攻撃武器としてのイメージが定着しているためだろう。
ちなみにライアンはこれを含めて槍系武器を全て装備でき、一方で勇者は【てつのやり】以外の槍は装備不可能なので、上記の装備の可不可に関する疑問点はある程度緩和されている。

DQ5 Edit

攻撃力45で、価格は3000G。
装備可能者は【ビアンカ】【フローラ】【男の子】【女の子】【ピピン】
やはり非力な面子の中でピピンが浮いている。
仲間モンスターでは【ネーレウス】などの魔法使い系の面々や、【ビックアイ】らも装備可能。
この作品から攻撃対象がグループに変更されたため、価格も相応に跳ね上がった。
 
【ポートセルミ】以降の各地で店売りされている。
主人公の最強武器が【はがねのつるぎ】(攻撃力+33)の時期に攻撃力+45&グループ攻撃という破格の性能を誇る強力な武器。

入手時期的に、特に【イエティ】やビックアイの武器として非常に有用。
値はなかなか張るが、彼らがメンバーにいるならぜひ買おう。
ビアンカを妻にした場合、お金に余裕があるならプレゼントしてあげてもいい。
ちなみにフローラは最初から装備している一方、デボラは装備できない。
 
優秀な性能を持つため長期に渡って活躍できる……と言いたいところだが、一つ問題がある。
これを装備して次に手にすることになるのは大抵【はがねのムチ】なのだが、それが売られているのは【エルヘブン】。その間に入手できる装備可能な武器はほとんどがモーニングスターよりも弱い(キャラによっては装備すらできない)。
つまり長期に渡って活躍するというよりも、青年時代後半になるまで長期に渡って使い続けざるを得ない…というのが実情。
流石に【デモンズタワー】あたりまで来ると息切れが隠せなくなってくる。
 
ちなみに息子は加入時の初期装備として一応モーニングスターを装備しているが、時期的にはすでに弱すぎる。
しかも、リメイク版では一緒に【てんくうのつるぎ】を持っているため一瞬で換装されてしまう羽目に。
(SFC版でも大抵のプレイヤーは天空の剣を入手済みだろう。)
SFC版では女の子も攻撃力60の【ストロスのつえ】を初期装備しているため即売りに出される運命にあるが、リメイク版では攻撃力40の【まふうじのつえ】に差し替えられているので、お兄ちゃんの武器を回してあげてもよいかもしれない。(弱すぎてあまり意味がないが)

DQ6 Edit

攻撃力38、かっこよさ14、価格は3000G。
装備可能者は【バーバラ】【チャモロ】【ドランゴ】
どうもこの武器は、「非力な奴たくさんと怪力な奴1人」が装備できる傾向にある。
SFC版では他に装備グループE・Fのモンスターも装備可能。
SFC版【公式ガイドブック】に掲載されたイラストの随所でチャモロが持っている印象が強い。
…正確には石突の先端が尖っていたり、色が違ったりと微妙に異なるが。
 
【ゲントの村】以降の各地で店売りされている。
入手時期的にムドーへ挑む直前なのでその準備として買ってもいいが、バーバラはムドー戦に参加しないし、この時点のチャモロに装備させても攻撃役としての火力はたかが知れている。
ことムドー戦直前ではその他の強力な装備を揃えるために金欠になりがちなので優先順位は低い。
チャモロの初期装備である【ゲントのつえ】は道具使用で【ベホイミ】の効果があるため、素でベホイミを使える彼ではなく他のキャラの持ち物に回されることが多いが、【ムドーの島】【チェーンクロス】が落ちているので、チャモロにはこれをあてがって凌ぐことも可能。
しかし、チャモロは【フォーン城】【まふうじのつえ】を購入するか、【ちいさなメダル】の景品で一品物の【きせきのつるぎ】を入手するまでは、実質これが最強武器になる。
魔封じの杖はモーニングスターの倍の価格の割に攻撃力差が2しかなく、しかも単体攻撃なのでわざわざ買うのは微妙。逆に奇跡の剣は人間キャラが全員装備可能なため競争率が異常に高い。
結果的に、彼をスタメンで使う場合は長期間これを装備させることになるだろう。
一応、ムドー討伐直後に訪れる【北の山】に1個落ちているので、そこまではチェーンクロスで我慢してもいい。
あるいはチャモロだけには早めに購入して、拾える方を(ムドー戦に参加しないため装備を新調していないであろう)バーバラ用に回すのもあり。
ちなみに、前作の攻撃アニメーションはハンマーや鉄球と同様の鈍器をたたきつけるようなエフェクトだったが、本作以降はムチ系と共通のエフェクトに変わっている。

DQ7 Edit

攻撃力43、かっこよさ14。
装備可能者は【マリベル】【メルビン】【アイラ】
過去【ハーメリア】編以降の各地で5500Gで店売りされている。
ハーメリア編の時点で装備できるのはマリベルのみ。
あまり通常攻撃が得意ではないマリベルの武器としては少々値が張る上、少し我慢して現代ハーメリアまで進めれば【つきのおうぎ】が買えるので、優先度は高くはない。
とはいえ、その後わりとすぐに【さざなみの剣】が拾える主人公の武器もこの時点では購入優先度は低い。
【ほのおのツメ】【マジカルスカート】を購入してなお財布に余裕があるなら買うのも悪くはないだろう。
初期装備が【はがねのつるぎ】のメルビンに、とりあえず繋ぎとして持たせる武器としても手頃なので、使い回しもきく。

3DS版 Edit

たった1500Gで買える【アサシンダガー】の即死能力が尋常ではなく高いため、【つきのおうぎ】を購入するまでマリベルの武器はアサシンダガー1本で賄えてしまう。
加入後のメルビンに最初に持たせる武器として手頃である事は変わりないものの、メルビンの為だけにわざわざ購入するのは微妙なところ。

DQ10 Edit

先述の通り、ムチとして登場。
レベル21装備で、物質系へのダメージアップ。
詳しくはこちらを参照。

DQH Edit

【ゼシカ】専用装備で攻撃力は23、防御力は6。価格は2600。
【シーラ】解放後から購入可能。