【ライフゲージ】

Last-modified: 2020-01-25 (土) 06:03:20

概要 Edit

現在の【HP】【MP】の値に応じて色付きバーの長短が変化する、視認性システム。
 
簡単に言うと、2D格闘アクションゲームで画面の上に表示されるあれである。
シリーズによって、ゲージの長さが一定だったり、そうじゃなかったりする。
「最大値の何%減ったか」がわかるため、敵の攻撃に何回耐えられるかなどの重要な情報がわかりやすい。
 
本編では海外版DQ8で初導入され、その後の新作やDS・3DSの各リメイク作品などで使われている。
外伝では不思議のダンジョンシリーズで毎回使用され、PS版DQM1・2、DQソード、DQMBなどで採用されている。

本編 Edit

減っている部分はいずれも黒。

作品機種表示位置・備考
HPMP
DQ4
DQ5
DQ6
DS薄青なし下画面に敵の様子と共に表示
上画面のステータスの位置と対応
HP25%以下で黄色に
スマホ薄青薄青画面上部に数値のすぐ下に表示
DQ73DS下画面に現在値の下側に表示
スマホ画面上部に数値のすぐ下に表示
DQ8PS2
(海外版)
オレンジコマンド入力時に画面上部に表示
一定のパーセンテージ以下になるとバーが点滅
スマホコマンド入力時に画面下部に表示
3DS下画面に現在値の下側に表示
DQ9DSオレンジ下画面に現在値の下側に表示
DQ10全機種画面右下に表示
ダメージ等により減った部分は一瞬だけ赤く表示
DQ113DS下画面に現在値の下側に表示
PS4画面右下に数値のすぐ下に表示

外伝 Edit

不思議のダンジョンシリーズ Edit

このシリーズでは初代のトルネコ1から定番。
画面上中央のHP表示の真下に置かれ、現在HPが緑色で、減っている分が赤色で表示される。
空腹時や変な【呪文】等のHP減少(あるいは回復停止)状態でのみ色が黄色に変わる。
1ターン辺りが短く、HPが自然回復するので、直感的に理解できるゲージはかなり便利。
他のシリーズと違い、最大HPが上がると同時にゲージ自体も伸びていく。
画面端まで行けば伸びるのは止まり、後は1HP辺りの割合が減っていく。
ただしトルネコ1のみ、HP160辺りを超えると画面からもはみ出して伸び続ける。

DQM1・2(PS版) Edit

本編作品よりも早く、PS時代から登場。
画面上部にHPのやや裏側に表示。
現在値に応じて色が変化し、全快で緑色、減るごとに黄緑色→黄色→オレンジ色と変化する。
減っている部分は黒。

剣神 Edit

画面左上にあるロトの紋章の右にオレンジ色のゲージが伸びている。
詳しい数値は表記されない。

DQS Edit

詳しい数値が表記されるようになった。ゲージの色は緑で、減った部分が一瞬だけ赤く表示される。

DQMB Edit

HP1500を一区切りとし、HPの低い順に色が赤→黄色→緑→水色→青→紫→暗い赤→暗い黄→暗い緑と変化する。