【ラブリー】

Last-modified: 2020-09-21 (月) 09:02:39

概要

戦闘開始時に相手を魅了し、行動不能にすることがある特性。
この休み効果の成功率は相手の【マインド】耐性に依存する。
同様の性質を持つ特性として【ギロギロ】【いあつ】【プレッシャー】【スーパースター(特性)】がある。
 
基本的に可愛らしいモンスターが所持していることが多いが、DQMJ2P以降では所持者の中に「どうしてお前みたいな奴がラブリーを…」と言いたくなる連中が混じっているという珍妙な伝統がある。

DQMJ2

相手を魅了するという性質上、【モーモン】【プチアーノン】といった小柄で可愛らしいモンスターが所持している。

DQMJ2P

戦闘開始時ではなく、奇数ターン毎に一定確率で発動するようになり、利用価値が格段に上がった。
所持者もオリジナル版より増加し、【トーポ】【ピピット】等やはり可愛らしい面々が所持しているのだが、
何 故 か【カンダタワイフ】もこれを持っている。
どう見ても愛らしくはないが、覆面の下の素顔が美人なのか、はたまたモンスターの感覚ではこれが美しいのか…。

テリワン3D

今回も奇数ターン毎に一定確率で発動する。
所持モンスターは更に増えて、神獣である【グラブゾン】【ディアノーグ】などもプラス値で持つようになる。
カンダダワイフは今回もこの特性を持っているが、今回はなんと似たようなタイプの【フォロボシータ】までこの特性を持っている。
どう見てもコイツは愛らしくない。というか逆に怖い…。
やはりモンスターの感覚では美しいのだろうか…。

イルルカ・イルルカSP

効果は変更なし。
所持モンスターに【イルカちょうちん】【エンプーサ】【クイーンモーモン】【かくれんぼう】【プチぼう】【怪獣プスゴン】【妖魔ジュリアンテ】が追加されたほか【カンダタレディース】【新生配合】することで習得できる。相変わらず小動物系が多い。
イルカちょうちんやクイーンモーモンなど、可愛らしい系モンスターは言わずもがな、怪獣プスゴンはまだ愛嬌があるから分かるし、カンダタレディースも図体デカイのはともかく、幼女とセクシーなお姉さんがいるのでこれもまだ分かる。
妖魔ジュリアンテもセクシーな見た目なのでもちろん分かるが、あのエンプーサってどこが愛らしいのだろうか?あのなりで巨大化してるのだからむしろ怖い。これもモンスター感覚では(ry...。
 
イルルカSPでは、SP特性化させるとマインド状態になった相手を更に混乱状態にさせる効果が加わる。
またテリワンSPでは新規習得者はいなかったが、イルルカSPでは新たに【あらくれパンダ】が追加された。DQ11やスーパーライトの【みわくのたまあそび】の延長と思われる。
 
もちろん新生配合すればどんなモンスターにも持たせられる。
【くさった死体】だろうが【おおみみず】だろうが【冥獣王ネルゲル】だろうがはたまた【ガルマッゾ】【ガルビルス】だろうが…。