【催眠攻撃】

Last-modified: 2019-05-27 (月) 00:26:23

トルネコシリーズ Edit

モンスターが使用してくる特殊攻撃。【風来のシレン】ではゲイズ系が使用した。
最初期のゲイズは手持ちのアイテムを使わせるだけだったが、トルネコでは「投げる」も追加され、より凶悪になった。
「でたらめな方向に武器を振る」という行動も追加され、運が良ければアイテムを失わずにすむが…。
そしてトルネコ・シレンに共通して、シリーズを重ねたりリメイクを行うたびに効果は凶悪に、そして対抗手段となる装備が激レア化するため、後期の作品のプレイヤーほど催眠攻撃にトラウマを抱えやすくなる。
 
1ターンランダムな行動を取らされるのだが、何をするのか全く不明なのが最大の脅威。
消耗品や杖の回数を無駄遣いするだけならまだいいが、取り返しが付かないようなことをしでかしてくれることも多い。

Aさんの体験:壺を【水路】に投げて、中身を取れなくなってしまいました。

Bさんの体験:【リレミトの巻物】を読んで強制送還させられました。

Cさんの体験:盾を敵にぶつけました。そしてそのまま盾無しで攻撃を受けました。

Dさんの体験:【世界樹の葉】を飲みました。

Eさんの経験:【白紙の巻物】を白紙のまま読んでしまいました。

Fさんの体験:仲間モンスターの前で【爆発の指輪】を装備しました。

Gさんの体験:【クロウアンドレア】【へんげの壺】に入れました。

Hさんの体験:【パンの巻物】で装備品をパンに変えました。

等と、貴重なアイテムのロストから、直接ゲームオーバーに関わることまで引き起こす。
こんなことがあるので催眠攻撃をしてくる敵が出てくる前に対策を用意しないといけない。
というより、あらゆる索敵手段を講じてでも催眠攻撃をしてくる敵と出会わないようにするのが通例。
特にへんげの壺はトルネコ2の攻略本でもネタにされており、鍛え上げた武器を壺に入れてしまいパンになった話と、逆に唯一持っていたパンをへんげの壺に入れてしまい飢え死にしたエピソードが語られている。

しかも、催眠攻撃によって行動をすると自分のターンが終了するので、ヘタすると連続でくらうことも。
さらに他の敵がいた場合、催眠攻撃で動けないこちらを連続で殴ってくるので、そのままゲームオーバーの危機もある。
隣接しない限り使われないので、飛び道具などを使って相手に行動させないようにしよう。

トルネコ2 Edit

【だいまどう】【あくましんかん】【じごくのつかい】が使用する。
この攻撃で武器を振るのが【でたらめぎり】習得の条件でもある。
【魔法の盾】で無効化できるが、GBA版では魔法の盾が激レア化している。
また、【目覚まし草】および戦士の技【めざまし】で目が冴えることでも回避可能。
ただし、【眠らずの指輪】【魔法のパン】などによる「覚」のふきだしが付かないタイプの眠らず効果では回避不能。

トルネコ3 Edit

使ってくる敵はだいまどうのみになった。
ただし回避手段が激レアでデメリットも大きい【魔封じの指輪】しかなくなってしまった。