【冷たい笑み】

Last-modified: 2022-06-29 (水) 17:05:03

DQ8

【ククール】【カリスマ】スキルが7(52pts)になると、【皮肉な笑い】が進化してこれになる。
 
上級技とはいえ、対象が敵1体から1グループになっただけ。
元々、主にボス戦で使われるため、範囲が広くなってもほとんど無意味。
敵1体のままでいいから、テンションを2段階下げるようにしてくれれば良かったのに……。
奇数ターンに必ずテンションを上げる【ヘルガーディアン】と対峙した時が唯一の見せ場だろう。
【はめつのたて】(3DS版では【しにがみのたて】も)盗みを狙う際は特に役立ってくれるはずだ。

3DS版

ククールを演じる細谷佳正のボイスつき。「フッフフッ」といった感じの相手をバカにしたような含み笑いをする。
テンション下げるどころか怒りで上昇させそうな気がしてならない。
 
【モリー】【ゴールドフィンガー】が登場し、単体用だがテンション無効化という性能によってボス戦ではそちらが活用されるようになった。
一方こちらはグループに効果があるため、主に雑魚戦用として住み分けをする必要に迫られた。

DQR

第4弾カードパックで僧侶専用ノーマルカードとして登場した。

6コスト 特技
お互いの全てのユニットの攻撃力をHPと同じ値にする

原作通り【皮肉な笑い】の上位特技で範囲が広がっているが、味方ユニットに留まらず敵ユニットにまでも効果が及ぶ。
味方ユニットのHPが高く、敵ユニットのHPが低い状態で使えば高い効果を発揮できる。
しかしそのような状況が訪れること自体が極めて稀。
それにたとえそのような状況で使ったとしても結局攻撃力の増減しか起こらず、6コスト払って発動する効果としてはあまりにも物足りない。
敵ユニットのHPが低い状況であれば、【ベリアル】などでユニットそのものを倒してしまった方が強いのは火を見るより明らか。
使用するだけでこちらの首をギチギチに締めるといっても決して過言ではなく、ライバルズ史上最も使えないカードの一角を担っている。