【初心ゾーン】

Last-modified: 2020-08-30 (日) 19:05:01

トルネコ3

【異世界の迷宮】(及び【異世界の試練】)の1Fから10Fのことを指す。
ここでは便宜上「初心ゾーン」という記事名にしているが、実際に界隈でこう呼ばれることはほとんどない。
 
出現モンスターは
【スライム】(1~3F)、【スライムベス】(1~4F)、【いたずらもぐら】(2~5F)、【ももんじゃ】(3~6F)、【おおなめくじ】(4~7F)、【はりせんもぐら】(4~8F)、【おおきづち】(5~8F)、【オニオーン】(5~15F)、【ホイミスライム】(6~10F)、【ドラキー】LV2(6~10F)、【ラリホーアント】(7~14F)、【おばけヒトデ】(7~11F)、【タップペンギー】(8~12F)、【ゴースト】(8~12F)、【スライムブレス】(9~13F)、【スカイフロッグ】(10~14F)。
さらにトラップモンスターとして、【ミミック】(5~99F)、【ひとくいばこ】(6~80F)がフロアアイテムやガーゴイル店の商品に化けていることがある。
 
ストーリー序盤に出現したモンスターを寄せ集めたゾーン。敵の入れ替わりが激しいゾーンでもある。
レベル1、アイテム持ち込みなしのスタートなため、プレイヤーの技量が問われる。
まずはここを突破しないことには異世界の迷宮は始まらない。安定して突破できるように腕を磨きたいところ。

1階

1Fはスライムとスライムベスのみが出現する。
実は1Fがある意味一番の運ゲー。開幕でスライムベス3匹に囲まれていたらまず死ぬ。
こればかりは運なので、倒されても気にせず再度リトライしよう。【バリナボチャレンジモード】だったら泣くしかないが。
落ちているフロアアイテムの数が4~8個とバラバラなので、なるべく多く拾いたいところ。
LV2で2Fに降りてもいいが、武器なしではベスが一撃で倒せないことがあるため、LV3にしておきたい。
 
ポポロの場合、スライムベスを2匹ほど仲間にしてLv2以上に上げておきたい。スライムでも良い。
15階までは2~4匹の仲間で進むのが基本。あまり仲間を増やしすぎると、経験値が分散したりはぐれやすくなるので程々に。

2階

2Fからいたずらもぐらが出現する。
まだプレイヤーの最大HPが20前後だというのに、盾なしで最大9ダメージという強烈なダメージを与えてくる。
ダッシュして不意打ちを喰らうと死が見える。
異世界の迷宮では27Fまで通路の視界が2マスなので、通路では一歩ずつ慎重に歩いて先制攻撃を受けないようにしたい。
2Fまでは罠は通常出現しないが、【ワナ増殖の石像】で発生することはある。
 
ポポロの場合は、いたずらもぐらの相手はLv3以上まで育てたスライムに任せよう。
通常プレイで10階までに仲間にする価値があるモンスターは【スライム】【スライムベス】【ももんじゃ】【ドラキー】【ホイミスライム】のみと考えて良い。こいつらは全員【普通・早熟】タイプなのでレベルを上げるとどんどん強くなる。
いたずらもぐらも普通・早熟タイプだが、成長限界がLV5なので仲間にしても役に立たない。
もちろん、あえてマイナーなモンスターを仲間にして進む楽しみ方もなくはないが。

3階

3Fからももんじゃが出現する。
いたずらもぐらより攻撃力が高く、ここまでに武器・盾が出てないとかなりの強敵。
ワナがこの階から出現するので、ワナチェックをし始めるように心がけたい。モンスターハウスや店もここから出始める。
階段を下りる前に未識別巻物を読む等、アイテムの識別を進める。マイナス効果の場合は即降り。
 
ポポロの場合はももんじゃを仲間にしたい。スライムベスより一回り強く、頼れる仲間になる。
スライム、スライムベスも20階まで使える戦力になるので、ももんじゃが仲間になっても解雇しないように。
16階から出現する【メイジももんじゃ】を仲間にするためにも、スライム(ベス)は20階まで生き残らせたいところ。
ももんじゃは攻撃力が高く、レベルを上げすぎるとメイジももんじゃを一撃で倒してしまうため、メルモンの勧誘に不向き。
スライム達ならギリギリ一撃で倒さない程度にHPを削ってくれるので、こちらの方が勧誘しやすいのだ。

4階

4Fからスライムは出現しなくなる。代わりにおおなめくじとはりせんもぐらが出現。
はりせんもぐらは経験値が15と多い(おおナメクジは7)ので、積極的に倒したいところ。
 
満腹度に余裕がある状態でツルツル床があれば、効率が良い経験値稼ぎが可能。
ツルツル床で移動すると、移動したマス分だけターンが経過するが、満腹度の減少は1ターン分で済む。
ターンが経過することで敵が沸くため、ツルツル床で移動し続けることで、満腹度の減少を抑えながら経験値を稼ぐことができる。
はりせんもぐらは出現時に寝ていることがあるので、ツルツル床で適度にターンを経過させたら巡回して倒していく。

5階

5Fからスライムベスが出現しなくなり、おおきづちとオニオーンが出現する。
おおきづちは力溜め→攻撃で大ダメージを与えてくるので、力溜めしたら一歩引く。
オニオーンは倍速で逃げるが、倒すとたまにパンを落とす。
ドロップ率は3割程度とそこまで高くはないが、序盤は足踏み回復や仲間勧誘作業など何かとパンが必要なため、積極的に倒していきたい。
矢や石がない時は、「かってにしてね」にした仲間モンスターと通路で挟み撃ちにしたり、お金を投げ当てて10ダメージを与えると倒しやすい。
 
このフロアからは、ミミックがアイテムに化けていることがあるので注意したい。
攻撃力は5Fの他の敵と大差ないが、HPが50もあり、トルネコは倒すために攻撃が3発以上は必要。
ポポロでも育っていない仲間では負けることもあるため、こちらが弱いうちはアイテムの消費が必要になる。

6階

6Fからいたずらもぐらの姿が消え、ドラキーLv2とホイミスライムが出現する。
ドラキーは攻撃力が高く、盾なしで最大20ダメージをくらう。ナメてかかると返り討ちされる。
その反面HPと防御力は低めで、ポポロでも一撃で倒せることが多い。
経験値が4と少ないが、アイテムドロップ率は高めなのできっちり倒したい。
 
このフロアからは、ひとくいばこがアイテムに化けていることがあるため要注意。
攻撃力はなんと【ドラゴン】と同値の40。盾なしでは最大59もの大ダメージを受ける。
無防備なポポロはHP満タンから即死する可能性もあり、トルネコでも真紅の盾を装備していても40ダメージ程はくらう。
ミミックとは逆にHPは20と低め。しかし序盤のポポロでは一撃で倒せないこともあり、空振りして反撃されると死が見える。
その一方、経験値が150と多い。6Fまでに出現するモンスターの最大経験値がはりせんもぐらの15であるため、その10倍もの経験値を得られることになる。
トルネコの場合は杖でひとくいばこの動きを止める、ポポロの場合は鍛えた仲間に任せて倒すようにしたい。
未識別のアイテムを使う場合はツルツル床の近くで使うなど、細かい所で注意をするのも生き延びるための手である。
 
トルネコでは拾得アイテムを安心して使えるように、【白紙の巻物】にニフラムを書き込んでひとくいばこに投げる手もある。
もっとも、【ニフラムの巻物】はこのダンジョンの31F以降でしか拾えない超レアアイテムなので、初回挑戦時はほぼ使えない。
白紙の巻物は10F発掘用に【大部屋の巻物】にする、20Fの大部屋モンハウ突破用に【ダイバクハツの巻物】にする使い道もあるので、何に使うかは状況次第。
ポポロで挑んだ時に限って白紙の巻物を大量に拾うというのもよくある話。2500Gで売れるので換金アイテムとしては優秀だが。
 
ポポロ編では、ここまでに仲間にしたスライムやももんじゃが倒されてしまった場合は、仲間になりやすいドラキーを勧誘しよう。
ぶっちゃけ、ドラキーは仲間を失ったポポロを救済するために配置されている気もする。
また、【ハラモチの指輪】が入手できておらず食料に余裕がない場合は、ホイミスライムをぜひ仲間にしたい。
ホイミで定期的にポポロを回復してもらうことで、満腹度0のままでも冒険を続けることが可能となる(通称ホイミンパン)。
しかし、ホイミスライムは仲間になった後も気まぐれ行動が健在なので、レベル上げには封印状態にするなど工夫が必要。
封印せずに育てるなら、6Fでももんじゃを倒させてLV2にするのが一番楽。

7階

7Fからももんじゃに代わり、ラリホーアントとおばけヒトデが出現する。
ラリホーアントにカウンターで眠らされるとほぼ死ぬので、矢→攻撃で倒したい。ラリホーアントのHPは25。
ポポロなら、仲間に任せれば大体一撃で倒してくれるのでさほど問題はない。
 
おばけヒトデは、一撃で倒せないと特技でちからを下げられることがあるので注意。
またおばけヒトデは水系であり、水中にいると通常の攻撃が効かなくなってしまう。水中から一方的に攻撃されないように、立ち回りや対処を工夫することが求められる。
ここから15階までは水系モンスターが結構出てくるので、【オーシャンロッド】があれば是非装備しておきたい。しかし、15階までと【水ゾーン】以外では大して役に立たないので、【ウィンドスピアー】【デーモンバスター】を差し置いてまでメイン武器に合成する価値は薄い。

8階

8Fからおおなめくじに代わり、ゴーストとタップペンギーが出現する。
ゴーストは倍速移動だが、攻撃力はそれほど高くないので焦らず倒すこと。ウィンドスピアーがあれば一撃。
 
タップペンギーは同種の仲間呼び、メダパニによる混乱と、序盤にしてはかなりえげつない特技を使ってくる。
HPと守備力も高く、トルネコではよほどのレベルと武器がないと一撃では倒せない。
部屋内で相手をすると仲間呼びで囲まれたり、メダパニで逃げられなくなったりするため、通路に誘導して戦うのが基本対処法になる。
 
ポポロの場合、ここまではほとんどの敵を一撃で倒してきたスライムやももんじゃでも、タップペンギーは一撃で仕留めきれないことが多い。
仲間にメダパニを使われると【裏切り】でポポロが倒される恐れもあるので、【魔法の石】などを投げて仲間を援護したいところ。
一方で、タップペンギーの仲間呼びを利用した経験値稼ぎのコンボもある。詳しくは【ペンコン】から。

9階

9Fからはりせんもぐらとおおきづちが出現しなくなり、スライムブレスが出現する。
スライムブレスは直線上の対象に固定10ダメージの炎を吐いてくる。
さらにマドハンドのように集団で発生することがあり、1匹1匹が強いので連戦でHPを消耗しやすい。
【ドラゴンキラー】やウィンドスピアーで弱点を突いて倒したい。経験値が35と多めなので稼ぎたいところ。

10階

10Fからスカイフロッグが出現する。
攻撃力はスライムブレスより低めだが、通路の【かどぬけ】攻撃とジャンプ攻撃がうっとうしい。
タップペンギーやおばけヒトデと同様に水系なので、ジャンプ攻撃で水路に逃げられると面倒。できるだけ水場の近くで戦うのは避けよう。
 
そして10Fは【発掘】が可能であり、壁の中にアイテムが埋まっていることがある。
壁から出土するアイテムは種類が限られており、【きょだいなパン】【魔法のパン】【魔法の石】【保存の壺】【インパスの壺】【世界樹の葉】【ゴールド】のいずれかが出現する。
保存の壺や世界樹の葉を入手できれば冒険が有利になるので、トルネコで【大部屋の巻物】を持っている場合はぜひ狙ってみよう。
また、隣接した壁にアイテムが埋まっているとダッシュがそこで止まる。これを利用して【つるはし】で探すことも可能。
ポポロでは、つるはしも大部屋の巻物も使えないので発掘は難しい。【トンネルの杖】を利用したり、ラリホーアントを混乱させて掘ってもらうという手はある。
 
11~15Fについてはこちらを参照⇒【強化ゾーン】