【回転床】

Last-modified: 2019-01-30 (水) 00:53:40

もしかして:【回転盤】

DQ3 Edit

【ルビスの塔】【ゾーマの城】に設置されている「◆」の形をした床。
進行方向にボタンを入力すると90度回転した状態で進んでしまう。
右回りになる物と左回りになる物の2種類あり、色合いが左右逆になっている。
「◆」は薄い灰色と濃い灰色の三角形が合わさったものとなっており、薄い灰色の方向が、上矢印キーを押した時に進む方向となる。
具体的には「◪」の記号を斜め状にしたもの、あるいは「◀▷」の記号を組み合わせたような形状(⬖)。
進みたい方向に進もうとすれば、ほぼ間違いなく落とされるように設置されている。
むしろわざと落ちるように進んでいけば、自然と突破できるはずだ。
頭の中で考えるのが面倒になったらコントローラーをしかるべき向きに都度回しながら持ちつつ進むとよい。
「しかるべき向き」がよく分からないなら白い方に90°傾けると認識していればOK。
リメイク版での移動は1歩あたり半キャラずつだが、この回転床があるフロアだけは1歩で1キャラ分動く
回転床の隙間を縫おうとするプレイヤーが出ることはスタッフも予測済みであった。
 
また、ゾーマ城にある回転床は↑ボタンを押しているだけでそのうち突破できたりする。
【ロンダルキアへの洞窟】の落とし穴地帯は壁に手を付けて歩けば落ちない事といい、
DQは一見複雑な仕掛けほど単純な解法が用意されていたりする。
 
【アレフガルド】に関する一切の情報を伏せていたFC版の【公式ガイドブック】にも、これだけはさりげなく掲載されている。