【大怪像ガドンゴ】

Last-modified: 2018-12-27 (木) 21:09:33

DQ9

【魔獣のどうくつ】のボスモンスターで、【竜のもん】を渡る光の矢を求める者に試練を与える石像。えらくブサイクな面構えである。
英語版での名前はGadrongo。
色違いに【ギリメカラ】【ヘルガーディアン】【闇朱の破砕将ボーガ】がいる。
「だいかいぞう」だからといって「なんということでしょう!」とか「劇的ビフォーアフター」とか言わないであげよう。
だがこいつは【女神の果実】の力なしで動いているので、そういう意味では「なんということでしょう!」と言えるかもしれない。
ついでに【ナザム村】には「ガドンゴと光の矢は竜の門を守る精霊が姿を変えたもの」との伝承があり、劇的かどうかはともかく「ビフォーアフター」なのも間違いない。
実は登場時にダイナミックに自分の名前を言っている。
「ガッ」(ジャンプ)
「ドンッ」(着地)
「ゴォォ」(うなり)
あ、名前だったんだと思ったプレイヤーも少なからずいるはず。
 
攻撃力は206と高いが、数値的にはだいぶ前に戦った【アノン】(攻撃力200)と大差ない。
だが、ただのデカいトカゲと大怪像の違いは痛恨の一撃を出すこと。
痛恨は自身の攻撃力の85~95%のダメージを与えるので、ダメージは最大195となる。
本作はスキルで補強しないとHPが伸びにくいため、魔獣の洞くつを探索する時点ではHPが200もないケースが多く、
痛恨の一撃を喰らったら即死だと考えたほうが良い。DQ9はここから痛恨の脅威が一気に増すようになる。
それ以外にも【やけつくいき】【ハートブレイク】で動きを止めたり、全体攻撃の【じひびき】や防御しながら攻撃してくる【シールドアタック】も持つ。
マヒの対策を怠ってはいけないので、【キアリク】持ちのキャラ以外に【まんげつそう】【きつけそう】も持たせておこう。
回復役は痛恨で倒されないよう防御しておき、蘇生手段を失わないようにしたい。
弱点は風属性と闇属性だが、この時点ではどちらも大した攻撃がない。大人しく物理で殴ろう。炎属性と土属性に耐性を持つ。
 
倒すと確実に【げんませき】を落とす。