Top > 【始原の里】


【始原の里】

Last-modified: 2018-09-06 (木) 22:47:08

DQH Edit

【海底神殿】の次に訪れる地。巨大な植物が密生する森の中の隠れ里。
光と闇のバランスを保つ【調停者】たちの暮らす里であり、【ジュリエッタ】の故郷。【調停者の長】は彼女の祖母である。
調停者は中立という立場を守らなければならないため、外部の者との交流は固く禁じられている。
光の試練を受けた主人公は、闇に染まった【世界樹】を救う手段を得るためにここを訪れることになる。
 
里には「太古の霊木」という霊木が存在する。この霊木はあらゆる植物の祖先だと言い伝えられている古い樹木。
その聖なる雫は【霊木の露】と呼ばれ、あらゆる植物をあるべき姿に戻すことができる。
真の光の力に目覚めた【光の一族】が祈りを捧げる事でその力は呼び覚まされ、霊木の露を採ることができる。
 
ジュリエッタをパーティに入れねばならないが、その時は彼女は【防衛対象】のNPC扱いになり、操作することができない。
大量の【魔扉の番人】を召喚する【謎の策士】や、放っておくと一方的にバリケードを攻撃し続ける【魔弾砲】等が厄介。
【アークデーモン】【キラーマシン】などの強敵もぞろぞろ出てくるため危険。
また、【ドラゴン】も一匹だけ出現する。
 
ボスは【キラーマジンガ】【魔王の使い】のタッグ。霊木を防衛しながら戦う。
キラーマジンガから先に倒そうとすると魔王の使いが霊木を攻撃しに行ってしまうので、魔王の使いから先に倒すといい。
クリアすると世界樹を元の姿に戻す力を持つ【霊木の露】を入手できる。