【孤独の世界】

Last-modified: 2021-06-17 (木) 00:10:59

DQM2(GB版)

モンスターズ2に登場する異世界。【こどくのかぎ】を使うと行くことができる。
クリア後に行ける異世界のひとつで、ごく狭い雪原のフィールドに、小屋が一つあるだけの小さな世界。
小屋にはキラルという老人と不完全な【キラーマシン2】が住んでいる。逆に博士以外の人間は一切いない。「孤独」の名前の由来だろう。
 
キラルは機械モンスターの研究をしていたが、部品を保管している地下に突然魔物が住み着き、部品を取りに行けなくなったとのこと。
そこで偶然現れた主人公はキラルのために部品を取ってくることになる。
部品の入った樽の横には、かつて番人として博士が設置した【キラーマシン】のロビンがおり、樽を調べようとすると戦闘になる。
現在も命令に従い宝を守っているらしいが、既に故障しており命令遂行以外の判断は不可能になっている。
地下の魔物も、宝に誰も近づけさせないためにロビンが呼んだものらしい。
この時点ではキラーマシンと何度も戦えるが、戦うたびに破損が大きくなり、それに伴ってステータスも下がってゆく。この過程は結構切ない。
最後は博士の頼みでロビンを完全に破壊して、キラーマシンの部品である魔力の石を入手することになる。
魔力の石を博士に渡し、博士がキラーマシン2にセットするとこの世界はクリアとなり、お礼に【あたまがさえるほん】が貰える。
クリア後に再びキラル研究所を訪ねると、完全体となったキラーマシン2のレオと、修理されたロビンがいる。
キラルに話しかけると、キラーマシン2の配合ヒントが貰える。
 
余談だが、キラルによると客人はかなり久しぶりらしい。
鍵をくれた【カメハ】はこの世界には来ていないのだろうか。