【怪光線】

Last-modified: 2016-01-30 (土) 17:57:25

概要

DQ9などに登場する、敵専用の特技。
文字通り光線を放ち、敵を攻撃する技。

DQ9

【メーダ】のみが使用する、この種族の固有技。
目玉から怪光線をビーム状に放ち、敵を攻撃する。
敵1体に12~17ポイントの雷・爆発属性ダメージを与え、
さらに4~7ターンの間対象に【麻痺】の追加効果を与えることがある。
追加効果の発生率は、敵の麻痺系耐性の影響を受ける。
通常攻撃と同様の性質を持っているわけではないが、敵に身をかわされたり、盾ガードされたりすることがある。
 
技の性質としては【天使の眼差し】に似ているが、こちらは【無属性規定ダメージ攻撃】ではない。
ダメージに属性が付き、さらに追加効果も付いており、複数の耐性の影響を受けるというなかなか珍しい技。
こういったものは、DQ9でも他には【まばゆいせんこう】くらいしか存在しない。
比較的序盤の、しかもたった一種族のモンスターが使うだけの特技にしてはやけに凝った仕様である。
メーダはこれ以外にも【くすぐる】という固有技を持っており、そういう面では破格の厚遇だったりする。

DQMB

【暗黒の魔人】の青ボタン技。
全身から光線を放ち、敵全員に灼熱属性のダメージを与える。