【時空の武術大会】

Last-modified: 2022-07-05 (火) 17:56:40

クロスブレイド

第7話からユウキ一行が出場した大会。
AC版の【トーナメント】を元にしており、闘技場内で戦う3人に加え切り札として選手を追加登録でき、途中で切り札との交代が可能。
なお切り札の選手はいなくても良く、参加上限の範囲内で飛び入り参戦も認められる。

賞金が貰えるうえ、更に優勝すればすごいお宝が手に入る。もちろん戦いの経験を積めるため【メイロ】の勧めで参戦する事に。

1回戦

ユウキは【ダイ】【クロコダイン】の3人で勇者チームを組み出場(【ダムド】は無言、【フレイザード】は殺気立っており、【ハドラー】はお遊びに付き合えない、【ホイミィ】は可哀想なので断念)する。
【ミイラおとこ】【どくどくゾンビ】【がいこつ】のモンスターチームと対戦。相手の切り札は暴走形態の【ドラゴン】
いきなりどくどくゾンビ以外の2人を倒すとドラゴンが現れ、一瞬でユウキとクロコダインを戦闘不能に追い込む。
しかしそこに切り札として【ポップ】が参戦した事で形勢逆転し、ポップがドラゴンを、ダイがどくどくゾンビを倒して逆転勝利する。

2回戦

ユウキ、ダイ、ポップ、切り札に【マトリフ】で挑戦。
対するは【ギーイチ】【さまようよろい】【ライオンヘッド】、切り札に【キルバーン】が控える【ヒートギズモ】チーム。
ダイとポップはさまようよろいとライオンヘッドを引き受け、ユウキはギーイチを担当。
様子のおかしいギーイチを見てユウキは【僧侶】の力で攻撃を耐え抜き、ギーイチの兄弟を護った為戦意喪失。そんな彼を始末しようとしたキルバーンを阻止し、相手チームは棄権した。

3回戦

対戦相手は【ホークマン】【がいこつ】を引き連れた【ヒム】なので、勇者側の3人目はハドラーが名乗りをあげた。
ユウキとダイが取り巻きを相手取るなか、ハドラーはヒムと殴り合いの対決。特殊技を見切り、ハドラーは全力の拳でヒムをKOし、生きて強くなれと諭した。