Top > 【最大レベル】


【最大レベル】

Last-modified: 2019-07-30 (火) 16:14:06

概要 Edit

【プレイヤーキャラクター】【レベル】【上限値】。「上限レベル」「限界レベル」「レベルキャップ」とも言われる。
このレベルに達すると、それ以降は幾ら【経験値】を得てもレベルは上がらない。作品によっては経験値も上がらなくなる。
一般的にDQをはじめコンピュータRPGでのレベルは2桁までで、最大値と言えば99が知られているが、作品やキャラクターによっては99に届かなかったり100を超えたりする場合もある。
関連→【○○○○は もう じゅうぶんに つよい!】
 
DQ8まではキャラを最大レベルまで上げることはあくまでやり込みの範疇であり、最大レベルになれば最早怖いもの無しでラスボスも簡単に倒せたりする上、裏ボスさえ最大レベルまで上げなくても勝利は可能であった。
しかし、やり込みに重点が置かれた2000年代後半以降の作品では、DQ9の高レベル【大魔王の地図】やリメイク版DQ7の一部の配信石版ボス、3DS版DQ8の【追憶の回廊】の各ボス、DQ10のエンドコンテンツ全般など、こちらを全員最大レベルまで上げていても苦戦するような敵が登場するようになった。
こうなると後は装備やアイテムによる十分な対策とプレイヤーの腕、そしてリアル運の良さにかかってくる。
DQ11のやり込み要素は全員最大レベルまで上げて装備を整えれば確実にクリア出来る程度の難易度に落ち着いたが、例外的に3DS版の【追憶の神殿】3層だけはそれでも運が悪いと全滅しかねない難所となっている。
 
以下では各作品ごとに最大レベルまでに必要な経験値を表にまとめてある。

DQ1 Edit

最大レベルは30だが、大体レベル20以上あれば【りゅうおう】を倒すことが出来る。経験値の最大値である65,535が最大レベルになるために必要な経験値となっている。
レベル16以降、次のレベルに上がるには4,000の経験が必要だが、レベル29まで上がった時点で65,000の経験を積んでいるため、レベル29から30への必要経験値はたった535と非常に少ない。
 
ガラケー版では経験値99,999、レベル50が最大になり、成長パターンも変更された。
スマホ版以降では再び30に戻されたが、レベル29から30へは5,000の経験値が必要となった。

キャラ機種Lv経験値
【主人公】GB以前3065,535
ガラケー5099,999
スマホ以降3070,000

DQ2 Edit

DQ2ではキャラごとに違い、最大はローレシアの王子のレベル50。以下サマルトリアが45、ムーンブルクが35となっている。
各キャラとも最大経験値は1,000,000で、この値が最大レベルの必要経験値となっている。
ローレとサマルはDQ1と同様にそれぞれレベル49→50、レベル44→45だけ早く上がるが、ムーンはキリ良く上がる。
 
ガラケー版以降では最大経験値はそのままに3人ともレベル50まで上がるようになった。
しかし特に最大レベルでのパラメータが強くなったというわけでもなく、レベルの刻みが細かくなっただけと言った方がいいかもしれない。

キャラLv経験値
GB版
以前
ガラケー版
以降
【ローレシアの王子】50501,000,000
【サマルトリアの王子】45501,000,000
【ムーンブルクの王女】35501,000,000

DQ3 Edit

この作品から最大レベルが99になり、基本的に全てのキャラが99まで上がるようになった。
ただしレベル99までの必要経験値はキャラごとに異なるようになり、また最大レベルになった後も経験値は上がっていく。
なおここは最大レベルの頁であるため、本作以降の最大経験値については【経験値】の頁で触れる。
_:SFC版以降追加

職業Lv経験値
【勇者】996,335,647
【戦士】996,417,166
【武闘家】998,627,330
【僧侶】997,453,717
【魔法使い】997,964,068
【賢者】999,609,488
【商人】995,913,402
【遊び人】997,225,866
【盗賊】996,162,678

DQ4 Edit

【メタルキング】の登場や【メタル狩り】テクの充実によって、最大レベルまで上げることはやや容易になった。
【NPC戦闘員】はレベルアップせず、レベルは「?」と表示される。
 
FC版ではトルネコが前作の商人同様最速でレベル99に達する。
他の戦士系も比較的早く、魔法使い系は遅め。主人公はその中間くらい。
一方でぶっちぎり最遅はミネア。
次に遅いブライと比較しても経験値1,000,000以上の差があり、彼がレベル99になってもミネアは未だ80代という驚愕のスローペースである。
ただでさえHP・MPが他メンバーより非常に低いのに、それが加算されるのすら遅いという……。
 
リメイク版では各キャラの成長スピードが大きく変わり、こちらでの最速はライアン。
戦士系は早く、魔法使い系は遅いというのは変わらないが、FC版ミネアほど成長が遅いキャラはいなくなった。
そのミネアも能力・成長スピード共に改善され、特にレベルアップはブライ・マーニャより早くなっている。
リメイク版での最遅成長はピサロだが、ワースト2のマーニャ・及び3のブライと必要経験値はさほど変わりないため、馬車無しのダンジョンで二人を留守番させてピサロばかり連れていると逆転されたりする。
 
_:PS版以降追加

名前Lv経験値
FC版PS版
【ライアン】996,407,2755,501,284
【アリーナ】996,690,7006,931,659
【クリフト】997,240,3067,044,450
【ブライ】998,508,4808,231,268
【トルネコ】995,887,8216,300,144
【マーニャ】997,929,1128,277,007
【ミネア】999,599,4417,686,517
【勇者】997,394,1607,414,954
【ピサロ】998,370,842

DQ5 Edit

人間キャラは基本的にレベル99まで上がるが、例外としてSFC版のヘンリーの最大レベルは50、SFC版のフローラは青年時代前半では10となっている。どちらもリメイクで99に出来るようになったが、ヘンリーはレベル50以降は能力が一切上がらない。
 
【仲間モンスター】にはレベル99まで上がらない種が多い。
ただし、誤解されがちだが最大レベルが低いキャラが最大レベルが高いキャラより弱いというわけではない。
各キャラクターの初期ステータスや成長曲線は一様なわけではないので、99まで上がる=強いというわけでもない。
むしろ中盤~終盤の仲間モンスターでは、最大レベルが30~60程度で、レベル99のキャラクターと同等以上のステータスまで成長する者も多く、こちらの方が少ない経験値で強くなる傾向にあるのでお得。
逆にレベル99まで上がっても、特技・耐性・装備品の関係で総合的に微妙なキャラクターも多い。
【ブラウニー】(レベル99)や【ドラキー】(レベル99)と、【ギガンテス】(レベル7)や【キラーマシン】(レベル30)のどちらが強いかを考えれば一目瞭然である。
特にリメイク版のすごろくでは、出現するモンスターが駒となるキャラのレベルによって変わるので、低いほうが有利な場合もある。また、モンスター図鑑のために狙ったモンスターを出したい時にレベル調整する上でも、限界レベルが低い仲間モンスターは重宝する。
 
DQシリーズで初めて、【隠しダンジョン】及び【隠しボス】が登場した作品でもあるため、クリア後のやり込みとしてレベル上げを行うプレイヤーも増加した。
 
最低は【おどるほうせき】とギガンテスの7。
_:PS2版以降追加
_:DS版以降追加
人間キャラ

名前Lv経験値
【主人公】996,376,016
【ビアンカ】998,087,203
【フローラ】997,776,146
【男の子】996,381,742
【女の子】997,193,379
【サンチョ】996,906,440
【ピピン】997,545,956
【ヘンリー】501,051,028
【デボラ】997,372,196

仲間モンスター

名前Lv経験値
【ベビーパンサー】2031,280
【キラーパンサー】996,398,808
【コロファイター】
【プチファイター】
【スライム】997,169,952
【ザイル】
【ドラキー】997,975,987
【ゴースト】
【ガップリン】2051,819
【エビルアップル】
【プリズニャン】997,933,725
【まほうつかい】997,169,952
【コロプリースト】
【コロマージ】
【プチプリースト】
【プチマージ】
【おばけキャンドル】30255,774
【ホイミスライム】999,101,948
【しびれくらげ】
【ダンスニードル】25777,170
【エンプーサ】
【スライムナイト】996,793,384
【さまようよろい】
【コロヒーロー】
【プチヒーロー】
【ブラウニー】997,226,045
【ばくだんベビー】1539,797
【おばけきのこ】
【メタルスライム】203,462,425
【くさったしたい】30196,698
【ドロヌーバ】
【イエティ】40617,946
【ドラゴンキッズ】30481,427
【おおねずみ】
【クックルー】20106,008
【ビックアイ】20122,297
【はぐれメタル】81,029,722
【ミステリドール】30518,392
【パペットマン】301,083,319
【キメラ】603,323,759
【ばくだんいわ】20507,861
【おどるほうせき】7105,328
【ベホマスライム】501,584,901
【キングスライム】30849,249
【ドラゴンマッド】401,747,141
【ほのおのせんし】
【ブリザードマン】
【ミニデーモン】30509,115
【メッサーラ】501,502,230
【オークキング】301,016,239
【ホークマン】
【アームライオン】30457,924
【ネーレウス】501,773,775
【エリミネーター】30989,061
【ゴーレム】501,557,027
【サターンヘルム】
【ケンタラウス】501,359,819
【スライムベホマズン】20501,140
【ソルジャーブル】301,316,774
【エビルマスター】
【メガザルロック】20620,054
【アンクルホーン】402,525,882
【ホークブリザード】25807,518
【シュプリンガー】501,834,534
【アークデーモン】998,114,511
【グレイトドラゴン】602,031,883
【キラーマシン】302,002,470
【ライオネック】23808,132
【ギガンテス】73,504,165
【ヘルバトラー】999,216,663
【プオーン】
【ターク】

DQ6 Edit

SFC版の仲間モンスターには、前作と同じくレベル99まで上がらない種がいる。
DS版の仲間スライムは、はぐれメタルの16を除いて全員レベル99まで上がる。
メイン

名前Lv経験値
【主人公】998,407,725
【ハッサン】998,486,384
【ミレーユ】999,091,929
【バーバラ】998,434,458
【チャモロ】999,473,441
【テリー】998,242,047
【アモス】999,046,223
【ドランゴ】997,992,438
【ルーキー】996,327,221

仲間モンスター(SFC版)

仲間スライム(リメイク版)

名前Lv経験値
【ピエール】997,491,422
【ホイミン】998,706,682
【キングス】999,171,111
【ぶちすけ】996,281,201
【ベホマン】998,689,116
【マリリン】999,271,834
【はぐりん】164,953,569

DQ7 Edit

前半で離脱するキーファも、やろうと思えばレベル99まで上げることは可能。ただし、メタル系が出ないことから相当の根気がいる。

名前Lv経験値
【主人公】998,407,720
【マリベル】998,315,342
【キーファ】998,191,271
【ガボ】999,556,116
【メルビン】9910,079,609
【アイラ】999,529,369

DQ8 Edit

必要経験値は前作よりも低めになったが、戦闘アニメーションのリアル化によって戦闘に時間がかかるようになったため、レベル99到達までの所要時間はむしろ長くなっている。
一方で3DS版では高速戦闘モードの導入、シンボルエンカウントへの変更(視点変更テクの活用)、対メタルに有効な技の増加などにより所要時間は大幅に短縮できる。
誰かがLv99になった直後に【戦歴】画面を開くとトロデにそれぞれ異なった称賛をされる。
_:3DS版追加

名前Lv経験値
【主人公】996,931,659
【ヤンガス】996,457,899
【ゼシカ】997,686,517
【ククール】997,044,450
【モリー】997,040,552
【ゲルダ】997,037,585

DQ9 Edit

各職業が初めてレベル99に達すると、それに応じた【称号】が与えられる(主人公のみ)。
またレベル99に達すれば【転生】によって再びレベル1に戻ることもできる。
このシステムがあることもあり、経験値テーブルも他のシリーズより低めに設定されている。
また、【大魔王の地図】のDQ歴代魔王にもレベルがあり、こちらも99まで上げることができる。

職業Lv経験値
【戦士】994,333,515
【武闘家】994,285,894
【僧侶】994,666,862
【魔法使い】994,762,105
【盗賊】994,428,757
【旅芸人】994,523,999
【バトルマスター】994,857,347
【パラディン】995,095,452
【魔法戦士】994,952,589
【賢者】995,238,315
【レンジャー】994,904,968
【スーパースター】995,190,694

DQ10 Edit

オンラインゲームで一般的な「レベルキャップ」の名称が使われる。
初期状態は50で、クエストをクリアすることで上昇する。システム上の上限はアップデートにより上昇しているためこちらでは割愛する。
詳しくはこちら。また必要経験値はこちらを参照。

DQ11 Edit

Lv99になるとキャラごとに称号が貰える。称号名は「最強の◯◯◯◯」。
下記の表を見てもらえば分かる通り、必要経験値は二人ずつ同じ、四通りになっている。
最初の仲間であるカミュと、離脱期間が中盤~一度目のクリア後と長期にわたるベロニカが最少。
一方でベロニカ離脱時にその能力を引き継ぐセーニャと、攻撃呪文と回復呪文の両方を使いこなすロウは、DQ3の【賢者】オマージュなのか必要経験値が最多となっている。
しかし、今作ではレベルが上がりやすくなっている為、最大レベルに達するまでそれほど苦労はしない。

名前Lv経験値
【勇者】996,851,601
【カミュ】996,509,023
【ベロニカ】996,509,023
【セーニャ】997,536,759
【シルビア】997,194,189
【ロウ】997,536,759
【マルティナ】997,194,189
【グレイグ】996,851,601

DQM・DQM2 Edit

モンスターごとに基本の最大レベルが設定されている。
【配合】により+値を上げると、最大レベルが基本レベル+(+値×2)まで上昇する。上限はレベル99。
最大レベルに達すると、レベルの横に★マークが付く。
経験値増加によるレベル上昇パターンは全部で32通り存在し、それぞれレベル99までの必要経験値は異なる。

GB版DQM1 Edit

基本レベルが最も低いのは【メタルスライム】のレベル20。
逆に最も高いのは【わたぼう】【エスターク】ミルドラース(変身)デスタムーア(最終)【ダークドレアム】ら5体のレベル80。
ただし、わたぼうを除いた????系は配合でしか手に入らないため、このレベルが上限となることはない。
最少の経験値(1,521,048)でレベル99になるのは【じんめんちょう】【キリキリバッタ】、わたぼうの3種。
逆に最多(7,198,692)を要求されるのは【ゴールデンスライム】、エスターク、ミルドラース(変身)、デスタムーア(最終)の4種となっている。

GB版DQM2、PS版 Edit

基本レベル最低は【じげんりゅう】で、わずかレベル9で限界を迎える。更にPS版では個体差があり、それより低いレベルになる場合がある(10以上にはならない)。
配合ができず+値も上げられないため上限レベルもここで頭打ちになってしまう。
逆に同じ隠しキャラである【かくれんぼう】【ラーミア】が基本レベル99と最も高くなっている。
また、最少経験値でレベル99に届くキャラにかくれんぼうが、最多にオルゴ・デミーラ(変身)が新たに加わっている。

DQMJ以降 Edit

通常(無配合時)の最大レベルは全モンスター一律で50。
配合回数などの条件を満たせば最大レベルが上がる仕様。最大で100まで上がるが、レベル100で「★」表示になる。
ちなみにDQMJ3Pでは【超生配合・改】をすることで、DQ史上初めて100を超え最大120まで上げる事が可能。
詳細は【配合(DQMJ以降)】を参照。

トルネコ Edit

最大レベルは37と非常に中途半端。
というのも必要経験値が非常に多く、37までで経験値が999,999のいっぱいになってしまうのだ。
FC版DQ4のトルネコはむしろ成長が早かったはずなのだが。
 
ちなみにモンスターも同士討ちをすればレベルアップするが、経験値テーブルはトルネコと同様。
モンスターから得られる経験値=そのモンスターが持っている経験値であり、それを元にレベルが計算される。
また、初期レベルに関わらずレベルが上がると攻撃力が1.5倍になる。
 
また、【トルネコの店】もお金でレベルアップしていく。最大で10。
こちらはゲーム中でレベルと明言されているわけではないが、例のMEが鳴るのは同じ。

トルネコ2 Edit

トルネコは99まで上がり、モンスターは9まで上がる。
モンスターは相手に関わらず、同士討ちあるいは神父を倒せばレベルが1上がるシステムに変わった。
トルネコは長旅をすれば自然と最大になり、バーサーカーも放っておくとすぐ最大になる。
 
GBA版では敵の経験値が下方修正、必要経験値が上方修正されたので、多少上がりにくくなっている。
また、冒険の達成度を示す【武器商人レベル】というものも存在し、これは11まで上がる。

トルネコ3 Edit

トルネコ・ポポロはレベル99まで上がり、9,990,000の経験値が必要。
人間の仲間ではイネスは98、ロサは20が最大。
イネスは普通にプレイしていれば最大レベルまで達することはまず無い。
 
モンスターは、DQ5と同じく種類ごとに99まで上がるタイプと上がらないタイプがある。
大半のモンスターはレベル99まで上がるが、成長タイプが【攻撃・特殊】であるものの多くや、成長タイプ【普通・早熟】【守備・特殊】のものの一部、ダンジョンで巨大モンスターとして出てくるモンスター(後述)はレベル10までに限界に達する。
計八種の成長タイプのいずれに属するかにより、レベルアップごとの必要経験値が異なるが、どの成長タイプでもレベル99にするのにはトルネコやポポロと同じく9,990,000の経験値が必要。
低レベル時のレベルアップが早い早熟タイプは、高レベルになってからの必要経験値を極端に引き上げることで帳尻を合わせている。
しかし、どんなに次レベルへの必要経験値が高くとも、しあわせの種の効果で踏み倒す事が可能なため、
低い経験値で高いレベルに育つ早熟タイプの方が結局レベルは上げやすい。
 
またPS2版では最大レベルに近いモンスターほど見た目が大きくなるようになっており、
そして「ダンジョンの深部にはレベルの高い巨大モンスターがいる」という演出の関係で、一部のモンスターは最大レベルが極端に低い。
それらは他と比べて成長率が高い訳でもないので、これらの巨大モンスターは仲間としてはほとんど使い物にならない。
ちなみに一番低いのは【タホドラキー】の3。これはDQシリーズ全体で見ても最も低い。あまりにも酷い。
GBA版では巨大化演出が無くなっているので、こうした(元)巨大モンスターの存在意義はますます薄くなっている。

少年ヤンガス Edit

ヤンガス自体はレベル99が限界。
モンスターはDQMシリーズに準じて、基本の最大レベルを配合で上げていく形。
上位種になるほど最大レベル基本値は高くなる(最大50)。





DQB2 Edit

レベルアップによって新しい装備が作れるようになるスタイルを取っており、最大レベルがシナリオ進行によって変わっていく。
ゲーム開始直後は経験値が入らずレベルを上げられないが、閉じた浜辺でのボス戦を終えるとレベルが上がり、レベル10まで上げられるようになる。以後、オッカムル島を訪れると20、ムーンブルク島を訪れると30、【破壊天体シドー】を訪れると35と上限がそれぞれ上がっていく。ゲームクリア後はレベル99まで解放されるため、最終的な最大レベルは99となる。

DQMB2~ Edit

全職上限はレベル99で、必要経験値は65,535。