Top > 【狼竜のよろい】


【狼竜のよろい】

Last-modified: 2019-11-30 (土) 09:38:06

DQ11S Edit

【主人公(DQ11)】の追加【おしゃれ装備】
 
守備+85・みりょく32
休みガード25%
炎、光軽減25%
うちなおし不可
 
世界に異変が起きた後の【人食い火竜】撃破後に【ホムラの里】にて一品限り15000Gで売られる。
赤を基調とした和の鎧で、マントは【ユグノアのよろい】【聖騎士のよろい】と比べるとやや短めとなっている。スタイル名は「狼竜使いスタイル」。
これを入手すると3Dモードの【ユグノア地方・入り江の島】ウルフドラゴン・強(過ぎ去りし時を求めた後は【レジェンドウルフ】)の【モンスター乗り物】に乗る事ができ、【月影のころも】等のアイテムが手に入れられる。 
 
過去作風の言い方をすればメラ・ギラ・イオ・炎ブレス耐性と、イオ系が炎属性扱いだったころの炎系特化防具のような構造をしている。
耐性がややピンポイントではあるが性能自体は悪くはなく、クリア前の主人公の体防具では2番目に守備力が高い。
問題は過ぎ去りし時を求めるまでで守備力が1番高い【はぐれメタルよろい】が同じ場所で店売りしている事であり、あちらが打ち直し可能な点も含めると耐久力では大きく差を付けられてしまう。
ただこの鎧の最大の利点は、はぐれメタルよろいの1/3以下の値段で買えるという圧倒的なコスパの良さである。
金策が豊富な今作といえども店売り防具で3万G以上も値段が違うとなれば、値段の安さを評価してこちらで妥協するという事も考えられるだろう。
あちらは最終的に【天空魔城】までいけば鍛冶なりレアドロップなりで入手する機会はいくらでもあるため、そこまでは十分に活躍してくれる。