【獣王会心撃】

Last-modified: 2022-05-20 (金) 21:47:13

ダイの大冒険

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】の作中で登場した特技。【クロコダイン】の必殺技で、闘気を片腕に集中して溜めを行い、竜巻のような闘気流を前方に放つ。これを食らった相手はその衝撃で吹き飛ぶか体をズタズタにされる。
 
クロコダインが魔王軍にいた頃は「獣王痛恨撃」と呼んでいたが、後にバルジ島での魔王軍総攻撃の際に救援に現れて炎魔塔を破壊した時にバダックの勧めでクロコダインが正義に目覚めた証として「獣王会心撃」とその名を改めた。
ゲームにおいて敵側が【痛恨の一撃】、味方側が【会心の一撃】となっていることを、うまく落とし込んだ表現といえる。
また、クロコダインが改心したことのダブルミーニングが含まれており、上手い命名である。
 
使い勝手はいいのだが、【ダイ】【バラン】の全力の竜闘気は突き破ることができず、【オリハルコン】の体をもつ【シグマ】には直撃しても動きを止めるだけでほとんどダメージを与えることができないなど、物語中盤あたりからは必殺技としては決定力不足が目立つようになった。
後にこれを二つ組み合わせた【獣王激烈掌】というより強力な必殺技を編み出すこととなる。
それ以降、単発でのこの技は出番がなかったが最終決戦で【ザボエラ】にトドメをさす快挙を遂げた。

星ドラ

本作ではダイの大冒険コラボガチャで入手できるクロコダインの武器たる【真空の斧】のメインスキルとして登場する。
最大威力550%、CT22秒のバギ属性全体攻撃で当然会心判定もあり、全体攻撃としては中々使い勝手はよい。
他、まものの呼び笛でクロコダインを呼び出した時にも使用する。
強化版の獣王激烈掌の方は後継武器の【獣王グレイトアックス】のメインスキルである。

DQウォーク

ダイの大冒険コラボイベント中に配布武器として登場する真空の斧で「獣王痛恨撃」として登場。
真空の斧をレベル30以上に強化すると使える。敵が使っても味方が使っても「痛恨撃」。
片腕に力を込め、単体に85%の確率でバギ属性の威力255%体技ダメージを与える。消費MPは30。
 
バギ系の攻撃としては、ガチャで手に入る武器を含める180%×2の「テンペストブロウ」などより強力なものもあるため、
それらと比べるとどうしても見劣りしてしまう。15%の確率でミスしてしまうのもマイナス。
しかし、それらを入手していない場合には活躍が見込める。
真空の斧を限界突破させればこれのダメージを引き上げる事ができ、突き詰めれば300%を超えられる。
命中率の問題も【きあいため】を使うことで解消でき、なおかつ威力が上昇可能。

魂の絆

原作通りクロコダインの奥義として登場。真空の斧をガチャで引き当てると修得できる。
の基本的な攻撃属性やスキルが斬属性なのに対し、獣王会心撃は打属性なので、原作通りに武器と必殺技が噛み合っていない……。
とはいえクロコダイン(真空の斧装備)自身に打属性ダメージアップの特性があるので、ある程度の威力は期待できる。また実装時点では打属性の攻撃が【絆の勇者】の【シールド・アタック】しかなかったので、武闘家マァムが実装されるまでは貴重な打属性攻撃だった。
なおハーフアニバーサリー関連の投票企画により、真空の斧と獣王会心撃の書×5が全プレイヤーに配布されているため、それまでに始めているプレイヤーのクロコダインは獣王会心撃を修得できている。
 
名前通りに会心発生率が高く、攻撃範囲もある程度広いので、メタル狩りに便利な奥義となっている。

余談

DQHでは【ディルク】が、これとネーミングが酷似する必殺技【国王会心撃】を使う。
旧アニメ版ダイ大のクロコダインと、ディルクの声優が共に銀河万丈であるという、ドラクエシリーズでは実質初である『声優ネタ』である。
また、スクエニのRPG「ブレイブリーセカンド」でも「竜王会心撃」「竜王痛恨撃」という技が登場しており、こちらも獣王会心撃のパロディと思われる(しかも、竜王会心撃と竜王痛恨撃は全く同じ性能であるが、味方が使うときは会心撃、敵が使うときは痛恨撃と表記が変わる)。