Top > 【移民システム】


【移民システム】

Last-modified: 2019-05-02 (木) 12:47:16

概要 Edit

DQ7で初登場し、その後リメイク版DQ4にも継承されたシステム兼サブイベント。
世界各地に存在する「移民希望者」と呼ばれる【NPC】を集めることで、スタート当初は何もない更地を「移民の町」として発展させる。
DQ3にはシナリオを進めるに従って発展していく【○○○○バーク】があるが、移民システムはこれをアレンジしておまけ要素として登場させたものといえる。
 
移民希望者は世界の各所に出現し、話しかけて「移民の町」の存在を教えることで移民させることが出来る。
人口が多くなるごとに町は大きくなり、最終的には世界屈指の巨大な都市へと発展していくことになる。

発展システム Edit

据置機(PS)と携帯ゲーム機(DS・3DS)とで発展システムが異なっている。
スマホ版は両作品とも携帯ゲーム機版からすれちがい通信機能を除いたものとなっている。

据置機 Edit

オーナーに話しかけた後、世界各地に移民希望者が現れるようになる。
移民は出現ポイントが決まっており、主に各【町】【村】【宿屋】【教会】に設定されているが、【ダンジョン】【ほこら】に現れることもある。
これらの場所に入ったときにランダムで現れるので、移民集めの際は何度も出たり入ったりする事になる。
入ってすぐに移民が出ていると解りやすい場所がやりやすい。
DQ7では【フリーズ】が起こりやすいので、一人移民させたらセーブするようにすると良い。
一度移民が出ると、別の場所に5人以上移民が出現するかリセットしないとその場所には出なくなる。
一部、特定の場所に必ずいる固定移民も存在する。
 
どのような【職業】の移民を集めるかで町の発展方向が異なる。
特定の職業の移民を集めれば、場合によっては一般的な町とはかけ離れた町に発展させることも出来る。

携帯機 Edit

手軽にプレイ出来ることが求められる携帯ゲームとあって、内容がかなり簡略化された。
移民はランダムに現れず、1人移民させるごとに「移民のいる場所のヒント」が提示され、それを元に次の移民を探す、軽い推理イベントとなっている。
加えて通信機能で他のプレイヤーの移民をもらうこともできる。
町の発展パターンは1通りのみ。

DQ4(リメイク版) Edit

二章で【砂漠のバザー】が開かれていた場所は、五章になるとFC版では何も無いが、リメイク版においてはそこが移民の町となる。
 
町の主になるのは、FC版からの登場人物である【ホフマン】
彼を【ミントス】のヒルタン老人の下へ送り届け、暫く冒険を進めると、「【ヒルタン】から教わったことを生かし、世界一の商人の町を作りたい」という野望を秘めて、移民集めを依頼する。

PS版 Edit

PS版DQ7と同様に移民が決まった出現ポイントにランダムで現れ、それを集めていく形。
移民の町の人数が38人に達すると、出現した移民に話しかけても、町に送ることができなくなる。

形態 Edit

町の形態はLv0(初期状態)からLv8(最終形態)まである。

形態人数町の様子
Lv00初期状態
Lv11~5北西に小屋
Lv26~9店出現(売り物なし)
Lv310~14北東に民家
Lv415~19宿屋ができる
Lv520~24池の北に建物
Lv625~29教会の建物、中央に広場
Lv730~34西側に大きな建物、地下迷宮完成
Lv835~393つの建物が結ばれる

町がLv2以上になると町に自分の好きな名前をつけることが可能。ただしルーラの表記は「移民の町」となる。
町の隣にはホフマンの家ができ、DQ7のシムの家同様、日記を読んだり、今いる移民を追い出したりすることができる。
今回は移民を減らしてもLv6以下には下がらないので、やはり【ちいさなメダル】などの取り逃しには注意。
また、移民が10人以下になるとそれ以上は追い出せなくなる。
 
特殊形態には、DQ7と同じ【プレミアムバザー】【グランドスラム】【グレイトファーム】【大聖堂】に加え、【レディースタウン】【キングキャッスル】【ミステリータワー】が新たに加わった。

形態条件異種族合計数
プレミアムバザー商人+旅の商人 計16人以上14人以下
大聖堂神父+シスター 計17人以上11人以下
グレイトファーム農夫 7人以上 &
ホビットおじさん+牛+馬+ブタ 計8人以上
15人以下
キングキャッスル王様 5人以上 OR
(王様 3人以上 & 兵士 8人以上)OR
王様+姫 計7人以上
20人以下
グランドスラムあらくれ+囚人+バニー+踊り子+船乗り 計19人以上
ミステリータワー-30人以上
レディースタウン女性(エルフ、天空人女含む) 30人以上

これらの特殊形態には優先順位があり、同時に条件を満たした場合は優先順位が高い方ができる。
例えば、プレミアムバザーとグレイトファームを同時に満たすと、プレミアムバザーが優先される。
作りたい形態ではない方が優先されてしまう場合は、そちらの条件移民を減らすしかない。
当然だが、通常形態の優先順位は最も低い。
 
序盤から比較的狙いやすいのはレディースタウンで、次いでグランドスラムとキングキャッスル・大聖堂の3つ。
グレイトファーム・プレミアムバザー・ミステリータワーの3つは【マスタードラゴン】謁見後でないと必要な移民が足りず、序盤には作れない。
また、終盤になると、出現する移民の種類が増えるため、序盤に作りやすかったレディースタウンやグランドスラムがやや作りにくくなる。
すべての特殊形態を見るつもりなら、レディースタウンを最初に作り、次いでグランドスラムとキングキャッスルの2つをマスタードラゴン謁見前に作ってしまった方がよい。
 
特殊形態を入れ換えるコツとしては、女性の移民を意識して多く集めておくといい。
例えば【バニー】【踊り子】はグランドスラム、【姫】はキングキャッスル、【シスター】は大聖堂、【天空人女】【エルフ】はミステリータワーに必要な人材だが、それら全てレディースタウン要員としても機能する。
つまりそれらの人材を集めて最初にレディースタウンを作っておくことで、他の形態への足掛かりになるのだ。
逆にグレイトファーム・プレミアムバザーは流用が利かないため、後回しにしておいた方がいい。
 
書籍【ドラゴンクエストⅣのあるきかた】では、町の全形態を最小限で作るアドバイスが載っているが、このコーナーは謁見後に移民が追加された状況しか考慮していないことに注意。
それどころか「姫を6人集める」など現実的には不可能な手順まで含まれている(姫の移民は4人しかいない)。
 
ボリュームが増えた上に、PS版DQ4にはPS版DQ7であったメモリーカードでの移民交換がない。そのため独力で全移民を集めなければならない。
特殊形態の条件が緩くなっているのが救いだが、全ての形態を見ようと思うとかなりの時間が必要になる。
 
ちなみにアイテムコンプリート面から考えると、グレイトファーム・大聖堂・ミステリータワーの3つは「そこでしか入手できないアイテム」というのが特に存在せず、これといった便利な施設も無いため、面倒ならこれらの町はスルーしても問題ない。
一応宝箱などはあるので、作れるなら作って困ることはないが。
 
またグレイトファームには【魔法の杖をもとめて】の最終巻があったり、各形態ごとに仲間たちの固有の台詞があったりするので、PS版DQ4という作品を余す所なく全て楽しみたいならば全形態を作る価値は充分にある。
大勢の移民たち一人一人の台詞や仲間たちのリアクションなど、移民システム絡みのテキストはプレイ時間が100時間を超えても読みきれないほど膨大に用意されており、DQシリーズ全体を通しても1本のゲーム内のテキスト量としては恐らく歴代トップクラス。
移民集めそのものを楽しめるプレイヤーならば是非挑戦してみてほしい。

移民について Edit

移民の人数はDQ7から飛躍的に増え、300人を優に超えている。【魔物】【エルフ】【天空人】など人間じゃない特殊移民も多数登場する。
 
全移民のうちの半数ほどは、終盤のマスタードラゴンとの謁見イベントを終えるまで出てこない。特に特殊移民は大半がマスタードラゴン謁見後となる。
移民出現ポイントにもいくつかの法則が存在し、移民の人数が一定数以上になると、まったく出てこなくなるポイントや、特殊移民が出やすいポイントなどが存在する。
また、何かしらのバグで全く出てこなくなる場合もあるようだ。多くのプレイヤーが法則の解明に挑んでいるが、今だ完全な解答は見つかっていない。
 

移民出現ポイント

DQ7から大きく進化したのが「移民にドラマがある」こと。
単なるモブキャラだったDQ7の移民に対し、DQ4ではある男を移民させると、男に恋焦がれる女が出現して愛憎劇に発展したり、仲の悪い人物が移民してくると別の人物が勝手に街を出て行ったりと、特定の移民の組み合わせで様々なイベントが起こる。
また、これらの派生移民は条件を満たすと出現する確率が非常に高くなる。
 
冒険の端々で出会ったサブキャラクターが、移民として再登場するのも大きなポイント。

など、多くの懐かしい人々が街にやってくる。
しかもFC版では謎のままだったホフマンの旧友【ローエル】まで現れる。
【謎のダンジョン】を完全クリアすると、【グランピサロ】なる謎の人物が移民する。
 
出現条件として特定のPCをバトルメンバーに出して移民出現ポイントに連れて行くと出現する場合がある(逆にバトルメンバーにいない場合に登場する移民もいる)。
ただし、派生移民や出現条件のある移民は優先的に出てくることが多いので、特定の移民を出したい場合にこの手の移民が障害になる場合が多い。
マーニャがいることが出現条件になっている移民はいないので、これらの移民を避けたければ、マーニャ1人だけで移民探しをするのがベスト。
ただし「女性(誰でもいい)が先頭」という条件の移民もいるが。
 
芋づる式に必要な移民が増える場合もあるが、ほとんどは別の形態の条件となっているため、最初の条件となる人物を登録するかどうかはよく考えたい。
誰かについてくるキャラは目的のキャラを追い出さない限り、「出ていきたい移民リスト」に載らない場合が多いようだ。
さらに、特定の移民に付属して勝手に移民してくるタイプのキャラもいる。これらのキャラは、やはり付属する相手を追い出さない限り、「出ていきたい移民リスト」には載らないばかりか、相手がいなくなると勝手に出て行ってしまう場合もある。
このタイプの移民は、他の移民の出現を妨げたりはしないが、人数にはカウントされるため、上限の38人に達すると他の移民を呼べなくなるので注意。
逆に38人目に「誰かが付属してくる移民」を勧誘すると、上限を超えた人口39人の移民の町を作ることができる。
またグランピサロは上限に達していても移民させることが可能なので、これも加えた40人が移民の町の最大人口(移民以外の住民を含まず)となる。
 

条件付き移民一覧

DS版 Edit

前述のように、ヒントを元に次の移民を探して人口を増やしていく方式。
1人移民させるごとに、町には数人単位で人口が増えていき、わずか数回のスカウトで最終形態に達する。
 
また、DSの【すれちがい通信】機能を活かして「すれちがい大使システム」が導入された。
キャラのグラフィックや名前、メッセージなどを自分で考えて「すれ違い大使」を設定しておくと、街中で同じくDS版DQ4をすれちがい状態で待機されている人とすれちがい通信が発生し、互いの移民の町に大使が移民する。
愉快なメッセージの大使がやってくると楽しい。
やりこみ要素だったPSでの移民に対し、DS版の移民システムはファン同士のコミュニケーションシステムと言える。
【ジャンプフェスタ】2008(07年末開催)では、DQ6の【ハッサン】、DQSの【セティア】が大使として配信された。
 
町の発展は、初期段階、【ガーデンブルグ】【さいごのカギ】を入手後解禁される第2段階、【気球】を入手する事で解禁される第3段階、【天空城】到達で解禁される第4段階、【第六章】で解禁される最終形態の計5段階。
第2段階になるとPS版同様に町の名前を付けられ(ルーラの表記もその名前になる)、ホフマンの家も建つ。
特殊形態は廃止され、どんな移民を集めようと最終形態は一つだけである。
町の発展にはすれちがい移民の人数も関連しており、固定の移民とどちらか一方の規定人数を満たすことで発展する。すれちがい移民の方が必要な人数が多い。
 
最終形態のベースはPS版のキングキャッスルだが、キングキャッスルでの目玉である【はかいのてっきゅう】【きせきのつるぎ】やレディースタウンの目玉商品【てんしのレオタード】等の商品が並び、地下には【カジノ】が存在するなど、様々な特殊形態の要素が入っている。
ただしプレミアムバザーからは、多くのプレイヤーが欲しがる【メガザルのうでわ】ではなく【メガンテのうでわ】が出ていたり、カジノは景品こそグランドスラムと同じだが、【ポーカー】のダブルアップが4枚選択方式になったため、稼ぎでは【エンドール】【闘技場】で行った方が効率的だったりするなど、全ての特殊形態のいいとこどり、とまでは言えない。
メガザルのうでわは町レベル4限定で売られているのでタイミングを逃さない様にしよう。
 
住民の中には【ゆきのふ】【ドン・モハメ】【エド】など、主に【ロトシリーズ】と同名のキャラが多く登場するが、FC版等のみに出ていたキャラとリメイク版限定のキャラが混在している。
また最終形態では壷と宝箱から肉体と魂をそれぞれ解放することで、【レオン】という伝説の王が蘇るイベントがある。
 
町レベルの上昇はすれちがい大使を一定数移民させればストーリー進行を問わず可能で、可能ならば強力な装備品を早期に入手可能だが、現在は極めて困難。
手間を厭わないのなら本体とソフトをもう一つ用意し、すれちがい用の捨てデータを使ったセルフすれちがいも手だが、五章中盤まで進めなければならないので相当手間がかかる。
 
なお、段階ごと・特殊形態ごとに仲間の台詞が用意されていたPS版に対して、DS版以降ではストーリーにはまったく関与しないからなのか仲間達は全員ノーコメントを貫く。
だだっ広い更地だろうが、迎賓館が建とうが、立派なお城に大改装されようが、レオンが復活しようが、一貫して「…。」と一言も発しない。
最終形態ではカジノ場もオープンするが、あのマーニャでさえ、大好きなカジノにいると言うのに「…。」、エンドールのカジノではあれだけ愚痴っていたミネアもここでは終始ノーコメントである。

スマホ版 Edit

町の発展パターンや構造・人物はDS版と同じだが、すれちがい大使のシステムが削除され、代わりに集めなければならないキャラの数が増加している。
また、各段階の解禁時期が早くなり、クリア前でも最終段階にすることができるようになった。
細かいところでは、FC版の【838861枚】技に言及したセリフが修正されている。

DQ7 Edit

【過去の世界】における【ダイアラック】のイベントを終えた後、【現代の世界】でかつてダイアラックがあった場所に行くと、そこが移民の町となる。
なおそこには次の【オルフィー地方】に行くための【ふしぎな石版緑】も落ちているので、一度は必ず寄る必要がある。
 
最終形態になると、【更なる異世界】に行くための【ふしぎな石版?】が手に入る(【さいごのカギ】が必要。PS版は近くに【パンドラボックス】も紛れているので注意)。
完全クリアをしたいなら、移民の町を育てることは不可欠である。
さらなる異世界をクリアすると、移民の町にはとうとう【神さま】が移住する。
話しかけると勿論戦える。ちなみにその時の背景はなぞの異世界の背景のままである。
 
小説版では「クレモニア」と名付けられる。恐らくダイアラックで出会った【クレマン】が命名の由来だろう。

PS版 Edit

石柱の前に【シム】という老人が一人で立っている。
彼は更地となったダイアラックの跡地に「世界一の町を作りたい」という野望を抱き、【主人公】に住人集めを依頼。
以降、各地にランダムに現れた住民を集めていくが、移民出現ポイント以外にも固定移民が存在する。
また、PSのメモリーカードによって、別のデータと移民を交換することも出来る。
某ゲーム誌ではセーブデータ入りのメモリーカードを編集部に送り、他のプレイヤーと移民を交換するという企画もあったが、郵送して移民交換して自宅に戻るまで2か月以上を要したため、その頃にはゲームをクリアしている事も珍しくない、というオチだった。
 
町の形態はLv1(初期状態)からLv8(最終形態)までの8段階ある。

形態人数町の様子
Lv10~4初期状態。何もない
Lv25~9テント1つ
Lv310~14家が建つ
Lv415~19民家が増加、店も開設
Lv520~24宿屋・武器屋完成、教会工事中
Lv625~29武器屋防具屋分離、教会完成
Lv730~34水路完成、大きな建物出現
Lv835~40最終形態。塔が建つ

ただし最初は27人までしか移民を集めることができず、Lv7以降になるのはラスダン出現後から。
Lv2以上になると町に名前を付けることができる(かな8文字以内)。
また、町の隣に【シムじいさんの家】ができ、移民の町の管理ができる。
ここではメモリーカードを使った移民の交換や、今いる移民を追い出したりすることができる(追い出す際に「出て行きたい人」リストに候補として表示されるキャラはランダムに選ばれる)。
移民を減らすと町のレベルも下がっていくが、24人以下にはならない。このためちいさなメダルなどの取り逃しには注意。
最終形態になると、通常の町の他、集めた移民の構成が一定の条件を満たすことによって【プレミアムバザー】【グランドスラム】【グレイトファーム】【大聖堂】のいずれかの特殊形態に発展し、それぞれで貴重なアイテムが手に入る。

形態条件
プレミアムバザー商人+旅の商人 計21人以上
グランドスラムあらくれ 8人以上 &
バニー+踊り子+バーテン 計10人以上 &
囚人+船員 計6人以上
大聖堂神父+シスター 計20人以上
グレイトファーム農夫 13人以上 &
ホビットおじさん+馬+豚+牛 計10人以上

どんな形態になっても、ダイアラックのシンボルだった巨大な石柱は残り、そのまま移民の町のシンボルとなる。
 
移民の数は固定移民含め、178人。
開始当初こそ順調に人が集まっていくが、人が増えていくにつれ、新しい移民を探すことがどんどん難しくなっていく。特に33人を超えると殆ど出現しなくなってしまう。
まして特殊な町を作ろうと思ったら、条件になる職業の移民を探すため、世界中の移民ポイントを延々と回ることになる。
移民集めに数時間、十数時間費やした人も少なからずいるだろう。
特殊形態を狙いたいなら一人目の移民から厳選することも考えておいたほうがいい。
 
正攻法で移民を集めるよりは、前述のメモリーカードによる交換を使った方が圧倒的に早いのでこちらの方法がお勧め。
友達から別のデータをもらうか、それが無理なら自分で新しくデータを作ろう。
同じ移民は1データから一人までしか移民できないが、データをコピーすれば同じ移民をもらうことが可能。
これを利用すれば手軽に特殊な町を作れるが、町中を同じ名前のクローン人間が闊歩する気持ち悪い風景になるので注意。
詳細は【移民増殖】を参照。

移民出現ポイント

PS版の固定移民 Edit

固定移民とは100%出現する少し特殊な移民達の事。
普通の移民は勧誘せずにマップを移動するといなくなってしまうが、彼らは勧誘しない限り常にその場所に居続ける(期間限定の者を除く)。
また一度勧誘すると移民交換以外で町から出て行くこともない。
特殊形態の条件になっている者が多いため確実に勧誘できるというのはありがたいが、形態を変更する際には「追い出せない」という点でちょっと邪魔になることも。
しばらくは放置しておいて、特殊形態が必要になったら必要な者を一人ずつ勧誘するのがいいだろう。
 

固定移民一覧

3DS版 Edit

移民の町の主がシム爺さんから【ティア】という少女に変更。
彼女の目的は「元モンスターだった人間が安心して暮らせる町を作りたい」というものであり、移民は全員が「元モンスター」という設定である。
 
今回は新要素である【すれちがい石版】との関連が深くなっており、DQ7のもうひとつの発展型おまけ要素である【モンスターパーク】ともリンクした形になっている。
移民の町の地下にはすれちがい石版用の「変わった形の台座」ができ、移民からもらった石版や自力で作った石版、通信機能でもらった石版を台座にはめることで、石版ダンジョンに挑戦できる。
地下にはモンスターパークに通じる【旅の扉】もでき、【ルーメン地方】出現前でも行き来が可能。
 
町は、DS版以降のDQ4と同様、ヒントに従って特定の場所にいる移民(固定移民)を順々に集めて行けば最終形態に達する簡単仕様。
移民させて話しかけるとキャラごとに決まった石版が貰え、次の移民のヒントが得られる。
 
今回もDS版DQ4同様にすれちがい通信によって移民の獲得ができるほか、新たにインターネット経由での受信もできるようになった。
ただし今作の通信でやりとりするメインのものはあくまですれちがい石版であり、移民はそれに付随するような形である(DQ9の【宝の地図】とは主従関係が逆になっている)。
移民キャラが伴ってくるのは受け渡しするモノが自作石版の場合に限られており、【スライムだらけの森】などの固定移民の石版の場合はキャラを伴わない。
すれちがい通信の設定やすれちがいで受信されたデータの受け取りは、移民の町ではなくモンスターパークで行い、インターネットでの交換(1日1回まで)とダウンロードは移民の町にできる【インターネット酒場】で行う。
自作石版を上記の通信機能で配布する際には、通信前にプロフィール(出身地やフリーメッセージなど)、さらにその石版リーダーを相手世界に送る際の人間(または動物)の姿を設定する。
ただし主人公のレベルが高くなっていれば、モンスターの姿そのままで送ることもできる。
そして通信を行い自作石版を受信すると、相手のリーダーのモンスターが、設定された姿で移民の町に現れる。
また、公式配信のトクベツな石版をDLした場合も、決まったキャラが町に現れる。
 
今作の移民の町はすれちがい石版に特化していて、すれちがい石版の基幹基地として他の作品よりも遥かに移民の町の利用機会が多い。
従来と違って町に名前を付けることはできず、名称はずっと「移民の町」のまま(英語版ではThe Haven)。
シムの家のような管理施設も無いため、ティアはずっと町の入口付近にいる。
町の形態は初期状態を含めて4段階のみで、特殊形態はなし。
インターネット酒場やすれちがい通信で移民集めや入れ替えがPS版よりも遥かに容易になっている事を考えると、特殊形態が無くなったのは非常に残念といえる。
 
町の構造は高台や地下通路などにダイアラック時代の面影が残るものとなっている。
前述のインターネット酒場のほか、最終形態になると【福引き所】やカジノもできる。
しかし、ショップや【宿屋】は出来ず、PS版やDQ4と比べると田舎臭い雰囲気が否めない。
石版で何度も戦うことになるのに宿屋がないのは地味ながらもかなり不便だが、セーブに関してはインターネット酒場での接続前の強制セーブを教会代わりに使ってセーブすることは可能。
なお中央の石柱の中に入ると、カメラ角度が若干ずれて斜めになるというバグ(?)がある。
 
また、最終段階になると迎賓館が建てられる。
住民をどんどん増やしていくとやがてオーバしてしまい、古い住民から順に町を出て行ってしまうが、ここに招待した移民はオーバーしても出ていくことはない。
迎賓館自体はすれちがった人数が増えるにしたがって増築されていく。
 
リメイク版DQ7では、町の発展の条件としてカウントされる移民の人数としては、固定移民と通信でやってきた移民とが区別されていない。
つまり、固定移民だけを集める場合は固定移民の出現がシナリオ進行によって制限されているため町の発展も必然的にシナリオの進行度合いを超えないようになるのだが、通信で移民を増やせばシナリオの進行度合いを無視して町を発展させる事が可能。
すなわち、序盤からカジノおよび【ラッキーパネル】で稼ぐことが可能になる。
序盤のゲームバランスを崩壊させてもよければどうぞ。
ただし序盤から通信で移民を集める場合、こちらはまだ自作石版を作れない段階であるため、貰った石版しか渡すことができない。
つまり、こちらから移民を送ることはできず、一方的に他人の移民を受け取って町を発展させることになる。
もし良心のあるプレイヤーであるなら、発展を終えたら今度は自作石版とともに自分のキャラクターを他人に送って "お返し" をしておくのが礼儀である。

スマホ版 Edit

すれちがい通信がないこと以外は基本的に3DS版と同じで、インターネット酒場での交換は可能。
交換は3時間に1回できるようになり、モバイルデータの通信でも交換ができるため、より手軽に移民を集められるようになった。