【BGM変更技】

Last-modified: 2020-09-20 (日) 07:06:25

概要

特定の条件下で、BGM指定がおかしくなるバグ。

DQ1・DQ3・DQ4(FC版)

通常戦闘時のBGM以外が使われる戦闘で、MEを流すなどして戦闘曲を中断させると、曲が再開する時に元の曲ではなく通常戦闘時のBGMに変わるという現象が起こる。
DQ1・DQ3ではラスボス戦で【ようせいのふえ】【ぎんのたてごと】といった楽器を鳴らしたときに発生する。緊張感が台無しである。
DQ4では【エスターク】【デスピサロ】戦では発生しないようになったが、【マーニャ】【ミネア】を前に出して戦闘BGMに【ジプシー・ダンス】が流れている時にトルネコの【こもりうた】が発動した時と【パルプンテ】で時間が止まったときに発生する。

DQ4(PS版以降)

デスピサロ、あるいは【エビルプリースト】戦で【悪の化身】が流れる段階まで行った状態で【ときのすな】を使うと悪の化身が流れたまま第一形態に戻る。

DQ5(SFC版)

青年時代後半【ルラフェン】【ベネット】じいさんの家のBGMが【さびれた村】に変わった後、じいさんの家に素早く出入りすると町中のBGMがさびれた村に変わってしまう。

DQ8(3DS版)

【サザンビーク】城の地下宝物庫で中断セーブ&中断をし、再開する。
すると、なぜか再開したときにBGMが無音になる。
そして【ルーラ】で(どこでもいいので)飛ぶと、なんとそこがどこであろうと城のBGMである【城の威容】【王宮のガヴォット】になってしまう。
この技を使えば、ダンジョンはもちろん、あの暗い雰囲気の【トロデーン城】【闇の遺跡】【暗黒魔城都市】でさえ清々しい気分になってくる。なお、戦闘時の曲は変わらないが暗黒魔城都市の連戦(【暗黒の使い】【シャークマジュ】)は王宮のガヴォットになる。イベントの時のBGMも変化する。更に、エンディング中もスタッフロール中もずっと王宮のガヴォットである。
特に、この状態にしての【ドルマゲス】戦前後の会話がネタ会話と化すBGMの凄さが身に染みる(?)技である。
ちなみにこの状態でダンジョンに入り、【リレミト】で脱出すると本来のBGMになる。

DQ11(PS4版)

過ぎ去りし時を求めた後の【プチャラオパレード】中に他の町にルーラすると、どこに行ってもBGMが【オーレ!シルビア!】になってしまう。
パレード中に【キャンプ】でセーブしてから再起動した場合も、再開時にパレードがいなくなっており同様のバグが発生する。
曲が曲だけに3DS版DQ8のものより強烈であり、おどろおどろしい雰囲気の奈落の冥城ですらテーマパークのような雰囲気になる。
イベントや【ケトス】を呼び出すムービーの時は一時的に本来のBGMに戻る。また、教会に入ったりした場合も一時的に直るが、他の場所に行く(一旦キャンプに入って出る等)とバグが再発する。再起動しても直らない。
この状態でもう一度【ボンサック】に話しかけてパレードを行い、村に戻るかエリア外に出ると「パレードは村に帰って行った」と表示されてバグが完全に直る。
 
3DS版ではパレード中はルーラを唱えても不思議な力でかき消されるようになっている為、このバグ技は出来ない。