Top > 【Love Song 探して】


【Love Song 探して】

Last-modified: 2019-07-22 (月) 20:50:49

概要 Edit

DQ2で使われる楽曲の1つ。復活の呪文入力時や冒険の書の画面の曲。
 
構成=A:17小節、B:8小節、C:12小節、D:11小節
調=A:ト長調(G)、B・C:ト短調(Gm)、D:ト長調(G)
BPM=152(SFC版)
拍子=4/4
 
ドラクエらしからぬ曲名を持つ。DQ2を象徴するようなポップな曲。
【東京弦楽合奏団】版では8小節のイントロ、9小節のエンディングもあり、サクソフォンやエレキギター、ドラムセットなどが使われて、まさに昭和時代のポップスそのものである。
また、上記構成はSFC版のものだが、Dの部分は機種や演奏団体によって長さに違いがあり、FC版では13小節、東京弦楽合奏団版では1周目が15小節、2周目が9小節。オーケストラ版はSFCと同じく11小節である。
 
FC版DQ2発売当時、アイドル歌手【牧野アンナ】が歌ったイメージソングがレコードやカセットテープとしてリリースされた。作詞は三浦徳子。
ポニーキャニオンから発売されており、当時の風潮を感じる曲になっている。
2018年にSOLID RECORDSからレコード盤が復刻されている。
 
オーケストラ版やSFC版では、【間奏曲】と同様に弦楽器のピチカートで演奏され、可愛らしい曲になっている。
 
曲としての人気は高く、DQ5発売後の【ドラゴンクエストマスターズクラブ】の、「シリーズ中で好きな音楽は?」という人気投票では、見事5位を獲得している。

DQ2 Edit

【名前】【復活の呪文】の入力時(リメイク版は【冒険の書】メニュー)に流れる曲。
また、『ドラゴンクエストI・II・III』では、「資料をみる」モードのBGMにもなっている。
 
FC版では前述のボーカルバージョンをベースにしたアレンジにしていると思われる。
MSX/MSX2版ではより歌唱をイメージしたアレンジが加えられた。
また、【アンナ】本人が【ペルポイ】の歌姫として登場し、話しかけるとこの曲を歌い始めるため、ペルポイの町を出るか【やまびこのふえ】を使うまでBGMがこの曲に変わる。
リメイク版ではこの演出が一切なくなってしまった。
このような味のある演出が他にも幾つか省略されている。
 
FC版では復活の呪文が最大52文字もあったため、呪文を間違えて入力したり、復活の呪文のメモの字が判別しづらかったり、そもそもメモの方が間違っていたりと、当時はすんなりと復活できないことが非常に多かった。
【じゅもんが ちがいます】と言われ苦労して修正点を探している間も、この曲は延々と流れ続ける。
この結果、この曲に重大なトラウマを負ってしまったプレイヤーも多い。
しかし、この曲だったからこそ少しは気が紛れた、救われたというプレーヤーもいたのではないだろうか?
色々な意味で、オリジナル版をプレイした人にとっては印象深い曲である。

DQ10 Edit

バージョンアップの際などに流れる。
詳しくはこちらを参照。

剣神 Edit

ステージやミニゲーム等の遊ぶモードを選択したり、名前や復活の呪文を入力したりする画面で使われている。

DQMB2・DQMB2L Edit

冒険の書メニュー画面でFC音源で使用されていた。

いたストSP、ポータブル Edit

メニュー画面でオーケストラ音源が使用されている。

DQH Edit

「マニュアル」の項目を開くと流れる。まあ普段はあまり開くことはないが……。

シアトリズムDQ Edit

難易度ふつう難しい激ムズ
総トリガー112209250

FMS。本曲以外の楽曲(DLCを除く)全てをプレイすると解放される。
 
また、初回特典(ダウンロード版は早期購入特典)の3DS【テーマ】「ドラゴンクエスト音楽隊」のBGMとしても流れる。

DQB2 Edit

タイトル直後のメニュー画面で流れる。
DQ2オマージュとしても妥当な選曲であろう。

ダイの大冒険(アニメ) Edit

番組の開始前と終了後のスポンサー紹介時の提供クレジットと、ベンガーナでデパートに馬車で向かうシーンで流れる。

その他 Edit

かつてはプロ野球・千葉ロッテマリーンズの応援歌として使われていたこともある。
歌詞「俺たちの誇り千葉マリンズ。どんな時も俺たちがついてるぜ。突っ走れ、勝利のために。さぁ行こうぜ、千葉マリンズ。ララララララ」
これに限らず、ロッテの応援歌は一風変わった歌の替え歌が多い。

関連楽曲 Edit