【いなずまぎり】 の変更点

#contents
*概要 [#iab36043]
DQ6にて登場し、DQ7~DQ9、モンスターズシリーズにも存在する特技。
刃先から強烈な稲妻を発生させて、モンスター1体に斬りかかる。
本編ではイオ系に弱い敵に通常攻撃の1.3倍のダメージを与える剣技。
 
魔法剣系特技の一種であり、他には[[【かえんぎり】]]、[[【しんくうぎり】]]、[[【マヒャドぎり】]]が存在する。

**登場時は『イオ系』だった理由 [#q3e6c2d5]
本編シリーズでは、[[【デイン系】]]の呪文は基本的に勇者の呪文として扱われてきたため、呪文そのものの性能だけでなく、敵の耐性もデイン系にとって有利に働くように設定されてることが多い。
魔法剣が登場したDQ6でもとりわけその傾向は顕著で、デイン系に耐性を持っている魔物はかなり少なくなっている。
仮に「いなずまぎり」をデイン系にしてしまった場合、大半の敵に有効になってしまい、他の魔法剣を使う必要がほとんど無くなってしまうという事態になりかねない状態だった(そもそも魔法剣自体使われることは少ないが、それに輪をかけて他の三つが不遇になってしまう)。
特技の[[【いなずま】]]が同様にイオ系なのも理由は同じであろうが、あまりにも紛らわしく、特技名をもう少し考えた方が良かったのではないだろうか。
 
ちなみに、メラ、ギラ、イオ、バギ、ヒャド系はほとんど横並びだが、後半になるとメラ系だけ耐性持ちが少なくなる。
[[【かえんぎり】]]の属性がメラ系ではなくギラ系なのも、四種の魔法剣の「価値」を均等にするための措置なのだろう。
 
DQ6でデイン系に属している呪文・特技などは、[[【ライデイン】]]、[[【ギガデイン】]]、[[【ミナデイン】]]、[[【ギガスラッシュ】]]、[[【ジゴスパーク】]]、[[【デュランに教えてもらった遊び】>遊び一覧1]]、[[【ラミアスの剣】>【ラミアスのつるぎ】]](追加ダメージ)、[[【雷鳴の剣】>【らいめいのけん】]](道具使用)というラインナップ。
クリア前なら大半がほぼ主人公専用である。
 
そんな「いなずまぎり」がモンスターズシリーズではしっかりデイン系なのは、世界観の関係上デイン系がそこまでの特別扱いはされていないためであろう。
性能面での多少の優遇こそあれ、最下級呪文に[[【デイン】]]が用意されたりと、他系統とほぼ同じ扱いになっているのだ。
*DQ6 [#h95456f9]
[[【魔法戦士】]]★3、「デインキラー」で習得できる特技として登場。
「稲妻斬り」なのに、属性は『[[イオ系>【イオ系】]]』というややこしい特技。
「デインキラー」で覚えるというのも勘違いに拍車をかける。
なお本作には、これとは逆に「[[見た目イオ系なのに実際にはデイン系の攻撃>【ラミアスのつるぎ】]]」も存在するためなおのこと紛らわしい。
 
魔法剣系特技は、敵の攻撃呪文耐性によって威力が変化し、
イオ属性に耐性を持たないモンスターには、与えるダメージが約1.3倍になる。
弱耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約1.125倍になり、強耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約0.75倍に下がる。
そして完全耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約0.3倍にまで下がってしまう。
 
武器に備わっている特殊効果も発生し、ちからためやバイキルトなどとも併用できるので、使いこなせば強いのだが、使いこなすのが難しいため忘れられがちな特技。
むしろ、AIに任せたほうが有効活用してくれる場合も多い。
 
使ってくる敵は[[【てっこうまじん】]]と[[【ボーンファイター】]]。
また、[[精霊サムシン>【しょうかん】]]も使い手の一人だが、それでも魔法剣の中では使用者が少ないほうだ。
*DQ7 [#p575b52c]
表記が「いなずま斬り」になった。
[[【魔法戦士】]]★3か、[[【エビルエスターク(職業)】]]★1で習得できる。
DQ6と比べて職業の数が格段に増えたにも関わらず、相変わらず魔法戦士があまり優遇されていないことと、エビルエスタークには転職するのが大変なことも相まって、ますます使われない特技となってしまった。
ただ、NPCの[[【マチルダ】]]が使ってくれることがあるので、エフェクト自体は歴代最速の段階で見ることができる。
 
敵として使ってくるのは[[【キラープラスター】]]のみ。
おまけに[[【つるぎのまい】]]の影に隠れて目立っていない。
 
ちなみに、公式ガイドブック(下巻)にははっきりと、「デイン系に抵抗力のないモンスターに対して特に有効な特技だ。」と書かれているが、実際にはDQ6と同じくこの特技の属性は[[【イオ系】]]である。
属性設定の迷走ぶりがうかがえる。
**リメイク版 [#mcf8abcb]
エビルエスタークが覚えなくなり、[[【勇者】]]★2と魔法戦士★4で覚えるようになった。
人間上級職で覚えた特技は、他の職業に転職すると使えないという仕様変更により、勇者、魔法戦士の専用技に。
使うか使わないかは別として、エビルエスタークで覚えられれば、他の職業でも使用可能だったのだが。勇者ならまだしも、魔法戦士も使ってほしいというスタッフの願いだろうか?
*DQ8 [#dfcea1ab]
敵専用特技。
[[【ぼうれい剣士】]]、[[【ボーンファイター】]]、[[【オーシャンクロー】]]が使用する。
*DQ9 [#q24f2ab4]
引き続き敵専用特技。
[[【オーシャンクロー】]]、[[【デンガー】]]が使用する。
また、これの類似特技として、[[【いなずまづき】]]が登場。
*DQ10 [#z02267ec]
敵と仲間モンスターとなった[[【リザードマン】]]がスキル「ゲッコウ流剣術」18ポイントで習得。属性の再分類により雷属性になった。
詳しくは[[こちら>DQ10大辞典:【いなずま斬り】]]を参照。
ほか、上位技の[[【らいめい斬り】]](初出はDQMB2)が登場した。
*DQ11(3DS版) [#x6b7c371]
敵専用特技。クエスト[[【カラーストーン危機一髪】]]のボスである[[【クイーンマチルダ】]]が使用する。
*DQ11(3DS版)・DQ11S [#x6b7c371]
敵専用特技。
クエスト[[【カラーストーン危機一髪】]]のボスである[[【クイーンマチルダ】]]が使用する。
*DQM・DQM2 [#d0802671]
本編シリーズとは異なり、影響を受ける属性がデイン系になっている。
打撃系特技で、消費MPは3。
[[【アークデーモン】]]や[[【ボーンプリズナー】]]などが習得する他、[[【ちからため】]]+[[【いなずま】]]で[[【思いつく】]]ことができる。
 
本編では主人公達は次第に使用できなくなっていったが、
その一方でモンスターの特技としての地位は確立できたのか、以降のシリーズでも活躍する。
*DQMJ [#dd0c6395]
三度、属性が変更されることに。
デイン系が「神聖な光で浄化する呪文」という設定に変更されたため、いなずま斬りの属性は新たに「雷系」と改められた。
 
しかしDQMJ2以降はまたデイン系(&ギラ系)になり、雷系はあっさり消えた。
*少年ヤンガス [#la14b5fd]
[[【水系】]]の特攻技として登場。
*ダイの大冒険 [#kc76b113]
本編より前に、類似した技の[[【ライデインストラッシュ】>【アバンストラッシュ】]]が登場している。
ただしこちらはライデインを宿したアバンストラッシュである。
この技が元ネタになったのかは不明。
この作品では「魔法剣は人間でもモンスターでもない[[ある種族>【竜の騎士】]]しか使えない」だけあって終盤でも活躍している。
本編とは真逆の優遇ぶりである。
----