【おたからの山】 の変更点

*DQB2 [#z8da0bca]
[[【からっぽ島】]]の部屋のごうかさの合計が80以上になるとレシピが解放されるかざり家具で、名前の通り金銀財宝の山である。一度解放した後はごうかさの合計が下がっても問題ない。以前は[[【かいたくレシピ】]]において部屋のごうかさの合計を100以上とする課題があったため、レシピはその過程で必ず解放されたのだが、現在はこの課題のノルマが緩和されたので、結果としてかいたくレシピの課題をクリアした後更にごうかさの合計を上げる必要がある。
 
材料は[[【金のインゴット】]]と[[【銀のインゴット】]]が20個、[[【赤い宝石】]]と[[【ダイヤモンド】]]が10個、そして[[【宝箱】]]が1個と全ての家具レシピの中でもコストはトップクラスに高い。
赤い宝石は[[【エッチなライト】>【えっちなライト】]]にも用いる素材であるため、かいたくレシピ未達成の間は捻出し辛く、ダイヤモンドは用途こそ限られているもののそもそも10個集めるのが困難な素材。そして、どちらも別々の[[【そざい島】]]でしか採れない……という性質上、複数のそざい島を回らなければならない。
 
そして、上述の高いコストとおたからの山というロマン溢れる名前からさぞかし豪華なのだろう、と思って部屋に置いてみると、発売当初のバージョンでは、まさかの''豪華点0''、という信じられない仕様となっていた。
当時、一切ごうかさゲージが増えない事実に絶句したプレイヤーも少なくないのではなかろうか。[[【たいまつ】]]ですら0ではないというのに……
そして、上述の高いコストとおたからの山というロマン溢れる名前からさぞかし豪華なのだろう、と思いきや、発売当初のバージョンではまさかの''豪華点0''、という信じられない仕様となっていた。
当時、期待を胸に部屋に置いてみたにも関わらず、ごうかさゲージがピクリとも動かない事実を突きつけられ、絶句したプレイヤーも少なくないのではなかろうか。[[【たいまつ】]]ですら0ではないというのに……
このおたからの山自体は[[【部屋レシピ】]]の「おたから系統」にも含まれない、もしかして、贋物?ただし、部屋レシピの[[【財宝の間】]]には必須である。
同じく「作るのが面倒」で、「見た目は豪華」だが、「豪華点が低い」家具として[[【百花のカベかざり】]]があるが、赤い宝石やダイヤモンドという他にも使い道がある宝石をこれだけ使わされての豪華点0なのでショックはこちらの方が上ではないだろうか。
なお、百花のカベかざりは部屋レシピとして必要とされないが、おたから系統には分類される。
 
2019/03/28のアップデート以降はひっそりと豪華さが付いている。やはり不具合だったようだ。家具単体としてはトップクラスに高い値だが、豪華さを上げる手段として見た場合、[[【金のかがり火】]]や[[【はしら時計】]]などの複数置きのほうが安上がりかつ省スペースであり、やはりコストが問題となる。
また、このアップデートにて[[【ビルダーハート】]]を消費して図鑑から入手できるようになった。これで量産しやすくなった…と思いきや、交換レートは驚異の''9900''。恐ろしく割に合わないボッタクリ価格である。
ちなみに、素材を購入して作成する場合は金と銀のインゴット、宝箱に必要な[[【鉄のインゴット】]]は無限化で賄えるので、赤い宝石が10個で3000、ダイヤモンドが10個で5000の計8000の出費で済む……それでも高いが。
----