【かくれんぼう】 の変更点

#contents
*概要 [#xf485bab]
DQM2、イルルカに登場するモンスター。
DQM2、イルルカに登場するモンスター。味方限定での登場である。
黄色い帽子を目深に被った黄色い[[【わたぼう】]]のような外見。
わたぼうや[[【ワルぼう】]]のような、樹上の国の精霊。
良心的で、戦いになることは少なく、とどめを刺す事は出来ない。

 
DQMJ3PではGB版の配布モンスターの中でこいつだけ登場できなかった。
*DQM2 [#t57235bd]
通常の配合では生み出すことが出来ず、ゲーム中にも出現しない。
GB、PS版ともに図鑑には載らないので、入手しなくとも図鑑の完成は可能。 

**GB版 [#c5f66acb]
[[【じげんりゅう】]]、[[【ラーミア】]]と同じく大会イベントでのみ配布された。ちなみにその時の名前は「かげぼう」。
????系で、[[【タッツウしょうかん】]]、[[【ビッグバン】]]、[[【パルプンテ】]]を習得する。
[[【わたぼう】]]と同様にレベルアップも非常に早い。もちろん????系最速である。
????系で唯一会心率が最高値に設定されており、対戦においては最強と呼んでも差し支えないポテンシャルを秘めている。
 
状態異常にも全体的に強いが、マヌーサだけは無耐性なので[[【すなけむり】]]に注意。
メラ系やヒャド系などといった攻撃属性に対する耐性は完全にザルだが、
こちらについてはむしろ理想的な[[【セミメタル化】]]を目指す上では好都合である。
**PS版 [#u25f4185]
イル編でのみ他国マスターが連れている。入手するにはこれを奪うしかない。
ステータスはHP、攻撃力、素早さが高くなり、それ以外もそこそこ。
相変わらず会心率は高いが、PS版では耐性的にガチ対戦で採用しにくくなったのもあって
(敵AIの[[【ベマホトラ】]]を阻止できない為)配合素材の????系としての方が有用かもしれない。
図鑑に載らないモンスターのせいか、一度仲間にした後も仲間になる確率が下がらないのもグッド。
 
もちろん成長の早さは相変わらずなので冒険の相棒としては非常に心強い。
GB版同様攻撃系の耐性はザルなので、使うなら耐性の高い奴と配合してちゃんと強化しよう。
配合を重ねて+値を稼ぐことで、対戦攻略にも間接的に貢献できるだろう。
…[[【メガンテ】]]であっさり倒されることも多いが。
*イルルカ [#qb5cef92]
久々の再登場を果たす。???系のSランク。
入手するにはきんのタマゴか[[【にじのタマゴ】]]から孵すしかなく、結構面倒。しかし、前作と違ってタマゴを捧げてからの強制セーブはないので、リセットしての吟味は可能。その気になればタマゴ1個で入手することもできる。
 
[[【プチぼう】]]との共通点や相反する点が結構多く、特性は[[【スモールボディ】]]、[[【AI2回行動】>【AI○回行動】]]、[[【ラブリー】]]を持っており、+25で[[【わるぐち】]]、+50で[[【ギガキラー】]]、[[【新生配合】]]で[[【てんしのきまぐれ】]]、[[【メガボディ】]]化で[[【神の踊り手】]]、[[【ギガボディ】]]化で[[【秘めたるチカラ】]]が追加される。
所持スキルも「ワルぼう」と、プチぼうの真逆になっている(プチぼうのスキルは「わたぼう」)。
 
やはりと言うべきか、特性の関係でステータス面がガタガタであり、HPは新生配合しても700にも届かず、他の能力もボロボロ。この点もプチぼうと似通っている。
ただしAI2回行動持ちのスモールボディというのは彼とプチぼうしか持ち得ない個性であり、それは低いステータスを補って有り余る代物。
[[【いきなりリバース】>【いきなり○○】]]と[[【ラウンドゼロ】]]を絡めたスモールボディPTでは大いに活躍してくれる事だろう。
そのPTにプチぼうも一緒に組ませているプレイヤーも多い。
 
なお[[【ちょうろうじゅ】]]との配合で[[【若葉の精霊】]]が作れる点もプチぼうと同じ。そしてこれ以外の特殊配合先はない。
 
余談だが、ライブラリには「どこかの国の精霊」と書かれている。[[カレキ>【カレキの国】]]? [[タイボク>【タイボクの国】]]?
まだ精霊が出てきていない樹上の国があるが、いつか判明するのだろうか? 果たして…。
また、帽子で隠れた素顔は[[【わたぼう】]]や[[【ワルぼう】]]でも見たことがないらしい。

*DQR [#e1450320]
第10弾「破壊と創造のフロンティア」にて共通カードとして実装。わたぼうやワルぼうと違いスーパーレア。
>2/2/2
ステルス
れんけい:カードを1枚引く
<
[[勇者イレブン>【主人公(DQ11)】]]を軸としたれんけいデッキ等では序盤の優秀なドロー役として仕事をしてくれる。
やはり本作でも正体は不明であり、ステルスを持っているのも「かくれんぼの権化」と記されていることからだと思われる。
----