【さそりかまきり】 の変更点


 #contents
 *概要 [#e70fc10b]
 DQ7、トルネコ3、少年ヤンガスに登場する虫型モンスター。
 さそりと付いているが、さそり要素はかろうじて身体を覆う甲殻に名残が見られる程度で、ほぼカマキリである。
 オレンジ掛かった肌色の体色にくすんだ水色の翅、前脚には黒く縁どられた鋭い鎌を持つ。
 分節した腹部が妙に生々しくて気持ちが悪い。
 上位種に[[【キラーマンティス】]]と[[【メダパニシックル】]]がいる。……上位種もやっぱりカマキリである。
 *DQ7 [#kde968f8]
 [[【西の洞窟】]]と[[【神殿への地下道】]]に出現する。攻撃音が貧弱。
 爪で切り裂く[[【強化攻撃】]]も使うが、一度に出る数もそう多くないので、呪文を封じられているとはいえ苦戦はしないだろう。
 さそり仲間の[[【さそりアーマー】]]と生息地が被っており、高頻度で痛恨を放つアーマーの方が印象に残るだろう。 
 睡眠に完全耐性を持っており、[[【ねむりのつえ】]]を使っても全く眠ってくれないので注意。 
 落とすアイテムは[[【ブロンズナイフ】]]。
  
 戦闘画面では正面からの姿しか見えないのでわかりにくいが、[[【モンスターパーク】]]に送ると前後左右からその身体を観察できるようになる。
 ……上記の通りサソリ要素ほぼゼロのカマキリだということがここでハッキリする。
 **リメイク版 [#z1a79d64]
 生物の体の一部なのにやたら派手な金属音がするようになった。 
 さそりアーマーが3匹までしか出なくなったのに対して、さそりかまきりはオリジナル版同様一度に5匹まで登場する。
 数の暴力で回復が追い付かなくなることがあり、かなり危険な敵になった。
 なお通常は両手を振り下ろす攻撃モーションだが、強化攻撃の「ウデをふりあげ するどいツメを ふりおろした!」の時だけ横振りになる。なぜだ。
 *トルネコ3 [#v07baf0c]
 最大HP15、攻撃力11、防御力10、経験値13。アイテムドロップは無し。
 [[【神々の道】]]、[[【バレイナのほら穴】]]、[[【魔物の巣】]]3F、[[【異世界の迷宮】]]に出現する。
 GBA版では[[【テーマ別モンスターハウス】]]のぬすっとハウスや[[【エクストラモード】]]の[[【異世界の試練】]]にも出現する。
 同時期の出現モンスターと比較しても遜色の無い攻撃力で1ターンに2度の攻撃を行い、さらに草や巻物を切り刻む特殊攻撃を繰り出し、命綱である[[【世界樹の葉】>【せかいじゅのは】]]や[[【リレミトの巻物】]]も容赦なく切り刻んでくる。
 壺の中身や床のアイテムには手を出せないので、壊されたくない草や巻物は予め壺に入れておくか、足元に置くなどして対処しよう。この性質を利用して確実性には欠けるが、不要なアイテムを囮にして先制を許した際の保険にする、という作戦もある。
 壺の中身や床のアイテムには手を出せないので、壊されたくない草や巻物は予め壺に入れておくか、足元に置くなどして対処しよう。この性質を利用して確実性には欠けるが、他の草か巻物を囮にしてさそりかまきりに隣接行動された際の保険にする、という作戦もある。
  
 異世界の迷宮に出てくる個体はLv3で、被ダメージの合計が[[【ゴーレム】]]Lv2よりも大きい。
 その半面、耐久力は極めて低く、経験値も少なく旨味はない。
 また、この系統の連続攻撃にはキラーマシン系と同じ処理が行われるらしく、[[【人形よけの指輪】]]で通常の1回攻撃に抑えることができる。
 その反面、耐久力は低く、経験値も少ない。
 // 半面とは何か。
 また、この系統の連続攻撃にはキラーマシン系と同じ処理が行われるらしく、[[【人形よけの指輪】]]かそれを合成した指輪で[[【2回攻撃】]]が1回攻撃に変わる。
 これはあくまで仕様のようで、[[【公式ガイドブック】]]にも解説されており、GBA版においても特に修正されていない。
 なお、かまきり達自身は[[【人形系】]]に属さないので、切り刻み攻撃を人形よけの指輪で防ぐことは出来ず、[[【ドールクラッシャー】]]を弱点とする訳でもないので注意。
 なお、かまきり達自身は[[【人形系】]]に属さないので、切り刻み攻撃を人形よけの指輪で防ぐことは出来ず、[[【ドールクラッシャー】]]は弱点でないので注意。
  
 成長タイプは[[【防御・早熟】]]で、デフォルトネームは「かまきち」。
 シナリオ編では仲間になりやすく2回攻撃が魅力的だが、耐久力の低さから育成には苦労するだろう。
 LV1だと同ダンジョンに出現する[[【ベビーニュート】]]の炎一発で昇天したり、能力値の高い[[【ケダモン】]]に確定一撃で倒される他、[[【メガザルロック】]]に乱数一撃で倒されるため注意。
 異世界の迷宮でも[[【スモコン】]]を行うことに無上の喜びを感じる人々の中には、16・17階でのコンボにこのかまきちを組み込む者もいるようだ。
 なお、仲間にした後であれば勝手に相手の所持している草や巻物を破壊したりはしない。
  
 ステータスはLv99でHP99、攻撃力51、防御力101まで成長するが、あらゆる被ダメージを1に変換する[[【タマゴロン】]]系を除けば、LV99まで成長する防御・早熟タイプの中で唯一[[【マダンテ】]]で即死するほどHPが低い。
 *少年ヤンガス [#t4e319f5]
 [[【ならくの洞くつ】]]で登場する。
 [[【れんぞくこうげき】>【連続攻撃(特殊能力)】]]以外は普通の敵。
  
 成長限界はレベル10。
 レベル8で[[【けものぎり】]]、16で[[【つばめがえし】]]を覚える。
 味方としては連続攻撃により攻撃力が確保され、配合で連続攻撃を受け継がせるのにも使える。
 捕まえるには空振り状態にする必要があり、[[【まぼろし雪の迷宮】]]で[[【マヌーサの杖】]]を拾うまで捕獲はできない。
 ただし、[[【リップス】]]か[[【かぶとこぞう】]]に物質系、もしくは[[【テンツク】]]に悪魔系などの配合をすれば奈落の洞くつ到達時点で誕生させることが可能。
 また、+値を上げれば守りのステータスが大きく伸びるようになる。
 [[【マドハンド】]]を相手に配合すれば[[【キャタピラー】]]、[[【テラノライナー】]]血統で[[【クローハンズ】]]が作れる。
  
 こいつに限った話ではないが、連続攻撃を覚えさせたモンスターに他の攻撃特技を持たせるとむしろダメージが減るので注意。
 ----