【オノむそう】 の変更点

#contents
*DQ8 [#qd871fa1]
ヤンガスが[[【オノスキル】]]ランク7(54pt)で習得できる特技。
斧を振り回して真空の刃を敵1グループの左端から順番にぶつける。
要するに前作までの[[【まわしげり】]]に近い効果である。
開始ダメージは通常の0.8倍だが、テンションを上げて一気に敵集団を倒すことも可能。
ちなみに[[【バイキルト】]]の影響も受けるが、反映されるのは初撃のみ。
MPも消費しないので、複数攻撃の手段に乏しいヤンガスにとってはよくお世話になる特技。
[[【かぶとわり】]][[【大まじん斬り】]]と並び、ヤンガスのスキルはオノが最強と言われる所以である。
作戦を[[【じゅもんつかうな】]]にしておけば、[[【AI】]]は通常攻撃と適切に使い分けてくれる。
しかしこの特技、バギ属性なので敵の耐性には注意が必要。
逆に言えばオノむそうが効く相手には、場合によってはククールのバギ系呪文も一緒に打ち込んでやると効率がいい。
**3DS版 [#g47d4212]
MPを2使うようになった。2消費と言えどもMPの少ないヤンガスにとっては、痛い仕様変更と言っていい。
MPを2消費するようになった。2消費と言えどもMPの少ないヤンガスにとっては、痛い仕様変更と言っていい。
格闘スキル42Pで覚えられる[[【しんくうは】]]と属性がかぶっている上にMP消費も同じ。
なので、格闘スキルもあげている場合はMPを支払ってまで使うような性能か、と言われると疑問符がついてしまう。
 
ただ、あちらは威力はレベル依存だが全体攻撃、オノむそうはグループ攻撃であるが威力は攻撃力に依存と、
それぞれに利点がある。また、リメイク前としんくうはにも言える事だが、[[【ディバインスペル】]]でダメージアップを狙えるのもポイント。
そのため、しんくうはを覚えていない、または攻撃力が高くなっていれば便利な特技である事は変わりない。
*DQ9 [#reae28ef]
モーションが変更され、オノを水平にスイングして丸ノコ状の真空の刃を飛ばすというものになった。
斧スキル88ptとかなり遅くなったが、開始ダメージが通常攻撃と同じになった上、属性が無属性となった。
つまり6や7の[[【まわしげり】]]と完全に同じ。これは強い。
当然雑魚戦では大いに活躍する。
かぶとわり・まじん斬りも健在であり、斧スキルは序盤から使えなくなったもののその強さを保持・むしろ強化されている。
*DQ10 [#u5d96442]
オノスキル100ptで習得。
Ver.2.3より、消費MPが15だがダメージは通常攻撃の約2.3倍の強力な範囲攻撃になった。
範囲に2回攻撃する[[真・オノむそう>DQ10大辞典:【真・オノむそう】]]というものもある。
詳しくは[[こちら>DQ10大辞典:【オノむそう】]]を参照。
*DQ11 [#t0c2be7b]
[[【グレイグ】]]がオノスキルで習得。消費MP16。
敵1グループに対して通常攻撃の2.2倍ものダメージを減衰なしで与える。
複数相手への攻撃手段の少ないグレイグのスキルの中でも範囲・威力ともに非常に優秀であるためオノをメインで使うなら確実に習得しておこう。
強力な分消費も激しく、威力があるためかAIは単独相手でも連発する事も多いため、使うなら[[【ソーサリーリング】]]などのフォローは欲しいところ。
なお、アクションはまるでハンマー投げのようである。もちろん斧を投げたりはしないが。
 
[[【れんけい技】]]の[[【雷神むそう】]]の前提条件となっている。
*DQMCH [#b40745ab]
あまり知られていないが、実は初登場はキャラバンハート。 
[[マスター戦士>【戦士】#f3e18ad6]]の使う技で、ガードモンスターの1.5倍の攻撃力で攻撃するというもの。 
さらにマスター戦士は特殊能力「ちからため」によって開始1ターン目のガードモンスターの攻撃力を2倍にするので、マスター剣士と並んで攻撃の要となる。 
メタル狩りやボス戦で大活躍するだろう。
*DQHシリーズ [#i774a354]
ヤンガスの[[【必殺技】]]として登場。
斧を振り回しながら回転して自分の周囲に竜巻を起こす。
 
実は地味に竜巻に[[【ホミロン】]]が巻き込まれて吹っ飛ばされている。
一瞬なので目をこらしてよく見てみよう。
----