【キメラバグ】 の変更点


 #contents
 *DQ3(GBC版) [#e738c02b]
 [[【キメラのつばさ】]]と[[【ふくろ】]]を利用した致命的なバグ。
 袋内のキメラのつばさを使用し、行き先を選ぶ時点でキャンセルするだけで猛烈なバグが巻き起こるというもの。
  
 どれぐらい致命的かというと、いわゆる[[【チート】]]と何ら変わりないことができるのだ。
 キャラクターの名前変更、ステータスや所持アイテムの改竄など、ほぼなんでもアリ。
  
 しかしそれだけやりたい放題できるバグと言う事は、何も知らずに起こしてしまうと非常に危険という事でもある。
 鍛え上げたキャラクターのステータスがめちゃくちゃになったり、重要アイテムが失われるなどの大問題が発生する可能性もある。
 発生条件の性質上、偶然起こしてしまう可能性が否定できないバグだが、キメラのつばさを使う場合は袋から出して使うようにすればこのバグの暴発を防げるので覚えておこう。
  
 データが消失する危険は無いものの、上述のような状態になると著しくやる気が損なわれるので起こす時は事前にセーブをすることをお勧めする。
 所持品と装備品がゼロの状態で、キャラクター一人で行えばアイテムは消えない。1ページ目の1番目に増やしたいアイテム、2番目にキメラのつばさを置いておくとやりやすいはずだ。
  
 バグの起こし方とこのバグで出来ることはこのページで説明するが、アイテムと数値の対応表、袋のどこの位置でステータス改竄ができるかなどの詳細についてはここでは説明を省く。それらを詳細に書くとあまりにも長すぎるのだ。
 //(全てを詳細に記述すると軽く500行は超えるだろう)
 「キメラバグ」などのキーワードで検索すれば見つかるので探してみよう。
 
 これを利用して、あえて低い能力値に設定することも可能である。
  
 もちろんこのバグ、海外版ではしっかり修正されている。
 *主な効用 [#g22f3e89]
 **[[【アイテム無限増殖】]] [#d43fba5a]
 当該ページを参照。
 
 **キャラのステータス等改竄 [#x41dbbd1]
 「[[【つよさ】]]」画面で見ることのできるキャラクターデータを改竄できる。
 [[【ちから】]]、[[【たいりょく】]]などの255が上限のステータスは最高でも255まで上げることしかできないが、
 [[【こうげき力】]]などの上限が255を超えるステータスは最大で''257倍''、65535(要するに256の2乗マイナス1、2の16乗マイナス1)まで書き換えることができ、攻撃力を高めれば裏ボスの[[【グランドラゴーン】]]や[[【はぐれメタル】]]を含めたあらゆる敵を[[一撃で粉砕できる>【大ダメージバグ】]]。
 レベルは最大255にまで変更することができ、[[【武闘家】]]の[[【会心の一撃】]]の確率や[[【盗賊】]]のアイテムの取得率をほぼ100%にできる。ちなみにレベル0にすることもできる。
 もちろん総獲得経験値を改竄して、[[【スライム】]]1匹倒すだけでレベル99まで上がる状態にすることもできる(自分から逃げない限り、経験値が得られなくてもOK)。
 ステータスを改竄出来るのは並び順が2番目以降のキャラだけだが、ならびかえを使うことで誰でもステータスを改竄出来る。
 3番目と4番目のキャラのステータス改竄にはたくさんのアイテムが必要なので、ステータスを改竄したいキャラは2番目に置くのが普通である。
 //解説サイトによれば、ふくろの28ページ目から最大ページである38ページ目までが4人目のデータに対応しているようなので、4番目も改竄可能と編集しました。
  
 習得している呪文も変更可能だが、[[【遊び人】]]などに[[【勇者】]]の呪文を覚えさせたり、逆に勇者に他職の呪文を覚えさせることは出来ない。
 (厳密に言うと修得は出来るが、使用可能かどうかは職業によって決まっているのである)
 しかし職業を無理やり変更することで旅立ったばかりの時に[[【賢者】]]を仲間にしたり、勇者を複数量産したりはできる。が、勇者が複数いる状態で[[【ゾーマ】]]を倒すと、その後[[【ラダトーム】]]の王様に会った途端バグってエンディングに行けなくなるので注意。
 また、勇者をほかの職業に変身させた状態でのゾーマ討伐も可能だが、ラダトームの王様と重なった時点でバグって続行不可能になるので王様に会う前に勇者に戻すこと。
 袋の24番目アイテム(さらに装備品の数だけ後ろにずれるのを覚えておこう)と先頭キャラクターの道具の「空白」部分とを交換する。そうすれば、勇者♂にチェンジできる(うさみみバンドと交換して勇者♀に変身させてもよい)。
 ちなみにバラモス討伐後勇者がいない状態であっても続行は可能。
  
 なおゾーマ討伐前だと、勇者は後から作ったのも含めて全員[[【ルイーダの酒場】]]に預けられないので、勇者4人パーティーを作ってしまうと後からの編成が面倒になる(もう一度キメラバグで転職しなければならない)ことは留意しておこう。
 逆に主人公を勇者以外に転職させるとクリア前でも酒場に待機できてしまう。
  
 また[[【ロト】]]とか[[【オルテガ】]]といった名前をつけたり、[[【ルイーダの酒場】]]に行かずともキャラを勝手に追加、削除したりできる。
 男に[[【あぶないみずぎ】]]や[[【まほうのビキニ】]] や[[【ひかりのドレス】]] を、女に[[【ステテコパンツ】]]を装備させることも可能。[[【女尊男卑】]]なんて無かったんや!
 ほか、勇者以外に[[【ゆうしゃのたて】]] を装備させることもできたりするのでとにかく便利な裏技。
 勿論[[【オルテガのかぶと】]]などの特定職業の専用装備を多職に装備させることもできる。
 挙句の果てには[[【性格】]]や[[【性別】]]すらも自在に変更することが出来る始末。
 もはやゲームバランスぶっ壊し以前の問題である。
  
 ちなみに職業や性格には没データや穴埋め用の[[【ダミーデータ】]]が大量に存在し、職業「[[カンダタこぶん>【カンダタこぶん】]]」やら性格「[[アリアハン>【アリアハン】]]」などカオスなキャラクターを作ることも可能。
 職業を変えるとグラフィックも変わる(様々なモブキャラの他、オルテガや[[カンダタ>【カンダタ】]]の外見のキャラも作れる)ので、普通のプレイに飽きたら好きなパーティーを組んで(ゲームが詰まない範囲で)遊んでみるといいだろう。
 
 先頭キャラの装備品ゼロの状態でふくろ32番目のアイテム(装備品あればその数だけ後ろにずれる。以下同じ)と交換すれば「ちから」、34番目では「すばやさ」、36番目では「たいりょく」の値がそれぞれ変化する(バトル終了後に変化することが発見できる)。
 **好きなアイテムの入手 [#xff950f9]
 好きなアイテムを自由自在に入手できる。
 要するにやっていることはステータス改竄の逆回しである。
 [[【ルビスのけん】]]をはじめあらゆる装備、[[【にじのしずく】]]などの重要アイテム、[[【しのオルゴール】]]などの没アイテムまで好きなものを手に入れられる。
  
 また、スライム~[[【バンパイア】]]間のモンスターのデータがアイテムのデータにはみ出しており、彼らを袋詰めすることもできる。
 特に、ステータスを改竄するのであればバンパイアは非常に重要であり、入手も容易である。
  
 ただしそれらモンスター名まで含めたアイテムは全部で255種類になるが(229番目は欠番)、本作で袋の中に入れられるアイテムの種類は228種類までのため全てを袋に入れることは不可能。
 それぞれの個数にまで拘らないのならば、入りきらない27種類分は袋に入れずに各キャラに所持させる・武器防具は酒場の待機キャラにも装備させるなどして全種類コンプは一応可能。
 
 
 バンパイアをはじめとしたモンスターアイテムを使うとフリーズすることが多いが、特定のモンスターアイテムを使うと極稀に[[【デバッグルーム】]]に行ける。
 バンパイアをはじめとしたモンスターアイテムを移動中に使うとフリーズすることが多いが(戦闘中は使用不可)、特定のモンスターアイテムを使うと極稀に[[【デバッグルーム】]]に行ける。
 フリーズしなくても、めちゃくちゃなメッセージが流れた後に[[「はい・いいえ」の選択肢が延々表示され続けて>【無限ループ(会話)】]]ゲーム続行不可能な状態になるものが多いので、事前に重要なデータはセーブしておくこと。使用した場合だけでなく、[[【商人】]]に鑑定させた場合も同様。
 
 また、モンスターアイテムを袋の中に入れた状態で「ふくろ整理」すると、消滅するのでそこも要注意。
 *行う手順 [#i9069e05]
 まずは、目的に応じて必要なものを用意しなくてはならない。
 例えば、女勇者を作りたいのであれば「[[【うさみみバンド】]]」が必要だし、「ロト」という名前の仲間を作りたいのであれば、「名前に「ロ」と「ト」が含まれるキャラクター」が必要になる。
  
 手順としては、まず道具袋の中でキメラのつばさを使用して、地名選択の時点でBボタンでキャンセルし、袋の画面に戻る。
 こうすると、「袋の中のアイテム」を見ているはずが、「先頭のキャラの1個目~6個目の所持アイテムを見ている」とゲームが誤認識してしまうのだ。
 更に、袋画面を右に送り2ページ目を見ると、今度は袋の中のアイテムを「先頭のキャラの7個目~12個目」と誤認する。
 3ページ目では1人目の未使用データを誤認識して読み込んでいるようで、副作用は特に起きない。
 なのでアイテム無限増殖は3ページ目で行われる。
 4ページ目以降を見ると、2人目の名前や職業、性格にレベルや経験値、2人目のステータス...などを次々に誤認していく。
 27ページ目では2人目の未使用データを誤認識して読み込んでいるようで、実はここでも副作用は特に起きない。
 28ページ目以降は4人目のデータとなる。
  
 アイテムは内部では1桁から3桁の番号で管理されている。
 このためアイテムを「キャラのステータス」だと誤認識されている場所に置くとそのアイテムの番号をキャラのステータスの数値だと誤読し、ステータスを書き換える事ができる。
 逆もまた然りで、キャラクターのステータスをアイテムの番号と誤読させれば、任意のアイテムを出現させられる。
 また、ひらがな・カタカナ等の文字も同様に1桁から3桁の番号で管理されているので、名前のデータだと誤認識されている場所にアイテムを置けば名前を書き換えられるし、逆に名前のデータをアイテムだと誤認させれば、好きなアイテムを入手することができる。
 ちなみに名前は序盤なら[[【ルイーダの酒場】]]で好きな名前を幾らでも命名できる他、[[【ダーマ神殿】]]でも幾らでも変えられるので、ステータスより名前からアイテムを作るほうが楽。
 ただし名前からアイテムを全て抜き取ると名前が「0000」となり、名前変更に行く際に命名神のお怒りを受けてしまうため、その都度5000Gを払わなければならない点には注意。
  
 なお、終わらせたいときはBボタンを押してメニュー画面を閉じるだけでいい。
 ----