【グランエスタード】 の変更点


 #contents
 
 *DQ7 [#e3afe3a7]
 [[【エスタード島】]]を治める国。正式には『グランエスタード王国』。
 英語版での地名はEstard。本作の町名では唯一、PS版と3DS版が一致している。
 ちなみにグランエスタード(Gran Estado)はスペイン語では雄大な国もしくは偉大な国という意味になる。
 領土が小さな島一つだということを考えるとなんとも皮肉な名前である。
 (もっとも、物語開始時点では世界にはこの島一つしか存在していないのでおかしくはないのだが。)
 
 
  
 現在の[[【国王】]]である[[【バーンズ・グラン】]]は名君であり、多くの民に慕われている。
 王族の名前は例外なく「グラン」が付いていることからすると、おそらく王家の家名は「グラン」。
 よって、国名の由来は「グラン王家の治めるエスタード島」みたいな感じだろう。
 世界史的にも国名に王家の家名を冠するタイプの国家はいくつか存在している。
 「サウード家の治めるアラビアの王国」を意味する『サウジアラビア』がその代表例である。
  
 [[【主人公】>【主人公(DQ7)】]]は、王子である[[【キーファ】]]や、幼なじみの[[【マリベル】]]と共にこの国から冒険の旅に出ることになる。
 キーファの妹[[【リーサ】]]や[[【ガケっぷちのじいさん】]]、主人公の叔父である[[【ホンダラ】]]など、重要な人物も多い。
  
 また、グランエスタードは国名だけでなく、城・城下町の名にもなっている。
 ルクセンブルク大公国の首都がルクセンブルク市であるのと同じだが、これまた現実世界にはそう多くない事例である。
 [[【グランエスターク】]]とは関係ない。
 **グランエスタード城 [#x9c0a14e]
 城は3階建てで、1階には[[【道具屋】]]と[[【ゴールド銀行】]]、2階には王族の部屋、3階には玉座の間がある。
 |CENTER:~商品リスト|CENTER:~価格|
 |[[【ひのきのぼう】]]|10G|
 |[[【竹のやり】>【たけのやり】]]|50G|
 |[[【たびびとの服】>【たびびとのふく】]]|70G|
 |[[【皮のたて】>【かわのたて】]]|70G|
 |[[【毒消し草】>【どくけしそう】]]|10G|
 |[[【おなべのふた】]]&br;(リメイク版のみ)|40G|
 ここの道具屋の売り物は、道具じゃないものが過半数を占めている。
 今作でのひのきのぼうは漁師が使う道具でもあり、おなべのふたも防具として売られているわけでもないだろう。
 なんというか生活感溢れる品揃えで、どちらかといえば演出の一部としての道具屋だと言える。
 また、2階への階段の裏には地下室の入口がある(宝箱を取るには[[【さいごのカギ】>【さいごのかぎ】]]必要)ほか、[[【イカダ】]]で水路を回れたりと城内は結構広い。
  
 最序盤ではここと[[【フィッシュベル】]]や[[【謎の遺跡】]]を何度も行き来することになる。
 その後も[[【エンゴウ】]]編まではしばしばイベントが発生し、現代[[【ウッドパルナ】]]を訪れた後は、イカダを使って城の裏の地下室にある[[【エンゴウ地方】]]用の[[【ふしぎな石版赤】]]を入手することになる。
  
 ユバール編でキーファと別れた後はバーンズ王から[[【ダーマ地方】]]用の[[【ふしぎな石版青】]]が貰える。
 王子であり跡継ぎとなるはずだったキーファには城中が手を焼かされており、どこぞではボンクラなどという陰口も叩かれていたようだが、それでも結構慕われていたようで、キーファが二度と戻ってこないという話が広まると城の空気がお通夜と化してしまう。
  
 その後はしばらく訪れる必要はないが、[[【アイラ】]]を仲間にした後に来ると会話イベントがあったりする。
 [[【魔空間の神殿】]]クリア後は、[[【トゥーラ弾きの大会】]]の情報を聞いたり、神復活の儀式後のお祝いや神の使いに会ったりするために訪れることになる。
  
 ちなみにゴールド銀行があるものの、他の町で銀行がある場所は限られており、[[【過去の世界】]]ではルーラも無効なため、結局は向こうで買い物をしたいなら現金を持って徒歩で行くことになり、利用されることは少ない。
 しかも[[【異変後】]]の一時期は城に入れなくなるという問題もある。
 リメイク版なら[[【すれちがい石版】]]に挑む時の全滅リスク対策という役割があるので利用機会は増えている。
 **グランエスタードの城下町 [#b6fd4177]
 城の手前にあり、マップは城とは別となっている。
 城下町には宿屋に教会、道具屋があり、南東隅には井戸が、またホンダラの家の近く(3DS版では教会付近)には、ガケっぷちのじいさんの家に通じる地下通路の入り口がある。
 この城下町は、世界唯一の都市として賑わいをみせている。
 道具屋には自称マリベルのボーイフレンドの[[【オルカ】]]がいる。
  
 [[【オルゴ・デミーラ】]]との最終決戦に勝利した後の[[【エンディング】]]では、各地巡回の終着点となる。
 このとき、井戸の中に[[【こわれた石版】]]が落ちているので、王様に会う前にこれを回収し、
 ガケっぷちじいさんの家に行く途中の鉄格子の先にある宝箱に保管しないと、
 クリア後の[[【謎の異世界】]]に行けないので注意。
 事前情報なしではどう考えても不自然かつ不可能な行動を必要とするため、
 ネットなどで情報収集をしない場合はかなりの洞察力や物事を疑る心がなければ、
 隠しダンジョンに行けないという理不尽なシステムである。
  
 3DS版では宝箱に入れる作業が廃され、石版を入手しやすくなった。
 
 *DQMCH [#l71a71c2]
 プロローグと2周目の始まりでグランエスタード城を移動できる。
 マップは謁見の間とキーファの部屋のみ。
 ----