【ザム】 の変更点

*DQ6 [#te4e3a2c]
唯一[[伝説の剣>【ラミアスのつるぎ】]]の封印を解く言葉を知っている、[[【マウントスノー】]]に住む[[【神官】]]。
高度な学問をきわめた賢者のひとりでもある。
英語版での名前はAli Kazam。
 
聖職者なのにグラフィックが[[【神父】]]ではなく[[【ゲバン】]]と同じ大臣・成金タイプである。
あまりいい印象を受けない成金タイプの見た目な上、話し方にもクセがあるので変人としか思えない。
しかし実際にはとても良い人である。
語尾に「(○○じゃぞ、)んー。」と付けるのが口癖。
 
本来は随分昔の人らしく、主人公が会いに行く段階ではとっくに没したかと思われていたが、[[【ユリナ】]]の呪いの巻き添えになってなんと50年間凍結。
その間、年をとらなかったために生きながらえることができ、主人公に封印を解く言葉を教えてくれる。

>ザム「まず はじめの 合い言葉は メラサム!
 これで 封印のトビラが 目ざめるはずじゃ。

これで伝説の剣が手に入ると思いきや、彼の台詞はこれで終わりではない。

> そして ここからが 大事じゃぞ。こころして おぼえるようにな。
 
 まず ひとつめの文章はな……
 んー んー 自分は正直者だと いうようなことだったか……。
 
 ふたつめは……。えーと……。
 ''ちから''もちの''姫''が ''たる''を もちあげて…… じゃったか。
 
 そして 最後の3つめは
 ''氷''を食べる''とき''は さむくて ''はな''や ''たん''が出てくる…じゃな。
 
 うむ! これだけ 教えれば 封印は とけたも 同然! 

これでは解ける封印も解けまい、と失意の中で[[【氷の洞窟】]]に向かった主人公一行だが、実にあっさりとその問題は氷解する。
むしろ、このひねくれた謎解きの答えのインパクトとメッセージの長さのために「伝説の剣を手に入れたらワシの所に来てくれ」という重要な言葉を忘れてしまいがちである。
 
[[【さびたつるぎ】]]を見せると、[[ロンガデセオの鍛冶屋>【コブレ】]]の情報を教えてくれるうえに、そこに入るための[[【デセオのパス】]]までくれる。
//この時にザム大神官の言っている「伝説の鍛冶屋」は年月的に見てコブレ、もしくはコブレの父のことで間違いない。
いろいろ条件を出したり難癖つけてくるドラクエのキャラの中では珍しく太っ腹なお方である。
 
神官という職業であるにも関わらずならず者の町に通じている事を不思議に思うプレイヤーもいるかもしれないが、ラミアスのつるぎを入手した後に訪れると「わしも 若い頃は あの町で ブイブイ いわせてたもんじゃ。んー。」という話が聞ける。
 
50年も時の流れから取り残されていたにも拘わらず、ロンガデセオの門番を務める[[【兵士】]]は彼のことを知っている様子。
ロンガデセオ市民の間でその存在が語り継がれていたのか、それともこの兵士が実はかなりの高齢者なのか、或いはザムが人間ではないのか。
ロンガデセオ市民の間でその存在が語り継がれていたのか、それともこの兵士が実はかなりの高齢者なのだろうか。
道をあけてくれる時のセリフの『あんたらが あの方の知り合いとは。』という言い回しからいっても、50年間音沙汰なしだった筈のザム神官が存命である事を、まるっきり当たり前のように思っている。

ちなみにザムが実は人間ではないなどという話は噂レベルでも存在せず、実際にマウントスノーを訪れる旅人たちはザムが存命だったことに心底驚愕している。
----