【シャナク】 の変更点


#contents
*概要 [#b6720c52]
DQ3などに登場する呪文。呪いを解除する。
レギュラーになってそうでなってない珍しい呪文。
他の作品では呪いを解くのは教会の専売特許となっている。詳しくは[[【呪い】]]を参照。
DQ9より解呪手段は復活したが、シャナクではなく[[【おはらい】]]となっている。

*DQ3 [#j5eebb00]
[[【魔法使い】]]と[[【賢者】]]がLv30で覚える。その効果から神聖なイメージがあるが僧侶は習得しない。
教会の[[【のろいをとく】]]と同様、呪い装備を破壊して外すという強引な呪文。
当然、呪われる装備がどれかを知っておけばこの呪文の世話になることも無い。
ちなみに、消費MPは18と非常に高い。
とはいえ[[【教会】]]での[[解呪料金>【のろいをとく】]]はバカ高いので、あれば助かることに変わりはない。
 
FC版では[[【ふこうのかぶと】]]が売却も捨てることも不可能な存在であるため、[[【預かり所】]]を埋めないために故意に装備してこの呪文で破壊するという使い方がある。
*DQ5 [#c734d2c9]
DQ5では呪い装備が自由に着脱可能になったので、呪いの装備を外す呪文ではなくなった。
本作では、敵の[[【呪いをかける】]]で喰らう「ステータス異常としての呪い」の解呪用。
妻の石像にかけられた呪いを解くこともできない。
消費MPは10に減っているがそれでも高い。
 
覚えるのは勇者である[[【男の子】]](Lv20)の他、[[【クックルー】>【クックル】]](Lv18)と[[【メッサーラ】>【サーラ】]](Lv22)。
習得する面子の関係で、男の子を連れていない場合、全く呪いを治せないというのも珍しくない。
かといって教会を使うと大金を要求されるので、呪われたキャラをわざと殺して[[【ザオラル】]]系で蘇生という「荒療治」が使われたりする。
 
しかも、なぜか戦闘中に使えない。つまり「HPが呪われた」「MPが呪われた」という移動系の呪いのみが対象となる。
戦闘中にのみ悪影響を受ける、「動きが呪われた」「頭が呪われた」という呪いは解呪できないのだ。
これらの呪いは戦闘が終了すると勝手に治る。
ちなみに、[[【まんたん】]]コマンドでこれは唱えてくれない。
 
実は[[【サラボナ】]]のルドマンの屋敷に入れば、隊列2~3番目のキャラは無料でフルコンディションになるため、解呪もされる。
 
だが、この呪文が特に重要となるのは、ダンジョン探索である。施設での回復は撤退を意味するので、中途半端なフロアで呪われてしまうと、先へ進みたいときはさすがに悩みの種になる。特にMPの呪いはキャラによってはかなり頭が痛い問題。

**リメイク版 [#x17f6d4f]
呪い使いだった[[【サターンヘルム】>【ヘルム】]]が仲間になるようになり、Lv8で習得する。
戦闘中に使用可能になり、戦闘中の呪いも解呪できるようになった。
実質無駄行動だった[[【ライオネック】]]の呪いが機能するようになったこと、特にDS版以降では呪いが必中になったこともあり、重要度が高くなっている。
 
また、ルドマンの屋敷での解呪が使えなくなった代わりに、[[【デモンズタワー】]]の一階左側の扉にある[[【回復の泉】]]で解呪できるようになった。

*DQ10 [#y32e2ccf]
夢現篇で[[【いにしえの呪文】]]のひとつとしてイベントのみの登場。
作中の描写を未プレイ者にうまく説明するなら「[[【破邪の秘法】]]で超強化されたシャナク」といった感じだろうか。
詳しくは[[こちら>DQ10大辞典:【シャナク】]]を参照。
*DQ11(3DS版) [#ib5dbeaa]
[[【冒険の書の世界】]]の[[【ムーンペタ】]]で[[【ムーンブルクの王女】]]が使うイベントのみの登場。
[[【プレイヤーキャラクター】]]の中でこの呪文を覚える者はいない。[[【セーニャ】]]辺りが使えてもいいような気もするが。
*不思議のダンジョンシリーズ [#r9c77b51]
[[【シャナクの巻物】]]が皆勤。アイテムの呪いを解く。
 
2では、オリジナルの呪文を魔法使いが覚えたりもする(もっとも、魔法使いが装備できるのは指輪のみだが)。
2までは装備の呪いは外せなくなるだけなのでいざとなれば我慢すれば良いし、呪いは解けずとも外す手段は意外に多かったりと少々立場が微妙だった。
 
3と少年ヤンガスでは、呪いの仕様が極悪に変化したので重要度が跳ね上がった。
 
少年ヤンガスでは[[【ゴールデンスライム】]][[【ベホマスライム】]][[【プチプリースト】]]の3種類がシャナクを習得。
習得者とその配合素材の関係上クリア後までお預けだが、合体して使わせることで持っている物全ての呪いを解くことができる。
ゴールデンスライムはそのままではシャナクが使えず、ベホマスライムはあちこち勝手にふらつき、プチプリーストは行動を失敗する。
なぜか全員がどこかしら短所を抱えるという奇妙な共通点があるが、道中で無限に使えるシャナクの価値はそれを補って余りあるだろう。
ゴールデンスライムはそのままではシャナクが使えず、ベホマスライムはまともに行動せず、プチプリーストは魔法を失敗と、なぜか全員別の短所を抱える奇妙な共通点があるが、道中で無限に使えるシャナクの価値はそれを補って余りあるだろう。そもそも配合して子に受け継がせればデメリットも消える。
ちなみにこの中で一番作りやすいのはゴールデンスライムで、[[【いにしえの闘技場】]]で親となる2匹と配合のための贈り物が簡単に集まる。
 
*DQM [#ga0984ee]
5と同様、ステータス異常の呪いを治す効果。
呪いは意外と厄介なので、[[【ひかりのはどう】]]がないうちは覚えておいて損はないだろう。

*ロトの紋章 [#la72034a]
[[【タオ】]]が[[【サーバイン】]]戦で使用した。
[[【魔剣ネクロス】]]の呪いを一時的に解き、サーバインに過去を思い出させるのだが、魔剣ネクロスの強固な呪いの前に再びサーバインは魅入られる事となる。

*ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~ [#occ0190d]
[[【エイベル】]]がラダトーム城の人々が呪いで消えたと思い、自分も消えてしまうのではないかと考え[[【アリアハン】]]にある[[【教会】]]にシャナクで呪いを解くように頼んだが、呪文が効力を失っていたために使えなかった。
----