【ドラゴンクエストチーム】 の変更点

*概要 [#jff20a68]
[[【スクウェア・エニックス】]]内でドラゴンクエストシリーズを担当している部門。
前身は[[【第9開発事業部】]]で、2005年4月に開発部制の廃止に伴い、プロデューサー統括部内に再編成された。
2013年12月からはビジネス・ディビジョンという区分けになったため、プロデューサー統括部は''第6ビジネス・ディビジョン''(第6BD)となった。トップであるディビジョン・エグゼクティブは[[【三宅有】]]。
ドラクエシリーズのスタッフロールでは第6BDではなく「ドラゴンクエストチーム」として記載される。
 
「プロデューサーを統括する」部署だった同BDには他にもスクエニがパブリッシャーを務める多くの外部開発作品の担当が割り当てられている。DQ関係者からも「ニーア」([[【齊藤陽介】]]がP)、「ジャイロゼッター」([[【市村龍太郎】]]がP)などが新しいIPとして立ち上げられている。
浅野智也(ブレイブリーデフォルトやオクトパストラベラー)のチームは2018年4月に(新・)第11BDとして独立した(2013年末発足の旧・第11BDは現在、第9BDの一部となっている)。
浅野智也(ブレイブリーデフォルトやオクトパストラベラー)のチームは2018年4月に(新・)第11BDとして独立した(2013年末発足の旧・第11BDは第9BDの一部となった)。
 
DQ10やDQ11では、自社開発を行うようにもなった。
ドラクエもオンラインやブラウザゲームなど、スクエニ内の別BDとの協業が増えている。
特に顕著なのが、DQチームはプロデュースのみで、企画・開発を第5BDが手がけている[[【ドラゴンクエストビルダーズ】>【ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ】]]シリーズであろう。
特に顕著なのが、DQチームはプロデュースのみで、企画・開発を第5BDが手がけた[[【ドラゴンクエストビルダーズ】>【ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ】]]シリーズであろう。
 
2019年4月には第二開発事業本部内に再編成された。本部長は引き続き三宅が務める。
----