【ノーガード】 の変更点

*DQMJ3P [#cb808568]
合体特性の一つ。
自分が受けるダメージと敵に与えるダメージが共に1.5倍になる。
もちろん防御はできるが、その際の被ダメージは0・75倍になる。
被ダメージに倍率がかかる特技・特性とは重複する。
 
そのまま使おうものなら被ダメージ増加が強烈なので「やられる前にやれ!」な超速攻タイプにせざるを得ないだろうが、[[【亡者の執念】]]を持たせたモンスターならば被ダメージが大きくなっても気にならないため純粋に強化目的で使用できる。
むしろ亡者の執念を発動させやすくなるので相性は良好。
 
被ダメージが増えることを利用して[[【最後のあがき】]]とコンボすることもできる。特に4枠[[【すてみ】]]と相性が良い。
[[【つねにアタカンタ】>【つねにアタックカンタ】]]持ち以外は高倍率の先制攻撃を与え、アタカン持ちは反射ダメージからのあがきで削ることが可能。
あがきのダメージはブレ幅が大きいが、ノーガード持ちが使って反射ダメージの量を底上げすることで安定性が高まる。
また、あがきを発動させた場合は敵に亡者の執念持ちがいたとしても自分が死亡した時点でターンが終了するため、行動機会を与えずに倒すことができる。
ただし、合体モンスターを消費するのは大きなハンデになるため、その後のケアを十分考えたうえで運用したい。
----