【パンの巻物】 の変更点

#contents
*不思議のダンジョンシリーズ [#ya4ab5f0]
指定したアイテムを[[【大きなパン】]](3では普通の[[【パン】]])に変える巻物。
この巻物の存在があるため、未識別の指定系の巻物は失っても構わないアイテムに使いたい。
呪われた装備も、これを使えば強引に外すことができる。
[[【へんげの壺】]]と同様、操作ミスで鍛え上げた装備をパンに変えてしまったりすると被害甚大なので、あせらず慎重に扱おう。

**トルネコ1 [#u3ef582c]
クリア後の[[【もっと不思議のダンジョン】]]で初登場。
「どれを」と聞かれる巻物はこれまで[[【インパスの巻物】]]しかなかったため、
未識別の指輪や杖に使ってパンにしてしまうのは誰もが通る道であった。
もっと不思議では大きいパンが普通に落ちていないので、なくてはならないアイテムである。
[[【シャナクの巻物】]]は手に入りづらく、識別のために無駄に使ってしまうことも多いため、
強引にでも呪い装備を外せるこの巻物は、2つの意味で便利なアイテムであった。

**トルネコ2 [#r79abcd9]
クリア前の[[【不思議のダンジョン】]]から登場。
呪いを解く[[【神父】]]や[[【装備外し】]]のワナなどで装備をはずしやすくなり、強引に装備を外す用途にはあまり使われなくなった。
[[【泥のワナ】]]でパンが腐る可能性が出てきたため、[[【保存の壺】]]を持っていない状況なら、パンにせず巻物のまま持ち歩くのが賢明。
ただし[[【催眠攻撃】]]で重要なアイテムをパンにさせられることにもなるので、催眠攻撃を使う敵がいるフロアまで来たらさっさと使ってしまおう。
あまり知られていないが、足元の[[【お墓】]]に使用すると[[【くさったパン】]]になる。

パンの巻物を1枚持っている時、その巻物を対象に読むと「パンの巻物はパンにできない。」と表示されパンは作製されない。読んだ巻物も無くなる。
パンの巻物を2枚持っている時、パン巻Aに対してパン巻Bを読んでも同じく「パンの巻物はパンにできない。」と表示されパンは作製されない。パン巻Aはそのまま残り、パン巻Bは無くなる。
**トルネコ3 [#nd258828]
クリア後の[[【封印の洞窟】]]や[[【不思議の宝物庫】]]の壁、[[【異世界の迷宮】]]に登場。
 
パンの巻物を除く、あらゆるアイテムを強制的に[[【パン】]]に変化させる強力な巻物。
例外として、お墓は[[【くさったパン】]]へと変化する。
また驚くべきことに、''[[【ひとくいばこ】]]をこの巻物の効果でパンに変化させた場合、なんと本物のパンになる''のだ!([[【へんげの壺】]]でパンになった場合はひとくいばこのまま)
メッセージは
 ひとくいばこは
 パンに変わった。
と表示され、美味しくいただける。
実質、パンの巻物を読んだ時点でひとくいばこは完全に消滅したものと判定され、新たにパンが上塗りされる。
 
[[【マホトーンの石像】]]の影響は当然受ける(石像よけの指輪やその印があれば効果が発揮される)。
 
異世界の迷宮では不要なアイテムやくさったパンをパンへ戻すことができるため、食糧難対策として割と有能。
なお、パンにこの巻物を使っても特別なメッセージがあるわけでもなく
 パンは
 パンに変わった。
と表示される。
 
上述通り何故か、パンの巻物をパンに変化させようとすると、
 パンの巻物を パンに
 変化させることができなかった!
と表示される。
これは複数のパンの巻物を所持していても同様である。
よってパンの巻物産のパンは絶対に生成しない。
 
それにしても、呪い状態含む、選択したアイテムがパンになるとは通常では考えられない怪奇現象である。
このようなパンに平然たる顔で食らいつくトルネコ親子はやはり超人なのだろう。
 
クリア後のダンジョン共通で注意すべき操作ミス、間違っても装備品にこれを使用しないように。
本当に取り返しがつかないことに。
[[【ロトの剣】>【ロトのつるぎ】]][[【ロトの盾】>【ロトのたて】]]や[[【技封じの指輪】]][[【ワナ抜けの指輪】]][[【石像よけの指輪】]]など、あらゆる対策をしていても、この巻物ひとつで虎の子の装備品が消え去る。''取り戻す手段は一切ない''のでくれぐれも慎重に。
----