【ヒノノギ火山】 の変更点

#contents
*DQ11 [#x17e85f7]
[[【ホムスビ山地】]]の[[【ホムラの里】]]の西にある[[【火山】]]。
英語版での地名はなんとMount Fuji…ではなくMount ''H''uji。富士山の捩りなのはまず間違いないだろう。
 
ホムラの里の巫女[[【ヤヤク】]]とその息子[[【ハリマ】]]が[[【人食い火竜】]]と戦った地。
PS4版と3DS版とで若干場所が異なり、前者ではホムラの里から西の2つの橋を渡った先にあり、3DS版3Dモードではホムラの里への坂道の途中から分岐する形である。
外観マップには火山への入口が3ヶ所あり、それぞれ秘密基地、火山内部、禁足地([[【伝説の鍛冶場】]])へと通じている。
 
物語序盤では扉がすべて閉ざされており、外側までしか立ち入れない。
外側では[[【ごうけつぐま】]]のみ出現する。コイツは後に[[【クレイモラン地方】]]で出る個体より弱く[[【カミュ】]]と二人で倒せる程度。
経験値は比較的多めで転生モンスターの[[【あらくれパンダ】]]も出現しないのでコイツでレベルを上げるのも手。
 
また余談だが、火山内部にある溶岩は[[【バンデルフォン王国跡】]]などにある毒沼よりも一発辺りのダメージが大きく、十数回ほど踏んだだけでパーティーメンバー全員のHPが1になる。通常は厄介なダメージ床だが、3DS版で[[【旅のおもいで】]]を埋める際に手間となる[[【妖魔軍王ブギー】]]にわざとやられたい時や、「草系アイテム」を200回使うと貰える「鬼の草ラー」の[[【称号】]]を得る為に、[[【やくそう】]]系アイテムを大量消費したい時などには重宝する。
**世界に異変が起きた後 [#ia1b5842]
序盤から登場するダンジョンだが、内部に入れるのは[[世界に異変が起きた後>【異変後】]]に[[【船】]]を再入手してから。
 
当初は炎神の儀式の邪魔をする化物の退治をヤヤクから以来されて訪れることになるが、その正体はいけにえに選ばれた母親を守ろうとしていた[[【テバ】]]と[[【サキ】]]であった。
このイベントで秘密基地に入れるようになり、その奥へ入って行くと最深部には倒したはずの人食い火竜が居座っているのが確認できる。
 
確認後一旦戻り、ホムラの里で人食い火竜を追い払うと、ヤヤクの侍女から貰った[[【山門のカギ】]]で表口から火山内部に入れるようになる。
ダンジョン内は[[【バロンナイト】]]に[[乗る>【モンスター乗り物】]]ことで岩を壊すことができ、ダメージ床も回避可能。
[[【じごくのおくり火】]]や[[【スライムタール】]]などの炎や溶岩を連想させるモンスターが多いのも特徴で、最深部で改めて人食い火竜と戦闘になる。
解決後、ヤヤクの侍女から[[【禁足地へのカギ】]]を貰うと伝説の鍛冶場に入れるようになる。
 
[[【天空魔城】]]に突入するために必要な[[【勇者のつるぎ】]]を作成するために必須のイベントであり、[[【討伐モンスターリスト】]]の掲載順で想定されているタイミングは魔城突入の直前となっている。そのタイミングであれば仲間が7人揃った状態で挑むことになる。
人食い火竜はかなりの強敵なので、安全に攻略するならば全員集まってから挑んだ方がいい。
また道中の雑魚敵のほとんどが氷属性に弱く[[【マヒャド】]]が大活躍するため、これを覚えているかどうかで道中の戦いの難易度が大きく変わる。
 
しかし人食い火竜と戦えるタイミングは前述のように船の再入手後からで、主人公・グレイグ・ロウ・シルビアだけで挑む事が可能。
そのため、人食い火竜討伐のイベントシーンではカミュ・セーニャ・マルティナは一言も喋らない(3DS版では姿も映らない。サマディー王国も同様)。
しかし人食い火竜を最初に発見する際に通る裏道には群れで出現し、互いを[[呼び合う>【なかまをよぶ】]]スライムタールやじごくのおくり火の出現地点が密集しており、更には低確率で[[【メタルハンド】]]も出現する為、レベルを上げるには非常に効率の良い場所となっている。
その為ここでレベルを上げれば、前述の船入手後のタイミングですら人食い火竜に勝てない事もないため、イベントクリア後に販売される[[【はぐれメタルよろい】]]を早期入手したい場合には一考の価値がある。
**過ぎ去りし時を求めた後 [#zd488785]
山門のカギと禁足地のカギは手元から消失しているが、ヤヤクがカギを開けたままにしているのか火山内部には普通に入れる。一方、鍛冶場にはこの時点では入れない。
元々いたスライムタールやじごくのおくり火などの邪バージョンに加え、[[【ヘルバトラー】]]や[[【カイザーマムー】]]が闊歩している。
火山内部の最深部にヤヤクがおり、[[【ラーのしずく】]]を持ってくるように頼まれるので、それを持ってヤヤクに会いに来ればヤヤクとハリマとの親子再会イベントが発生し、ホムラの里で親子から[[【名刀斬鉄丸】>【名刀 斬鉄丸】]]と禁足地へのカギが貰える。
 
素材である[[【ほのおの樹木】>【炎の樹木】]]を過ぎ去りし時を求めた後で入手できるのはここの[[【キラキラ】]]からのみとなるので、人によっては足繁く通うことになる。
**DQ11S [#ta09d6b0]
[[【希望の旅芸人】]]シナリオの行動範囲内にあるが、異変の前と同じく扉から先には行けない。
 
また、[[【冒険の書の合言葉】]]を持つヨッチ族が2カ所にいる。両方とも世界に異変が起きた後から入手可能。
1つ目は秘密基地に[[サマルトリアの城>【サマルトリア】]]の合言葉を持つヨッチ族がいる。
1つ目は[[サマルトリアの城>【サマルトリア】]]の合言葉を持つヨッチ族。こちらはテバとサキの秘密基地におり、最速なら[[【シルビア号】]]を再度入手しヤヤクに会いさえすれば入手できる。
そして2つ目は[[バラモス城>【バラモスの城】]]の合言葉だが、モードによって居場所が異なっている。
3Dモードでは伝説の鍛冶場の入口を入ったところにおり、禁足地へのカギが必要。ストーリーの順番に添えば過ぎ去りし時を求める前の最後の合言葉となり、奇しくも本編では「これから[[【魔王ウルノーガ】]]との決戦」というタイミングで、冒険の書の世界では「[[魔王バラモス>【バラモス】]]との決戦間近」という状況となる(ただしバラモスと戦うのは最初のバラモス城をクリアしてから)。
しかし2Dモードでは鍛冶場への扉より手前にヨッチ族がおり、山門のカギさえあれば入手できる。このため最速なら[[【シルビア号】]]を再度入手して間もない頃に入手できる。
3Dモードでは伝説の鍛冶場の入口を入ったところにおり、禁足地へのカギが必要。したがって人食い火竜を完全に倒し、かつ仲間を揃えて[[【ケトス】]]を入手し[[【神の民の里】]]のイベントまで終えていなくてはならない。
順番に添えば過ぎ去りし時を求める前の最後の合言葉となり、奇しくも本編では「これから[[【魔王ウルノーガ】]]との決戦」というタイミングで、冒険の書の世界では「[[魔王バラモス>【バラモス】]]との決戦間近」という状況となる(ただしバラモスと戦うのは最初のバラモス城をクリアしてから)。
しかし2Dモードでは鍛冶場への扉より手前にヨッチ族がおり、山門のカギがあれば入手できる。つまり1回目の人食い火竜さえ倒せれば、サマルトリアの城と同じくシルビア号再入手から間もない頃に入手できる。
----