【ブラックタヌー】 の変更点

#CONTENTS

*概要 [#te4ac185]
DQ9に登場する黒い体で赤いもみじ型の葉っぱを背負ったタヌキ型のモンスター。
同種に[[【ポンポコだぬき】]]、[[【メイジポンポコ】]]、[[【ゴールドタヌ】]]がいる。
「だぬき」と「タヌー」と「タヌ」にどのような使い分けの意味があったのかは永遠の謎。
名前を連呼するとヌーブラになるから、ゴールドタヌの「タヌ」を強調させるため、などが考えられるが憶測の域を出ない。
名前を連呼するとヌーブラになるから、ゴールドタヌの「タヌ」を強調させるためにあえて長音を付けた、
などが考えられるが憶測の域を出ない。

*DQ9 [#cbeafbf8]
[[【ヤハーンしっち】]]の北東部に出現する。
また、[[【グビアナさばく】]]東の小島にはなぜかコイツしか棲んでいない。
下位種のメイジポンポコと同じく葉っぱつながりで[[【まだらイチョウ】]]に呼ばれて出てくる事もある。
コイツ独自の[[【かすみがくれ】]]というニンジャめいた行動で回避率を上げるほか、バギマやマホトーンを使う。
持っている葉っぱで盾ガードする事も。
なので、早ければ[[【船着き場】]]に着いた頃に登場し、この時点でのバギマは強烈。
船入手後に会う頃には大した相手ではない。
 
ちなみに、身かわしと盾ガードを両立する数少ないモンスターである。
他に同じ特徴があるのは[[【シュプリンガー】]]のみ。
 
落とすアイテムは通常枠が[[【まじゅうの皮】]]、レア枠が[[【特やくそう】]]。
まじゅうの皮ドロップ率が1/8と高いので、必要ならば盗みまくろう。
ただ、まじゅうの皮を1/8でドロップする敵は他に7種類もいるので、
レアドロップの平凡なコイツから盗む必要性は薄い。
 
*DQMJ3P [#o9a5f38a]
魔獣系のDランクで、ライドタイプは陸上・歩行。
[[【歓楽の霊道】]]で[[ノチョリン(JOKER)にスカウトをお願い>【ノチョリン】#system]]することでまれに手に入る。
 
特性は[[【スモールボディ】]]、[[【みかわしアップ】]]、[[【風ブレイク】>【○○ブレイク】]]。
+25で[[【まれにまもりの霧】>【まれに○○】]]、+50で[[【ときどき黒い霧】>【ときどき○○】]]、+100で[[【会心かんぜんガード】]]。
メガボディ化で[[【亡者の執念】]]、ギガボディ化で[[【AI3回行動】>【AI○回行動】]]、超ギガボディ化で[[【星のまもり】]]を習得。
合体特性は[[【つねにミラーステップ】]]で、合体特技は[[【祝福の舞】]]。
マホトーンはときどき黒い霧、かすみがくれはまれにまもりの霧と、原作での特徴を最大限に再現している。
しかし、持っている葉っぱはもみじ型のものからポンポコだぬきが持っている物の色違いになっている。
----