【ラプソンフープ】 の変更点


 *DQ11(3DS版) [#h793f92c]
 [[【追憶の神殿】]]のボスモンスターで[[【暗黒神ラプソーン】]]の力を与えられた[[【ファンキーフープ】]]系の魔物。ラプソーンほどではないにせよやっぱりメタボ体型で、カラーはラプソーンと同じ。
 姿自体は[[【妖魔軍王ブギー】]]の色違いだがこっちは目が2つしかなく、ブギーのようなネタキャラ要素は一切ない。
 ちなみに戦闘前の台詞で「''破壊神''」とラプソーンの肩書き(神格)を間違えてしまっている。そりゃシドーじゃい。
 また、[[【討伐モンスターリスト】]]によると周囲に浮かべている玉の一つ一つに世界を破壊するチカラがあるらしく、これなら後述の様な強さも頷けるか。
 なおこっちではちゃんと「暗黒神」と書かれている。
  
 これまでの番人とは比べ物にならないレベルで危険度が高い。
 [[【念じボール】]]や[[【神々の怒り】]]は健在で、[[【ナウマンムーア】]]同様[[【マダンテ】]]→[[【いのり】]]も使う。
 神々の怒りを使用する時のモーションがこの系統おなじみのファンキーなダンスなのでなかなかシュールな光景だが、3DS版8と同程度の猛烈なダメージが4回も来るのでたまったものではない。使用頻度はそこまで高くないのが救いか。
 マダンテも凶悪で300程度のダメージを味方全体が受ける、無属性なので防具対策が出来ず、耐えても相方の攻撃でトドメを刺される可能性が高い、倒れられたらまずい回復役などにはマホカンタを貼っておくといい。
 マダンテも凶悪で300程度のダメージを味方全体が受ける、無属性なので防具対策が出来ず、耐えても相方の攻撃でトドメを刺される可能性が高い、倒れられたらまずい回復役などにはマホカンタを貼っておくといい、[[【マジックバリア】]]で軽減も出来る。
 通常攻撃はノロノロ近づいて腹をぶつけて来るがたまに300程度の痛恨になるためドキドキである。
 竜巻は50程度しかダメージを受けず、これは完全なサービス行動、と言うかこいつのサービスはこれぐらいである。 
 これに加えて素早く、先手を取って[[【みわくのこしつき】>【みわくの腰つき】]]でこちらを[[【魅了】]]させてくる他、相方の[[【モンス・デミーラ】]]も複数の相手にダメージと状態異常を与えてくるので、備えは必須。
 魅了はこの後に戦う[[【メガトンギオス】]]も使ってくるため、耐性を上げるアクセサリは装備しておきたい。
 ローテーションなのでマダンテや神々の怒りが飛んで来るタイミングは決まっている。
 かなりの難敵ゆえ真っ先に倒したいところ、逆にモンス・デミーラから倒した場合、こいつの行動回数が増え、高い確率で[[【神々の怒り】]]→[[【マダンテ】]]→[[【いのり】]]という超凶悪コンボを使用しパーティを壊滅させてくるため、後回しにしてしまうことは極力避けたいところ。
 モンス・デミーラはパワーアップしてもそれ程強くないため集中攻撃を仕掛けるならこいつから、
 こいつの弱点は氷、雷、光の3つだが実はこんななりして守備力が高いため物理が通りにくく、魔法やギガブレイクなどの属性技が有効。
 あらかじめスタメン4人をゾーンしておいて、[[【ギガバースト】]]を叩き込むのも有効、弱点なので3000以上を望める。
   
 相方も同時に倒したいなら相方がやや耐性を持つ氷属性は不向き、イオグランデや閃光斬でダメージを与えて行くといい、しかし魅了の巻き込み事故には細心の注意を払っておきたい。
 
  
 何も考えずに突っ込むと間違いなく爆砕するので、装備をしっかりとしたいところ、運にも左右される…と言うか低レベルクリアや装備縛りだとほぼ運ゲーなので根気良く。
  
 また、相方のモンス・デミーラと[[【れんけい】>【連携】]]して[[【みわくのトゲミサイル】]]を使用する。
  
 倒すと「うおおおぉぉぉっ!!!どこまでも目障りな虫けらどもがぁ!!!」と、
 ラプソーンのバリアを剥がした後のあのセリフの後[[【ぐふっ…!】]]と倒れる。
 ----