【リムルダール】 の変更点


 #contents
 *概要 [#ybe6b920]
 DQ1とDQ3に登場する[[【町】]]。
 [[【アレフガルド】]]南東部の湖に囲まれた美しい町で、西に[[【魔の島】]]がある。
 英語版での地名は全機種共通でRimuldar。
  
 なお、続編のDQ2およびさらにその後のキャラバンハートの世界に、リムルダールは存在しない。
 *DQ1 [#kb7a542f]
 リムルダール島の中央付近に位置し、[[【沼地の洞窟】]]を抜けて南下するとたどり着ける。
  
 宿屋・武器と防具の店、そして鍵屋、預言所がある。
 最初は、[[【かぎ】]]を求めてここを訪れることになるだろう。
 二個目の鍵はここでしか買えない。
 ただし町の内側からは鍵屋に行くことができず、町に入ったら橋を渡らずにすぐに外堀に沿って北に歩いていかなければならない。
 鍵は1個あたり53G。
 他にも、シリーズ初の[[【ぱふぱふ】]]娘(実際にはしてもらえない)や、[[【ようせいのふえ】]]の情報をくれる老人[[【よしりーん】]]がいる。
 町外れでは[[【ちゅん】]]がデートの待ち合わせ中だが、相手の女性はほぼ反対側の場所にいる。町の外側を歩かなければそれぞれに話しかけることができない。これがラダトーム城の地下室へのヒントとなっている。
 FC版等では道具屋が無く[[【やくそう】]]が買えないので注意。
 一方で扉を二個越えた所の宝箱には[[【キメラのつばさ】]]があり、町を出入りすれば何度でも取れる。
 鍵2個分(106G)を消費するので本来の購入価格70Gよりも割高だが、ルーラ習得前にラダトームに帰りたいときには便利。所持金が210G以下ならデスルーラの方がお得だが。
 鍵2個分(106G)を消費するので本来の購入価格70Gよりも割高だが、ルーラ習得前にラダトームに帰りたいときには便利。所持金が210G以下なら[[【デスルーラ】]]の方がお得だが。
  
 ここから南へ行くと、預言者が言っていた[[【聖なるほこら】]]があるが、ここの周辺に金持ちモンスター[[【ゴールドマン】]]が出現する。
 こいつを倒してお金を貯め、ここで装備を整えておこう。
  
 店では[[【はがねのつるぎ】]]と[[【まほうのよろい】]]がある。頑張って7700Gためてまほうのよろいを買おう。
 宿代は一泊55G。
  
 なお町から岩山を越えた南西の森林地帯の海に面したマスは[[【メルキド】]]周辺のモンスターエリアに引っかかっており、[[【かげのきし】]]や[[【スターキメラ】]]、[[【キラーリカント】]]と言った場違いな強敵に遭遇するため、腕に自信がなければ近づかないほうがよいだろう。
 **リメイク版 [#n58e060e]
 武器防具店付近に旅の商人が現れ、道具屋を営んでいる。これによって、[[【やくそう】]]を買えるようになった。
 鍵屋では壷から、かぎ6つ分以上のゴールドを入手できるため、極端な話、所持金ゼロからでも鍵の入手ができる。
 そしてかぎ1つの値段は売値を10G下回る16G。戦わずして所持金を増やすことが出来る。
 ただしPS4版・3DS版では鍵の売値が16Gになったため金策には使えない。
 最初はラダトーム城やガライにある宝箱の回収するために手に入れておくと良い。
  
 人物も一部変更され、ぱふぱふ娘は[[【マイラ】]]へ移動。ちゅんとよしりーんに代わって[[【ロッコ】]]と[[【ナナ】]]のカップルがいる。
  
 鍵屋についてはDQ3での設定が反映されており、エンディングで鍵屋を訪れると老人は「今後も壊れない鍵の研究を続けていく」という意思表示をする。
 
 宿代は一泊24G。鍵屋の近くで[[【まもりのたね】]]が手に入り、宿屋の扉を越えた先にある宝箱は[[【いのちのきのみ】]]に置き換わっている。
 **小説版 [#f9fc0536]
 [[【かげのきし】]]を倒した後、[[【ガルチラ】]]・[[【ローラ姫】]]と3人で訪れることになる。
 リムルダール島の中央にあるリムルダール盆地のこれまた中央にあるリムルダール湖に存在するという、ゲシュタルト崩壊を起こしそうな町である。
  
 [[【ベラヌール】]]とは地形が似ている縁で、姉妹都市という設定になっている。
 住人の霊媒師が呼び出した異様にテンションの高い霊から、聖なるほこらの場所を聞く事になる。
 
 **ゲームブック(双葉社) [#p031d252]
 ゲーム版同様、道具屋が存在しない…どころか、住民は「道具屋」という言葉自体を知らない。
 また、宿屋でぱふぱふ娘が登場し、100ゴールド払えばしてもらえるのだが…。
 
 *DQ2 [#zb4d99d7]
 原作ゲームでは、島は存在するものの町は存在せず、「リムルダール」という単語も未登場。
 各関連書籍では、以下の通りの扱いである。
 
 **ゲームブック(双葉社) [#hba1d12b]
 島の名前は登場するのだが、[[【魔の島】]]へ通じる橋以外は「何も無い」と明言されている。
 
 **ゲームブック(エニックス) [#z9dd993b]
 [[【ガライの町】]]などとともにちゃんと存在しており、買い物や福引ができる。
 
 *DQ3 [#k5a32445]
 沼地の洞窟が開通していない代わりに、[[【メルキド】]]方面と陸続きになっている。
 ここへは船で来るか、メルキド方面から歩いて来ることになる。
  
 予言所の建物の2階には教会と牢屋がある。アレフガルドでの教会は[[【ラダトーム】]]とここのみ。
 [[【ゾーマの城】]]の隠し階段の情報もある。
 特にイベントはないが、周辺には[[【はぐれメタル】]]がよく出現するためここを拠点に狩ってもいいだろう。
 [[【マドハンド】]]も出現するので[[【だいまじん】]]を召喚させて倒しまくるというテクも可能で[[【ルビスの塔】]]、ゾーマの城と並びレベル上げには最適な場所である。
 少し回り道をして南方の森へ進めば[[【ゴールドマン(DQ3)】]]との遭遇も期待でき、経験値・ゴールド共に最後に一稼ぎしていけと言わんばかり。
 更に上記の過程で[[【らいじんのけん】]]のドロップも狙える。
 他にもゾーマの城へ向かう時の最後の休憩地点として利用できる。
 [[【ルーラ】]]で移動できる場所の中でもゾーマの城に最も早く着ける場所でもある。
  
 [[【いのちのゆびわ】]]が宿屋の宝箱にあり、さらにリメイク版では本棚の中に[[【さとりのしょ】]]があるので、どちらも忘れずに回収するように。
  
 DQ1の鍵屋と同じ位置には老人の家があるが、この時代はまだ鍵は研究段階であり、何も売られていない。
 ただし、訪れると[[【まほうのかぎ】]]を見せるというミニイベントが発生し、エンディングでは見せた魔法の鍵を元に試作に成功したことが明かされる。
 DQ1の[[【かぎ】]]に繋がると思うと感慨深い。
  
 また相変わらず別々の場所で待ち合わせしているカップルがいるが、男性の位置がわかりづらく、鍵の老人の家付近からさらに左の何もない平原の中にポツンといる。
 この男性は[[【けんじゃのいし】]]の情報をくれる。
  
 リメイク版ではここで[[【戦士】]]にとって最高の守備力を持つ[[【オーガシールド】]]・[[【グレートヘルム】]]を購入出来る。
 後者は勇者にとっても最高の守備力で重宝するが、前者は「硬いだけ」で耐性はないので使いどころに注意が必要となる。
 **小説版 [#pf63b5b6]
 島全体には300近い町村があり、総人口は百万以上。
 リムルダールの街の人口は1万4千。
  
 パーティはここの宿屋で[[【オルテガ】]]の消息に付いて情報を得た後、すぐに旅立つ為、僅かな登場となった。
 もっとも名前しか登場しないメルキドや、それすらない[[【ドムドーラ】]]よりは恵まれているが。
 
 *DQB [#w41dc7ce]
 [[2章>【2章 リムルダール編】]]の舞台。[[【ヘルコンドル】]]が撒いた病に人々が苦しんでおり、辺り一面毒沼で覆われている。
 修道女の[[【エル】]]や薬師の[[【ゲンローワ】]]と協力して各地で病に倒れた人々を連れてきて治療しつつ、元凶たるヘルコンドルの打倒を目指していく。
  
 緑に溢れていた[[【メルキド】]]周辺とは真逆で、木はおろか土すら枯れきっており、自然はほぼ死滅、辺りは毒沼とまるで別世界である。
 しかし高台は緑が広がっており、[[【くすりの葉】]]、[[【綿毛】]]、[[【まめ】>【まめ(道具)】]]などクエスト進行に欠かせない素材がたくさんある。
 それらを求めに高台へ上がって来たビルダー達を[[【どくやずきん】]]が容赦なく撃ちぬき、為す術なく毒死は初見プレイヤーにはお約束。周囲の警戒を怠らず、深追いは禁物。
 拠点にも[[【骨】]]が転がり、南西には[[【わらベッド】]]が二つ置かれた囲いがあるので、[[【たき火】]]を移動させて寝床を作るといい。北部には大きな囲いがあり、その中には[[【水わく青石】]]が置かれている。
  
 ヘルコンドルを倒した後も毒沼に覆われた町である事は変わらない。毒沼を埋め立て水を流し、リムルダールの浄化に勤しんだビルダーも多い。
 *アベル伝説 [#x8c51bd2]
 終盤にて名前のみ登場。伝説の竜を甦らせるための聖剣と聖杯をバラモスより先に確保するため二手に分かれた一行が、落ち合う先に指定した場所。
 アリアハンから始まった冒険の最終盤での拠点という事で3のオマージュを匂わせる。しかし、[[【ジキド将軍】]]の[[策>【トビー(アベル伝説)】]]によって聖杯が敵の手に落ちたことなどから、即最終決戦になだれ込んだため、結局作中に登場する事は無かった。
 
 ----