【ロトの盾(レプリカ)】 の変更点

*ロトの紋章 [#ecdea68d]
[[【アルス】]]が身につけた盾。[[【ロトの鎧(レプリカ)】]]とセットになっている。
パーフェクトブックでは「ブルーメタルの盾」と名前が付いているが、ここでは初出時に合わせる。
[[【カーメン王家】>【カーメン】]]にて鎧と共に王家の儀礼用として秘匿・保管されていたものを、アルスが引き継いだ。
[[【ロトのたて】]]とは形が変わり、流麗なデザインの円形盾になっているのが特徴である。
ロトの鎧(レプリカ)と同様に本物と同じブルーメタル製なので能力は同等である。

//本物のロトのたてと同じく[[【ブルーメタル】]]製なので能力は同等である。
//儀礼用とはいえ、ロトの鎧(レプリカ)と同様に本物と同様[[【ブルーメタル】]]製なのでは能力は同等である、とボルゴイは説明している。
//だが、ロトの盾=勇者の盾だとすればミスリル銀製のオリジナルよりも素材の点で優れているはずなのだが……。
//製造技術や構造、祝福などの点で劣っているのだろうか?
//どの本の記述だよ? 「アイテム物語」では勇者の盾=ミスリル製と表記されてるぞ。
//ロトの紋章パーフェクトガイドブックにブルーメタルの盾、カーメン王家に伝わる、ロトの盾のレプリカ。同じ素材でできており、能力は同等。ってかかれてるからロト紋の勇者の盾はブルーメタル製

//なお、作中で唯一「使用された」盾はセット品のこれだけである。
//嘘を吐くな。 バラモスゾンビ戦までは鉄の盾を使ってたし、敵サイドのジャガンはロトの盾を使っている。
 
儀礼用とはいえ、ロトの鎧(レプリカ)と同様に本物と同様[[【ブルーメタル】]]製なのでは能力は同等である、とボルゴイは説明している。
だが、ロトの盾=勇者の盾だとすればミスリル銀製のオリジナルよりも素材の点で優れているはずなのだが……。
製造技術や構造、祝福などの点で劣っているのだろうか?
 
//嘘を吐くな。 バラモスゾンビ戦までは鉄の盾を使ってたし、敵サイドのジャガンはロトの盾を使っている。 
[[【アリアハン】]]での[[【ジャガン】]]との決闘において、盾は真っ二つに割られてしまい大破したが、アリアハンの職人らの手により修復された。
だが同じく細部変更で修復された鎧とは違い、こちらは元のままの形状。
後の[[【異魔神】]]との最終決戦で[[【イヨ】]]と[[【イズナ】]]が殺された時に斬りかかる際装備を外したため、以後は紛失扱いとなっている。
----