【ローラン4世】 の変更点


 *ロトの紋章 [#k3986261]
 [[【ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章】]]の登場人物。
 [[【ローラン】]]の国王であり、[[【ジャガン】]]こと[[【アラン】>【アラン(ロトの紋章)】]]の父親。
 また、妻[[【フレイア】]]とはいとこの関係にある。
  
 ローランの国王であったが、魔王軍にローラン城が落とされた後、牢屋に幽閉されていた。
 だが、[[【冥王ゴルゴナ】]]に新魔王ジャガンの戴冠のために、闇の城で戦って勝てば、フレイアの脱出を許された。
 フレイアは拒否したが、ロトの血を絶やさぬために戦いを承諾した。
 ローラン城の最強の戦士であり、[[【イオラ】]]や[[【ライデイン】]]、[[【ギラ】]]などの魔法やロトの剣術を操り、実力はかなりのもの。
 最初はジャガンでは歯が立たなかったローラン城の兵士たちと比べても実力は上である。
  
 戦闘時は、ロトの装備で身を纏ったが、ゴルゴナの幻術がかかった仮面を被らされ、自分の息子であるジャガンと気づかずに死闘を繰り広げることになってしまう。
 戦いの最中にジャガンだと気付くが、[[【エビルデイン】]]によって命を奪われている。最後は、息子の顔を見て涙を流しながら倒れた。
 戦いの最中にジャガンだと気付くが、[[【エビルデイン】]]によって致命傷を負わされ、頭部への一撃が決め手となって命を落とす。
 最後は、息子の顔を見て涙を流しながら倒れた。
  
 その後、ジャガンが死の間際で[[【アケロンの河】]]で再会。
 自らの行いに悔いたジャガンの過ちを許し、[[【アルス】]]たちと共に戦うように促している。
 ジャガンが重ねてきた罪を許し、[[【アルス】]]たちと共に戦うように促した。
 ----