【二刀の極意】 の変更点


 *DQ11 [#yf79d1a4]
 [[【カミュ】]]の[[【片手剣スキル】]]によって習得できる、彼専用のパッシブスキル(特殊能力)。
 通常、[[【二刀の心得】]]で二刀流をすると逆手の攻撃力を計算する際にちからが半分に減衰してしまうが、これを習得することで減衰を無くすことができる。
 細かい仕様は二刀の心得と同じなので、特技を使っても通常攻撃1回分のダメージが追加されるだけだが、この逆手の1回分が利き手と同じだけの攻撃力が出せるようになるため、実際に使ってみると絶大な効果を発揮する。
  
 具体的な話をすると「左右に同じ攻撃力の武器を持たせれば、通常攻撃にしろ特技にしろ実質的にダメージ倍率が1倍増える」という効果。
 通常攻撃なら単純に2倍なので、[[【はやぶさの剣・改】]]や[[【はてんの月輪】]]による通常攻撃だけでも雑魚敵を殲滅する十分な破壊力を誇る。
 特技なら[[【心眼一閃】]]だと2.5倍+1倍=3.5倍、[[【デュアルブレイカー】]]に至っては1.8倍+1.8倍+1倍の=4.6倍というトンデモ数値。
 もちろん[[【分身】]]を絡めると非利き手の攻撃も3倍になるため、分身で1ターン消費される分を考慮してもかなりのダメージ追加が望めるため、終盤のカミュの強さを支える要素となっている。
 ちなみに、このスキルの効果は「二刀流時の逆手の攻撃力減衰を無くすだけ」のものであって、これ自体で二刀流ができるようになるわけではない。
 つまり、短剣スキルの二刀の心得を取らずにこれだけ取ってもなんの意味もないので注意。似たようなスキルに[[【グレイグ】]]の[[【におうだちの心得】]]がある。
  
 DQ11最高ダメージはこれを習得し、ちからをドーピングしたブーメラン二刀流のカミュによる[[【バイキルト】]]+[[【ルカニ】]]+[[【あくまの調べ】]]+[[【黒炎陣】]]からの分身デュアルブレイカーによって達成されている。詳細は[[こちら>【ダメージ限界突破】]]を参照。
 DQ11最高ダメージはこれを習得し、ちからをドーピングしたブーメラン二刀流のカミュによる[[【バイキルト】]]+[[【ルカニ】]]+[[【あくまの調べ】]]+[[【黒炎陣】]]からの分身デュアルブレイカーによって達成されている。
 もっとも、これは[[【におうだち】]]を使っている敵に攻撃して、本来なら他の敵に行く分のダメージも1体に集中させたうえで出した数値なので、1体に対しての火力であれば他の技のほうが高い数値を出せる。
 詳細は[[こちら>【ダメージ限界突破】]]を参照。
 ----