【仙人の里】 の変更点

*ロトの紋章 [#n60a48e5]
[[【バハラタ】]]の西にある隠れ里。
[[【バハラタ】]]の西にある隠れ里。「仙人の郷」の表記にもなっている。
精霊ルビスが封印された事で石から戻った導師タオを中心にして人が集まった村。
[[【聖なるオーブ】]]によって生じる結界で守られており、[[【アルス】]]は10歳まで、[[【キラ】>【キラ(ロトの紋章)】]]は13歳までここで過ごした。
村には人間だけではなく、妖精や心優しいモンスターなどが共に生活している。
また、劇場版アニメを見る限りのどかな農村といった風情である。
 
だが、[[【りゅうおう】]]に見つかり、[[【ミニデーモン】]]の[[【ゼブル】]]と[[【トロル】]]が襲撃。
トロルに聖なるオーブを破壊されて結界が解けてしまい、ゼブルが引き連れた[[【リザードフライ】]]が強襲した。
アルスたちの遊び場だったヘディの泉で、アルスは初めて魔王軍と戦うことになる。
その後、聖なるオーブが無くなり危険になったことで、アルスたちは旅立ちを余儀なくされる。
 
劇場版アニメを見る限り、のどかな農村といった風情である。
----