【森深きほこら】 の変更点


 *DQ5 [#j0fd80a5]
 [[【修道院】]]から[[【神の塔】]]に向かう途中にある祠。
 旅の扉があり、ここから[[【ラインハット】]]の城内に入ることができる。
 むしろ、旅の扉のほかには何もない、ただのワープポイントである。
  
 旅の扉は円形の川に囲まれており、ちょっと神秘的な雰囲気。
 リメイク版ではまるで流れるプールのように川の水がゆっくりと流れている。動力は何なんだ…。
 ちなみに円形の川がゆっくり流れる光景は[[【メダル王の城】]]や[[【アルカパ】]]でも楽しむことができる。
  
 [[【ニセたいこう】]]を倒すまでは正面からの進入は不可能なので、ここが実質ラインハットの裏口。
 だが、夜には老人が現れ道をふさいでいるため、昼限定の旅の扉でもある。
 夜はラインハットの正面入口が跳ね橋を上げて通行できなくなっているので、
 城に入れないようにするためだろう。
  
 ただし[[【ラインハットのカギ】]]を手に入れるまでは、昼間も老人に道をふさがれている。
  
 青年時代後半になると、ここの周辺の東端が[[【エリアバグ】]]によってエルヘブン周辺のモンスターが出るようになる。
 青年時代後半になると、ここの周辺の東端が[[【エンカウントエリア】]]によってエルヘブン周辺のモンスターが出るようになる。
 すぐ近くにある神の塔周辺の南端でも[[【デモンズタワー】]]近辺のモンスターが出るようになっており、終盤は生態系がまだら模様である。
 
 ラインハットの旅の扉に、馬車外の3名で入ると、出た先の森深きほこらにしっかり馬車もついてくる。
 逆に、森深きほこらの旅の扉に馬車と一緒に入ると、出た先のラインハットの旅の扉から馬車外の3名だけが出てくる。
 この時の馬車内のメンバー視点で起きてる現象を想像してみるとちょっと興味深い
 ----