【王家の墓】 の変更点


 #contents
 
 *概要 [#c6f7aa09]
 王家が所有する墓。
 現実世界では王族の墳墓は一人の王につき一つ作られることが多いが、ドラクエ世界では王家が代々同じ墓にはいるのが習わしのようだ。
 基本的に[[【ダンジョン】]]として登場する。
 
 *DQ3 [#q0d59d03]
 作中で[[【ピラミッド】]]が[[【イシス】]]の王家の墓と言及されている。
 
 *DQ4 [#ube6e287]
 DQ4に登場するダンジョンの一つ。[[【エンドール】]]の南西の半島にあるほこら。
 エンドールから船に乗って南下すればすぐに見えてくる。
 びっしりと鉄格子がかかったさびれたほこらで、どこの王家の物かも明言されておらず、古い遺跡のような印象のダンジョン。
 [[【公式ガイドブック】]]には「どこの王家の墓なのか、今はもう語られることもない場所」とある。
 外観および1階で流れる曲は[[【不思議のほこら】]]、地下部分は[[【恐怖の洞窟】]]。
  
 ここには、[[【デスパレス】]]でイベントを進めるために絶対に必要となるアイテム[[【へんげのつえ】]]が眠る。
 ここに変化の杖があるという情報は[[【ロザリーヒル】]]のスライムから聞けるため、ロザリーヒルの次に訪れるのが正規ルート。
 また、これを聞き逃したままデスパレスに行ってしまった場合、逃走を図っている商人からも変化の杖の情報を聞き出せるようになっている。
  
 内部には[[【パデキアの洞窟】]]で登場した滑る床が再登場。
 まず地下3階までは滑る床に流されるままに進んでいき、そこから改めて地下1階を目指すという一風変わった順路で進む。
 滑る床に乗ると終点までは降りられないという特徴をしっかり把握しないと、同じ道をやり直しになることもある。
 途中にある[[【旅の扉】]]は罠であるため、入るべからず。
  
 [[【さいごのカギ】>【さいごのかぎ】]]がないと奥まで進入できず、馬車も入れないが、さいごのカギの扉前でも[[【はぐれメタル】]]が出現するため、レベル上げスポットとして活用されることも多いだろう。
 また、地上1階で戦闘した際は馬車にいるキャラにも経験値は加算される(地下階では入らない)。
 物語も中盤の山場に差し掛かる頃に訪れるダンジョンのため、はぐれメタル以外の敵、特に集団で高熱のガスを吐く[[【ドラゴニット】]]や、1~2回行動でベギラマや甘い息を使う[[【ビビンバー】]]など面倒な奴らも多く住み着いている。
  
 船入手直後から来られるため[[【メタル狩り】]]目的で訪れるプレイヤーも少なくないようだが、低レベルのうちは他の敵による攻撃で全滅の憂き目に遭う可能性も高い。
 運よく低レベルではぐれメタルの集団を倒せれば一気に数レベル上がるので、その後の攻略が格段に楽になる。
 短時間クリアはここでいかに素早くはぐれメタルを倒せるかにかかってくる。
 また、[[【しゅくふくのつえ】]]や[[【しあわせのぼうし】]]などのレアアイテムをモンスターが所持しているのでレベル上げついでに[[【トルネコの盗み】]]で狙ってみるのもいいだろう(PS版以外)。
  
 ちなみにこのダンジョン、地上階では町中と同じく[[【毒】]]によるダメージを受けない(ただここで毒攻撃を使ってくる敵はいないが)。
 これはマップチップにお城の床と同じタイルが使用されていることが関係していると思われるが、同じマップチップを使用していてもダメージを受ける場所もあるのではっきりとした理由は謎である。
  
 地下2階には[[【回復の泉】]]があり、最下層ははぐれメタルの出現率が非常に高いので、馬車メンバーとのレベル差を気にしないなら、奥で戦った方が効率が良い。
 最終的には[[【ゴットサイド】]]周辺や[[【架け橋の塔】]]で全員のレベルを上げる事になるが、ここの探索の後に[[【魔神像】]]の探索や強敵[[【エスターク】]]との戦いを控えているため、この時点でスタメンだけある程度強化しておくのも悪くない。
 **リメイク版 [#n9a31c78]
 サントハイム王家が現役で使用している墓地ということになり、[[【サントハイム】]]の紋章が刻まれた綺麗な設備になっている。サントハイム領はもともと世界一の国家であったエンドールよりも広大だったのに、ここもサントハイムの土地となったことで、サントハイムの領地はますます広がったことになる。
 [[【アリーナ】]]の台詞から彼女の母はここに埋葬されているようだ。
 [[【デスパレス】]]で脱走を図っている商人の「エンドール地方の王家の墓」という台詞はFC版から変わっていないため、墓の所在地自体は「エンドール地方」ということになっている模様。飛び地のようなものだろうか。
  
 流れる曲は[[【恐怖の洞窟】]]に統一された。
 また、出現率が下がった代わりに一度に出現するモンスターの数が増えており、結果的に難度が上がっている。
  
 サントハイム王家のこの墓地には前述どおり変化の杖が安置されているが、サントハイムの城には[[【マグマのつえ】]]が宝物庫に収められている。
 リメイク以降の[[とある記述>【魔法の杖をもとめて】]]によると、どうやら歴代のサントハイム王に魔法の杖コレクターがいたらしい。
  
 また、PS版では入ってすぐの部屋が移民の出現スポットになっている。
 モンスターなどの特殊種族の登場率が高いので、[[【ミステリータワー】]]を作る際にはここも覗いてみると良い。
 なお[[【テラノバット】]]はここの固有種なのでモンスター図鑑完成のためには必ず会っておこう。
 *DQ7 [#y6f1fad5]
 [[【砂漠の城】]]の地下に歴代王族の墓がある。
 [[【地底ピラミッド】]]も登場するが、こちらは王族の墓ではない。
 *DQ10 [#d92a879a]
 Ver.2のメインストーリーで訪れることになるグランゼドーラ王家の墓。
 詳しくは[[こちら>DQ10大辞典:【王家の墓】]]を参照。
 ピラミッドも登場し、こちらはアラハギーロ王家の墓。
 ----