【キギロ】 の編集差分ログ

2020-12-26(土) 12:10:322nv7A4QB3gBlgMXmedit
[[【じんめんじゅ】]]系モンスターだが、人間のようなバランスの手足でスーツを着用し、ワイングラスを揺らす紳士のような佇まいである。 袖から覗かせる手足のようなものは根が発達したものであり、じんめんじゅ本来の腕は頭部の側面から生え、普段は服の中に隠している。 [[【じんめんじゅ】]]系モンスターだが、人間のようなバランスの手足でスーツを着用し、ワイングラスを揺らす紳士のような佇まいである。袖から覗かせる手足のようなものは根が発達したものであり、じんめんじゅ本来の腕は頭部の側面から生え、普段は服の中に隠している。   一方で「しぶとくコソコソ生き残る」が身上にしては、[[【アバン】]]一行が[[【魔の森】]]を抜けようとした際に「ハドラーに傷をつけたアバン達を倒せば出世できる」と自ら出張って行く、一行を壊滅まで追い込んだと見るや「負ける要素はない」「ハドラー様を傷つけたという箔だけがついている」「レベルの低い奴」と断じて自分の能力を得意げにひけらかすなど、性格は良くも悪くも俗っぽく軽薄なところも見受けられる。 功利心の強さや傲慢になりやすい所も含めて、ダイ大本編でいう[[【フレイザード】]]や[[【ザボエラ】]]に通じるタイプの敵と言えるだろうか。   一方で「しぶとくコソコソ生き残る」が身上にしては、[[【アバン】]]一行が[[【魔の森】]]を抜けようとした際に「ハドラーに傷をつけたアバン達を倒せば出世できる」と自ら出張って行く、一行を壊滅まで追い込んだと見るや「負ける要素はない」「ハドラー様を傷つけたという箔だけがついている」「レベルの低い奴」と断じて自分の能力を得意げにひけらかすなど迂闊な部分も散見しており、性格は良くも悪くも俗っぽく軽薄なところも見受けられる。 功利心の強さや狡猾さ、傲慢になりやすい所も含めて、ダイ大本編でいう[[【フレイザード】]]や[[【ザボエラ】]]に通じるタイプの敵と言えるだろうか。
2020-12-26(土) 06:27:303vSdNgpRbupxX1edit
[[【ブラス】]]、[[【バルトス】]]、[[【ガンガディア】]]同様、魔王時代の[[【ハドラー】]]の部下である亜人面樹。一人称は「ボク」。 [[【ブラス】]]、[[【バルトス】]]、[[【ガンガディア】]]同様、魔王時代の[[【ハドラー】]]の部下である「亜」人面樹。一人称は「ボク」。 袖から覗かせる手足は根が発達したものであり、本来の腕は頭部の側面から生え、普段は服の中に隠している。 袖から覗かせる手足のようなものは根が発達したものであり、じんめんじゅ本来の腕は頭部の側面から生え、普段は服の中に隠している。 突然変異的に生まれた数百年に一度の珍しい存在で、植物系モンスターの常識を越えた能力を持つ。 頭部の葉は配下のじんめんじゅとの通信機能が備わっており、樹皮は密度を変えることで鋼鉄よりも硬く、柔軟な鞭のようにもなる。さらに、体内で生成される高温の樹液を武器とし、その樹液に魔力を加えれば更に高温にして、弾丸のように発射することまで可能。 その体質故に呪文で燃やす事は不可能という防御力まで持つ。   「しぶとくコソコソ生き残る」が身上らしいが、[[【アバン】]]一行が[[【魔の森】]]を抜けた際は「ハドラーに傷をつけたアバン達を倒せば出世できる」と自ら出張って行くなど、性格は俗っぽい。 突然変異的に生まれた数百年に一度の珍しい存在で、じんめんじゅながら魔王の4幹部に名を連ねるだけあって、植物系モンスターの常識を越えた能力を持つ。 頭部の葉は配下のじんめんじゅとの通信機能が備わっており、樹皮は密度を変えることで鋼鉄よりも硬く、柔軟な鞭のようにもなる。 さらに、体内で生成される高温の樹液を武器とし、その樹液に魔力を加えれば更に高温にして、弾丸のように発射することまで可能。 じんめんじゅと見て軽率に不意打ちを仕掛けた[[【ロカ】]]は隠し腕に迎撃された後、鎧の上から継戦が難しくなるほどの[[【痛恨の一撃】]]を叩き込まれてしまったほど。 加えてその体質故に植物系の魔物の弱点となりやすい火炎呪文は物ともせず、[[【メラゾーマ】]]でさえも燃やす事は...