星図 の変更点

DSPには沢山の恒星が存在する。遠くにあるため実感はできないかもしれないが、ワールド生成時に設定された恒星が銀河には存在し、その恒星を数多の惑星が周回している。これはそんな恒星を中心とする星系の中からからあなたの求めている資源を見つけ出すための星の地図である。
DSPには沢山の恒星が存在する。遠くにあるため実感はできないかもしれないが、ワールド生成時に設定された数の恒星が銀河には存在し、その恒星を数多の惑星が周回している。これはそんな恒星を中心とする星系の中からからあなたの求めている資源を見つけ出すための星の地図である。


**操作方法 [#sdb579c3]
Vで星図を開くことができる。開いた後の視点と現在の視点は一致するため知りたい恒星系に事前に視点を合わせておくとスムーズに情報を見ることができる。

マウスホイールを押し込んだ状態でマウスを動かすと視点移動ができる。マウスホイールのスクロールでズームイン・ズームアウトが可能。

右クリックしながらマウスを左右に振ることで水平面を変更可能。
右上のコンパスをクリックすることでMAPの北と南がロックされ視点移動の際に水平面が傾くことを抑制できる。この状態で更に水平面を変えるとその状態のままロックされる。このロックは画面最上段の &ref(星図/1.png,nolink,40x40); をクリックして非選択状態にすることで解除できる。

クリックすることで天体にフォーカスし、その恒星系や惑星の保有する資源を確認することができる。フォーカス中は惑星の移動を追尾し自転にも追従する。
右上の &ref(星図/2.png,nolink,40x40); をクリックすることで自転への追従を停止させることができる。また &ref(星図/3.png,nolink,40x40); をクリックすることでフォーカスを中止し移動の追尾を停止することができる。

//**見方

//**見方?